Sunday, September 4, 2011

Quiet Corner


皆さん台風は大丈夫でしょうか...
3日(土)まだまだ雨が止まないですね...
ハンモックカフェは、お客様の安全と、もしもの時を考え休業しました。
ご理解お願いします。ご来店いただいた方ごめんなさい。
このブログを見て問い合わせをいただいたお客様ありがとうございました。

明日は台風が通過しそうなので4日(日)からは通常営業いたします!

そして、最近は音楽のことばかり書いていますが好きなんです...
またちょっとご紹介させてくださいね。
(しっかり、コーヒーや料理も用意していますよ。)

いよいよ来週日曜日に迫ってきた藤本一馬さんのライヴ。
まだお席にゆとりがあります。
予約がオススメですが当日席も用意しますので、
お時間ありましたらご来場心よりお待ちしております。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
9月11日(日)藤本一馬ライヴ@ハンモックカフェ

山本勇樹さん監修
HMVの季刊フリーペーパー「Quiet Corner」は藤本一馬さんが表紙です。
『吹き抜ける乾いた風』
『藤本一馬から広がる音楽の波紋』
その中で吉本宏さんによる素敵な美文を引用させていただきます。

*************************

人々はその昔から、歓びを表わすために生き生きと音楽を奏で、
哀しみを癒すために静かに歌を歌った。

藤本一馬が、ネイティヴ・アメリカンの“太陽に祈りを捧げる儀式”
である「サン・ダンス」にインスパイアされて生まれた楽曲は、
ざわめく心の喧騒を鎮め、平穏を呼びもどし、音楽による“魂の交歓”
を体感させてくれる。

それは偉大なる自然への讃歌であり、心の躍動への前奏曲であり、
亡骸への鎮魂歌でもある。

彼の音楽からは広大な大地や風を感じ、その自由な旋律に包まれていると、
人は大自然の中にただ生かされているのだということに気づかされる。

人々が立ち止まって、自分と向き合うことを考え始めたいま、
彼の音楽がひとりでも多くの人のもとに届けられることを祈っている。

吉本宏(bar buenos aires / 音楽文筆家)


*************************

藤本一馬さんは下記サイトでもご紹介されています。
マガジンハウスweb dacapo 目を閉じて聴くと海や空が広がる。

Quiet Corner 心に、静かに漂う、音楽たち。

HMV 対談 Ripple of music~藤本一馬さんを迎えて~

bar buenos aires

9月は各地域でとても魅力的な音楽イヴェントが開催されていますね。
来週末は秋晴れの空を期待しています!

前回アップした映像と違う『SAN DANCE』の後半部分のリアルなライヴ感。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓