Sunday, November 27, 2011

Aioi oyster


晩秋から冬へと移り変わりを実感する味覚の一つ、瀬戸内海産牡蠣のご紹介です。HUMMOCK Cafeが毎年お世話になっている相生市(あいおいし)の岩本水産さんを先日朝に訪ねました。殻から身をはずす方々(シャッカー)の熟練した手さばきにしばし見入ってしまいました。営むご夫婦に今年もお世話になる挨拶をして新鮮な牡蠣を手に帰路につきました。

そんな手仕事の海の産物をより多くの方に、と思いディナーメニューはもちろんランチタイムにも牡蠣を用いたメニューをご用意いたします(冬季限定)。


●相生産牡蠣とショートフェットチーネのクリームシチュー&自然醗酵種の自家製パン(ハーブ入り)、サラダ、カフェアメリカーノ付 900円(オーダー12~15時)2月上旬で終了しました。

●相生産牡蠣と有機根菜のベシャメルソースグラタン(オーダー18~21時)プリフィクスコースAの主菜として。

このブログでご紹介しきれてませんが、自家製パンも秋から徐々に店で果物を自然醗酵させて酵母液種を作り、従来のセミドライイースト醗酵から作り方を変えてきています。そして朝晩の冷え込みの深まりとともに滋味深い品種の野菜が契約農家さんから収穫されています。またぜひパンと野菜のことも詳しくお伝えしたいので、あらためて記したいと思っています(それにしても月日の流れが早いですね!)。