Friday, November 16, 2012

Coffee roasting machine


先日の出来事。
いつものようにコーヒー豆の焙煎をしてると
突然焙煎機が止まってしまった...
ちょうどドラムから豆を出したところだっのでよかったのですが
スイッチを入れても動かない。

駆動系だと思いメーカーに連絡を入れてモーターを送ってもらい
閉店後に解体して組み付けようと試みたのですが、
規格が合わず、しかもメタルベアリングやギアも交換しなければならず、
その翌日持ち込みで修理してもらうために
急遽、大阪泉北郡にある富士珈機の工場へ行ってきました。

富士珈機といえばコーヒー好きな方にはおなじみの
老舗焙煎機メーカーであり、
当店でも使用している小型コーヒーミル”みるっこDX”の製造元です。
初めて訪れたのですが、当店の焙煎機もここで
既存のモデルをオリジナルに改造してもらった場所であり
里帰りした焙煎機にちょっと興奮してしまいました(笑)

肝心の修理ですがメーカーにも部品がなく預けて帰ることに。
修理のついでに今まで焙煎をしてきた中で
気になった個所の改造もお願いしてきました。

2日後、無事に完了し思っていた通りに改造もされてきたので
ガス圧、投入温度、焙煎時間など繰り返し試運転の焙煎をして整えました。
今までより安定した焙煎ができるようになり、
より個性のあるコーヒー豆に仕上がると思います。
毎日焙煎しているので手元になかった数日間が少しさみしく
焙煎ができる喜びに感謝します。
まだまだこれからも追及していきます。

富士珈機の看板が誇らしげです。
工場内、最終チェックされている綺麗に整列した”みるっこDX”たち。

こちらも試運転して新オーナーの元へ旅立つ焙煎機。作業中失礼しました。