Sunday, March 17, 2013

bar buenos aires label


美しい音楽を文章で伝えることは難しい。
言葉を連ねれば連ねるほどその音楽の本質から遠くなるような気がします。
毎回こうして音楽を紹介し店頭販売や通販をしていますが、
誇張しすぎず正確に伝わるように説明するにはとても悩みます。
最近はあまり抽象的になりすぎないように、できれば実体験も交えて
その作品の側面から書いたりもしています。
見えない部分にも、もちろんスポットを当ててみたり。
そして、アーティストのことを考えて
勝手ながら「こうしたら喜んでもらえるかな」とか
作品の世界観に思いを馳せて毎回写真撮影もしています。

このブログを読んでくださっている方にはおなじみのbar buenos airesが
レーベルとなり、第1弾として理想的な1枚が本日発売されました。
とにかく美しい作品です。
ジャンルや国の先入観から解放されて、ただその美しさに耳をゆだねる。
だれがどうでとか難しいことは抜きにして
より多くの方の元へ届いてほしいと切に願います。
試聴しなくても間違いありません。

●Roberto Taufic & Eduardo Taufic Duo / Bate rebate  2.400円(在庫✕)
ホベルト・タウフィッキ&エドゥアルド・タウフィッキ・デュオ『ピアノとギターの響き』

このアルバムのオリジナル盤はハンモックカフェで約1年前に紹介していました。
以来、密かにロングセラーを続けている隠れ名盤ですが、
オリジナル盤は、現在は入手困難なアルバムだけに嬉しい日本盤化です。
この日本盤の大きな変化はbar buenos airesの真骨頂ともいえる選曲の妙
にあります。装い新たなジャケットでオリジナルから曲順が変わったのですが、
曲順が変わるだけでクラシカルでフェミニンな印象。
異なるアルバムを聴いているようで、
”上品な大人の贈り物”としても喜ばれるような作品です。
きっと素敵な人から花束をもらった気分になるはず。




bar buenos airesメンバーの1人である山本勇樹さんによるコラム。
アルバム内容紹介やアーティストインタヴューはこちらをご覧くださいませ。
↓↓↓↓

Another Quiet Corner Vol.19
3月17日bbaレーベル誕生。第一弾はタウフィッキ・デュオ。



オリジナル盤ジャケットをイメージして閉店後の撮影メイキング。