Thursday, November 7, 2013

Love vegetables 2013

今回の日記は、季節野菜としてメニューに使用している野菜についてです。

 姫路で自然栽培 循環農法での野菜作り手『八方美菜』島袋さんの畑へ午前中に伺いました。〝循環農法″は、元の土地で育っている草や菌、種子などを自然に戻し土を活性させ、農薬を一切使用しない栽培法で、昨年の11月より『八方美菜』島袋さんの野菜をHUMMOCK Cafeで使用させていただいています。
過去の日記でもご紹介→




 今回はカブ、小松菜、水菜、ルッコラ、オクラ、葉付きミニ大根、葉付きミニ人参など。どれも手触りからして、しっかりと主張している生命を感じます。

以下、八方美菜の島袋さんからの言葉を転記させていただきます。


+++++++++++++++++++++

【八方美菜のこだわり】

自然の「呼吸」を肌で感じて、人がそのリズムに合わせて野菜を育てる事を大切にしています。

自然の心地いいリズムが人に届くように、自然のあるがままを美味しく食べてもらう。そうした「畑と人とのつながり」が、また美味しい野菜を育んでいくと信じています。

人と同じくにも野菜が健康に育つには、気持ちの良い環境が必要です。

化学肥料や農薬などの土への合成調味料は、自然の完璧なバランスを崩し、呼吸を乱すので使いません。人の都合に野菜を合わせるのではなく、人が野菜の都合に合わせて旬な野菜を育てる。

そんな野菜と土と人との楽しく、気持ちがよい「つながり」を広げていくことが八方美菜の役目だと思っています。

島袋隆史

+++++++++++++++++++++