Sunday, July 24, 2011

balance


HUMMOCK Cafeのフードメニューに使用している野菜のほとんどは、親しくしている農家さんcalfarm-kobeが育てられたものです。電話やメールで収穫状況や育ち具合などのやりとりをしたり、店の休業日の昼間にハウス内や露地野菜を見学させもらったり、「へぇー」って思うことが多く、食事メニュー、時にはケーキに使ったりも。イメージがふくらんでいきます。お客さまと接しおもてなしをする普段の営業中は、状況に合ったことを直感で判断しています。料理を作ったり、オススメを提案したり、ご説明したりしてうまく伝えていき、満足していただければ、と思っています。こういう直感的な行動はほんとに大事だなぁ、と最近つくづく感じたことがあったのです。

ちょうど梅雨の晴れ間の週末の昼時でした。いつものようにランチのセットにつける野菜サラダの用意をして、ほかにもいろいろしながら・・・、でオーダーが通れば作り・・・、以下ご想像通りです。でも頭の中には半分、いやもっとかもですが、打ち合わせ中の秋にHUMMOCK Cafeで催すライヴに関するもろもろがあって、ちょっとぼんやりしていたように思います。そんな中身の私がお客さまのテーブルに「失礼します。」と空になったお皿をさげに近づくと、「このサラダ美味しかったです。特にジャガイモが!」と声をかけて下さった女性がいらっしゃいました。一瞬にして初心に返らしてくれた一言でした。その後その女性と「野菜っていいですよね。」と、少しことばを交わし、それはcalfarm-kobe産のジャガイモ・キタアカリであることをお伝えしました。ご来店は初めてだそうですが、興味をもってしっかり目を見て話を聴いて下さる方でした。

でも、
ライヴもとっても大事に思っています。音楽はHUMMOCK Cafeにとっても自分たちにとっても必要不可欠だと感じます。ただ普段の営業の直感での思考回路とは別の思考が必要だったりするので、日々勉強です。まだライヴ会場としての経験が浅いからだと思いますが、企画された関係者様に会場として選んでいただいたり、形のない生の演奏に対して料金を払って来て下さるお客様、そしてもちろんアーティストに対して「よかった!」と思ってもらえるように準備を数ヶ月前からしています。
食・音楽・空間・人、、、このバランスがとても大事。