Friday, July 1, 2011

original coffee beans coaster



ハンモックカフェにはコースターがありませんでした。
なかなかお気に入りが見つからず、下手でもモノ作りが好きなので自分で作ろうと木材探しから始めたのが2年前、僕が木製コースターに求める要素は、グラスの水滴が程よく染み込むも速乾性があり反らない、そして耐久性があり硬質で木目が細かい、など条件を満たしたものが南洋材“セランガン バツ“でした。それから2年の耐久テスト?(ただ作るのに重い腰が上がらなかっただけ)を行い材質をチェックしました。水をサーヴするデキャンタの下に引き毎日頻繁に使用。変形せず割れずにいい味が出てきました(画像上右参照)。この木材の用途にも興味があり、公園のベンチなどに多いですが船の桟橋や沿岸部、橋の材料など海で使用されていることも多い木材なので興味をひきました。もとの色目も濃く、コーヒー豆(ミディアムロースト)の色に似ていたことからコーヒー豆をイメージして製作。真ん中の溝はコースターによくある”グラスに引っ付いてくること”を防止するため空気抜きとしても。時間あるときに少しずつ作り始めました。不格好なため現在販売はしておりませんが(いつかするかも?)、アイスドリンクご提供の時に使用していますので、ちょっとだけでも注目していただけると嬉しいです。