Tuesday, April 27, 2010

トマトの味覚

このところ朝晩の冷え込みがぶり返してきていたりと、もうすぐ5月とは思えない気候ですが、昼夜の寒暖差が大きいほどトマトの味がのるそうです。以下cal-farm大西さんに教えていただきました。

温かい昼間にたっぷり光合成をしてあげること。(そのために小さめの葉を多くし下の葉にも光が当たるように整える)
真夏になると昼夜の温度が高くなり水分を多く吸収して水っぽい(うすい)味になります。味がのる前に赤く色づいてしまうのです。(真夏はさっぱりとした味を求めることが多いのでうすい味のトマトも個人的にはおいしそうですが...)

なるほど、今の時期は濃い味のトマトが収穫される良い時期なのですね。というわけで4月28日(水)より季節野菜のキッシュは「シシリアンルージュトマトとバジルのキッシュ」(写真)になります。

ロールケーキに使用しているトマトベリーも昨年の今の時期よりも味がのっていてオススメです。それにしても気候の変化が思わぬ影響を及ぼすことを改めて実感しました。