Saturday, November 26, 2011

Doce Uvas de Mendoza


●アナリア・ガルセッティ / Doce Uvas  2.100円 (在庫×)

冬支度に入るこの季節には、洗練されすぎずアルゼンチンらしい厚みのあるヴォーカルとリズムが、部屋の温度をじんわりとあたためてくれる。アルゼンチンワインの生産地メンドーサ出身の作詞/作曲家アナリア・ガルセッティ。アンデス山脈近くの冷涼地に、たわわに実った12粒のブドウに例えられた楽曲たちはミディアムボディのワインをのむような ふくよかな歌声をのせて悠々と丘陵をこえてゆく。
カルロス・アギーレがピアノ参加し、フォルクローレ偉大な作曲家クチ・レギサモンへ捧げた#10『Al Cuchi en tonada』は、先人への敬愛の心を感じる美しい曲。#5『Zamba de almas perdidas』には、数々のアーティストにカヴァーされるメロディーメイカー、ホルヘ・ファンデルモーレがゲストヴォーカル参加。ヴィンテージ・ワインのように気構えて味わう(聴く)のではなく、ヌーボー・ワインのように気軽に味わってほしいアルバムです。

下記HPにて#1『Amor Cuyano』が聴けます。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
http://www.analiagarcetti.com.ar