Monday, July 29, 2013

HUMMOCK SUMMER CAMPAIGN 2013



ハンモック・サマー・キャンペーン2013
【2013年8月1日(木)12:00~8月18日(日)22:00】


お取扱い商品(下記リンク先をご覧くださいませ)
CD
book
オリジナル制作Tシャツ
コーヒーカップ&ソーサー
フルーツシール・ハンカチ
自家製ドゥルセ・デ・レチェ(ミルクジャム)
コーヒー豆、コーヒー器具

期間中、店頭/通販ともにお買い上げのお客さまに、
もれなく「buen díaマグネットシート」をプレゼント!
また通販の場合は、期間中3,000円以上送料無料!
この機会にHUMMOCK Cafeならではの取り揃え商品を
お好みでセレクトもしくは組み合わせもどうぞ。
皆さまのご参加お待ちしております!


《CDのタイトルについて》
*上記CD一覧の写真は現在、在庫のある商品です(残りわずかも含みます)。
*期間中、随時在庫の更新してまいります。
*以前ご案内した商品もありますので、試聴など詳しくはコチラをご覧くださいませ。
*写真の中には店頭のみでご紹介している商品もありますが、
通販にてご希望の際は メールにてお名前を明記の上、
ご不明な点をお問い合わせくださいませ。


《通販方法》
*************************************************

・ご希望商品の名前
・お名前
・ご住所
・お電話番号

ご記入の上、件名を「通販希望」と明記、
下記メールアドレスへ送信お願いいたします。
hummockcafe0525@yahoo.co.jp

*************************************************

お客様のご注文メール受信後24時間以内に
商品在庫状況や発送方法、振込先を記載した内容のメールを返信いたします。
もし返信がない場合は、メールの不具合により
こちらへ届いていない場合がありますので
お手数かけますがお電話にてご連絡お願い申し上げます。
TEL 079-254-1400(定休日を除く12:00~22:00)

※サマーキャンペーン中の発送方法は、
 商品の個数・サイズに準じた当店指定の配送になります。


Octopus from Boze

 
朝市で仕入れる家島諸島 坊勢沖で獲れた活きタコを使った、
夏季限定の新メニューのご紹介です!
先日の日記でもご案内した夏野菜と合わせ、さっぱりとした酸味とほのかなハーブをきかせた夏オススメの一品です。ハンモックカフェから眺める瀬戸内海沖のタコ料理をぜひどうぞ!白ワインやドラフトビールとも合いそうですね。もちろんソフトドリンクや自家製パン(ヤギミルクのフロマージュブラン付)とも!

* 坊勢産タコと夏野菜のバルサミコ風味 750yen
(7/29(月)~夏季限定:ランチタイムからディナーまでオーダー承ります)


そして、ジャーン!! 


活き絞めしたタコを厨房で塩を使って、汚れやぬめりを入念にもみ洗いし下処理をします。当店のタコ料理は他にも、季節野菜タルタとのタコパテ&自家製パン、タコのレモンジンジャーパスタ、ディナーコース主菜としてソパ・デ・マリスコス(シーフードのスープ仕立て)も通年ご用意しています。

Friday, July 26, 2013

vitamin vegitables

 契約農家さんからの夏野菜をつかった”季節のサラダ”では、新鮮なまま揚げたり自家製ピクルスにしてただいまご提供しています。 夏野菜はオリーヴオイルとの相性の良い緑黄色野菜が多く元気をいただけそうです。
 神戸西区のCalfarm-Kobe ロッサビアンコという品種のなす。加熱すると口の中でとろけるような旨みが広がります。
 先日の定休日にCalfarm-Kobe 畑に行きました。たくさんの品種のトマトも育ててらっしゃいますが、めずらしい西洋ナスのロッサビアンコも美味しそうに実っています。

このほかにも成長中の野菜も見学させていただきました。 畑に行くと新メニューがいつも浮かびます。またのお楽しみに!

Wednesday, July 24, 2013

NEW COFFEE BEANS


本日より、スペシャルティコーヒー新豆、販売開始いたします!


/////////////////////////////////////////////////

■エルサルバドル・サンタリタ農園・ナチュラル(ブルボン種)中煎り
1杯 400円 / 豆100g 450円

完熟バナナ、チェリー、ナッツ、シトラス系のニュアンス。
果肉を付けたまま乾燥後に脱穀するナチュラル精製。
中米らしい軽やかで明るいコーヒーです。

/////////////////////////////////////////////////

■ケニア・ニエリ・カロゴト農協(SL28 & SL34種)中深煎り
1杯 400円 / 豆100g 450円

グレープフルーツ、アップル、ナッツにチョコレートのニュアンス。
フルーティなのにどっしり系。ケニアらしさが味わえます。
※SL種はスコットラボラトリーの略

/////////////////////////////////////////////////

■コロンビア・ウイラ・サンアグスティン(ティピカ種)中深煎り
1杯 400円 / 豆100g 450円

ダークチョコレート、クルミ、オレンジのニュアンスがあり、
しっかり甘いアフターテイスト。ビジャ・ファティマ地区で収穫された
アンデス山脈や大地も感じるアロマティックなコーヒー。

/////////////////////////////////////////////////


>コーヒー豆通販はこちら<


※現行のコロンビア豆が品種ティピカは同じく上記豆に変更になります。

※タイ王国・カチモール種が、在庫限り終売となります。
また時期をみて再入荷予定です。

※コーヒー豆はすべて原価が異なりますが、
ハンモックカフェでは、好みの味でお選びいただき、お愉しみいただければと思い、
特殊な豆以外は、均一料金の設定にしています。

Macaxeira Fields


待望の初来日を果たすアントニオ・ロウレイロ(ここではdrs)も4曲参加した、
ミナスの音楽家アレシャンドリ・アンドレス(vo,gt,fl)の2ndアルバム。
シンフォニックな映画音楽を聴いているようでもあり、
空を飛んでいるような浮遊感が漂ったり、
もし、ポール・マッカートニーが南米を旅したら...なんてことも想像してしまう
ポップでありながら壮大で美しい音楽。
アレシャンドリの柔らかなヴォーカルに若き青年の純朴さを感じ、
どこかほっと安らぎももたらしてくれるようです。
このアルバムの音楽監督とピアノ参加したアンドレ・メマーリとの
出会いや、賛辞もとても興味深く、音楽がもたらす惹き合わせを感じます。

■Alexandre Andrés / Macaxeira Fields  2.415円 (在庫✕)

また、作品のイメージとぴったりな日本盤オンリーのジャケットは
イラストレーター山口洋佑さんによるもの。
藤本一馬さんの2nd『Dialogues』中島ノブユキさんのフリーペーペー
の表紙なども手掛けていて、こういう繋がりにも嬉しく感じます。


Sunday, July 21, 2013

Coffee roasting



コーヒーの新豆が数種類到着し、焙煎調整中です。
ここ数日間は焙煎機の分解と改造も繰り返し、
小さいながらもまだまだ出来ることはあるので
データを取りつつ微調整。
24日(水)からはじめる予定です。
詳細は追ってブログにアップします。

今日はこれから選挙へ
帰ってきてから通常通り12:00オープン。
本日もご来店お待ちしています!


■COFFEE WORKSHOPアイスコーヒー編
詳細はこちら
まだご予約受付中です!

Friday, July 19, 2013

9.25.wed. Kazuma Fujimoto & Shikou Ito Duo Live Tour 2013

ギターとピアノの対話。
それは、言葉の垣根を越えて呼応する音楽の奇跡。
心が通じ合う音楽家同士でなくては成し得ない
念願の二人によるライヴが決定!

//////////////////////////////////////////////////////////////////

■Kazuma Fujimoto & Shikou Ito Duo Live Tour 2013

・日時: 2013年 9月 25日(水)

・出演: 藤本一馬(guitar) , 伊藤志宏(piano)

・開場: 19:00 / 開演: 20:00

・料金: 前売 3,500円 / 当日4,000円
  (先着順自由席 、共に1ドリンク別途)

・会場: ハンモックカフェ店内+バルコニー(雨天の場合店内のみ)

//////////////////////////////////////////////////////////////////

■藤本一馬 (ふじもとかずま) PROFILE
http://kazumafujimoto.com/

ギタリスト、作曲家、サウンドクリエイター。1979年7月生まれ、兵庫県出身。フォーク、ブルースギタリスト&シンガーソングライターの父親の影響でギターを弾き始める。その後ピアニストだった叔父の影響でジャズに傾倒する。1998年ヴォーカルのナガシマトモコとorange pekoeを結成。ジャズ、ラテン、ブラジル、ソウルなど、様々な音楽を確固たるオリジナリティで昇華した自作自演のスタイルで、デビューと共に各方面から高い評価を得る。現在までに6枚のオリジナルアルバムを発表。アジア各国や北米でのCDリリース、ライブなど、海外へも活動の幅を広げ、日本のオーガニックミュージックシーンを常にリードする存在として注目を集めている。2010年より並行して、ギタリストとしてのソロ活動を開始。日々の生活や自然からのインスピレーションをもとにした独創的なオリジナル曲と、ジャズ、ワールドミュージックのエッセンスを滲ませつつ、オープンチューニングなども使用した型破りな演奏でCDリリース前から話題に。2011年に1stソロアルバム『SUN DANCE』(BounDEE)を発表。ネイティブアメリカンの儀式にインスパイアされた自然賛歌であり、25分超に渡って躍動感を表現した表題曲や、その一方で叙情的でメロウな楽曲も収録された、ソロワーク、そのスタートを切る決定的作品。2012年には2ndソロアルバム『Dialogues』(NRT<quiet border>)を発表。現代アルゼンチン音楽の最高峰アーティスト"カルロス・アギーレ(pf, vo)"、ブラジル・ミナスより、<クワイエット>ムーヴメントの発火点となったデュオ"ヘナート・モタ&パトリシア・ロバート(vo)"、現代タンゴの先鋭グループから、ジャズ、クラシックまで様々な作品で活躍するバンドネオン奏者”北村聡”等を迎えて、よりシンプルなメロディと対話(dialogue)を重ねることで辿りついた、美しき作品集。

※『Dialogues』CD紹介と試聴はこちら


■伊藤 志宏 (いとう しこう) PROFILE
http://www.shikoupf.com/

ピアニスト、 ボタンアコーディオニスト 、作曲家 、 アレンジャー 、プロデューサー。1977年8月28日生まれ東京出身。 5歳の頃より祖父の岸川基彦にクラッシックピアノを師事する。14歳のとき東京交響楽団とベートーベンピアノコンチェルト三番を共演好評 を博す。慶応義塾経済学部入学後セロニアスモンクのソロピアノのCDを聞いて「ジャズもいいかも」 と思い独学で始め音楽理論も同時に一人で学ぶ。23歳くらいからいつの間にかライブを始めるようになりプロ活動を開始、特に ドラム、ベースのいない変則形態における演奏には定評がある。 現在、「audace」、「shima&shikouDUO」、自己の「piano trio」、ソロピアノ、など、 多様な編成での独自の活動を模索中。 また、 数々の歌手から 伴奏者、アレンジャーとして信頼を寄せられる、一青窈のライブサポートやUAのアルバム「SUN」に参加、畠山みゆきのライブサポートなど。トランペット奏者、島祐介とのデュオでは、毎回ライブごとにゲストボーカルを呼び、上質なライブをし、各界から反響を呼ぶ。2007年7月には 国内最大の音楽フェスティバル、FUJI ROCKFESTIVALにインストのduoとしては史上初の出演を果たし、好評を得る。 2012年10月、自身の初リーダー、プロデュース作品『Ladies & Pianoman』を発表、ウイリアムス浩子、畠山美由紀、青木カレン、一青窈、たなかりかなど10人のボーカルを集め、ジャズスタンダードを独自の解釈で表現。2013年1月、自身初となるピアノソロ・アルバム『ヴィジオネール』発売。

※ハンモックカフェで今年3月に行った伊藤志宏ピアノソロ・コンサート・レポートはこちら

//////////////////////////////////////////////////////////////////

<ご予約・問合せ>

メールhummockcafe0525@yahoo.co.jp(24hs受付)
電話 079-254-1400(12:00~22:00/毎火曜・第1月曜定休日除く)

予約方法
  ↓
●お電話・メール・店頭にて受付
 ↓
●公演名・お名前・人数・ご連絡先電話番号の
  以上4点をお伝えくださいませ。
  (未就学児童の入場は事前にご相談下さいませ)
  ↓
●メール予約の方は送信後24時間以内に返信いたします。
 ↓
予約完了


※本公演ではライヴ当日ご来店の順番に好きな席をお選びいただけます。
※当日受付での会計となります。

///////////////////////////////////////////////////////


企画制作:fish for music



Tuesday, July 16, 2013

Repainting


視覚的にも涼しくなるかなと、入口の床を爽やかな色に衣替え。
水曜日より新しい床でお待ちしております。


Friday, July 12, 2013

Licuado de Zapallo italiano y Menta


暑中お見舞い申し上げます。
夏バテで食欲がなくなったり...なんて時もありますね。
循環農法で野菜作りに励む姫路・八方美菜の野菜を使った
爽やかジュースを始めました!

たわわに実ったズッキーニの果皮を剥き、
ミントと一緒にブレンダ―にかけ、フレッシュな果肉感がのど越し良く味わえます。
ハチミツの甘みとスポーツドリンクのように
ナトリウム(食塩)を少し加えていますので、
からだのバランスや気分もリフレッシュされるといいですね。
まるで梨ジュースを飲んでいるようなフルーツテイスト!

●ズッキーニとミントのリクアド  500円


※リクアド(Licuado)はアルゼンチンでミックスジュースの意味。


Thursday, July 11, 2013

ANTONIO LOUREIRO Japan Tour 2013 in Himeji


ハンモックカフェにて開催するライヴは年間通して約7回ほどと感じています。毎回独自の観点で熟慮の上、準備期間を取って当日に臨み、その日限りの感動をお届けしてまいります。

アントニオ・ロウレイロは、2ndアルバム『Só』を聴いて以来(当店でも推薦お取扱い中)その才能に驚き、最初にライヴが決定していた富山のフェスティバルへ観に行こうかと考えていたほどです。ちょうどその日は週末のため断念していましたが、西日本でも公演が行われるという企画の話が持ち上がり、打ち合わせを重ね、遂に当店で姫路公演として実現できる運びとなりました。アントニオ・ロウレイロの生演奏をぜひ体感したいという情報の早い方々から、すでに問い合わせもいただいており、彼の初来日に対する期待感の高まりも実感しています。晩夏の姫路ハンモックカフェ公演ではソロピアノと弾き語りになり親密な演奏になることでしょう。人間と自然、文明と野生を往来するミナスで育まれた才能が開花した、天才音楽家の初来日公演、お見逃しなく!

ANTONIO LOUREIRO Japan Tour 2013 公式ページ
富山ー東京ー熊本ー姫路

///////////////////////////////////////////////////////

野生とインテリジェンスの不可思議な同居。
<ソング>と<インストゥルメンタル>のあいだに広がる、都市の音楽。
ブラジル最注目のシンガーソングライター、
アントニオ・ロウレイロの初来日ツアーが決定。

///////////////////////////////////////////////////////

■ANTONIO LOUREIRO Japan Tour 2013 姫路公演

・日時:2013年 8月 31日(土)

・出演:アントニオ・ロウレイロ(piano,vocal) from Brasil

・開場:18:00

・開演:19:00

・料金:前売 3,800円 / 当日4,300円(先着順自由席/共に1ドリンク付)

・会場:ハンモックカフェ店内+バルコニー(雨天の場合店内のみ)

///////////////////////////////////////////////////////

【プロフィール】
Antonio Loureiro アントニオ・ロウレイロ

ブラジル・サンパウロ生まれ、現在27才。ミナス・ジェライス連邦大学にて作曲と鍵盤打楽器を学ぶ。2000年よりプロとしてのキャリアを開始、トニーニョ・オルタ、ヘナート・モタ&パトリシア・ロバートをはじめとした多数の作品やライブに参加、キャリアを重ねる。グループ「A Outra Cidade」「Ramo」のメンバーを経て、2010年に初のソロ・アルバム『Antonio Loureiro』を発表。この作品が日本でもミュージックマガジン誌「ベストアルバム2010」にて高橋健太郎氏(音楽評論家)に1位選出されるなど、話題となる。2012年に2ndアルバム『ソー』(NRT/quiet border)を発表、<ソング>と<インストゥルメンタル>の境界を揺さぶるサウンドへとさらに進化を遂げ、ジェイムス・ブレイクやコーネリアスなどとも比較される最先端の音楽家として脱ジャンル的に注目される存在に。隣国アルゼンチンでの活動やアカ・セカ・トリオ、ディエゴ・スキッシといった主要アーテイストとの共演も活発化させており、ミナス=サンパウロ=アルゼンチンを核とした南米の器楽系ルネッサンスにおける中核的存在ともなりつつある。2013年秋にはUSツアーも予定している。現代ブラジルでその将来をもっとも嘱望されるマルチ奏者、作曲家、シンガーソングライターである。

///////////////////////////////////////////////////////

dacapo web magazine
↓↓↓↓↓↓↓↓
底知れぬブラジルの音楽シーンを象徴する、若き才能の驚くべきCD。
アントニオ・ロウレイロ1枚目を凌ぐ『ソー』誕生。

///////////////////////////////////////////////////////


<ご予約・問合せ>*ただいま受付中

メールhummockcafe0525@yahoo.co.jp(24hs受付)
電話 079-254-1400(12:00~22:00/毎火曜・第1月曜定休日除く)

予約方法
  ↓
●お電話・メール・店頭にて受付
 ↓
●公演名・お名前・人数・ご連絡先電話番号の
  以上4点をお伝えくださいませ。
  (未就学児童の入場は事前にご相談下さいませ)
  ↓
●メール予約の方は送信後24時間以内に返信いたします。
 ↓
予約完了


※本公演ではライヴ当日ご来店の順番に好きな席をお選びいただけます。
※当日受付での会計となります。

///////////////////////////////////////////////////////

招聘元:NRT



アルバムタイトル曲「Só」のほぼソロピアノ演奏、1分30秒からグッときます!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓





COFFEE WAVE


今年5月から、朝来市和田山町のtetragona..さんにて
ハンモックカフェのコーヒー豆を販売していただいております。
有り難いことに今日も出荷させていただきました。

カフェを併設し、全国の作家さんの器や作品に注力したライフ・デザイン・アトリエ。
和田山近郊にお住まいの方、tetragona..さんへどうぞ!

************************************************

コーヒーの新豆が近々入荷します!お楽しみに。

************************************************

7月下旬開催の HUMMOCK COFFEE WORKSHOP はご予約受付中です。

************************************************

7月より、毎週水曜日のみ昼間は食材の仕込・料理研究のため
食事メニューは18:00~になりました。
(コーヒーやケーキなどは通常通り12:00~)
何卒ご理解下さいますよう よろしくお願いいたします。



Tuesday, July 9, 2013

Hiroya Tsukamoto "Tanabata"Live Report


7月7日Hiroya Tsukamoto Live
お越し下さった皆さまありがとうございました。

小暑の湿度。
夕暮れの白南風。
蜜蝋キャンドルの灯火。
蚊取り線香に夏の香りを感じ
七夕の夜空に広がる星のように
スティール弦の響きが美しく輝いた一夜。

「『Solo』に収録されてる”Salvador”好きなんですよ」と
僕が話すと「この曲地味でしょ」と塚本浩哉さん。
自身の音楽を謙遜し、純朴な表情をのぞかせるところにも彼の魅力がある。
本番では”Salvador”をサプライズで演奏してくれるさりげない優しさ。
この曲はチリの映画からインスピレイションを受け、
架空のサウンドトラックとして作曲されたそうで聴けば聴くほど深い。
2部構成のステージではブライトネスなアルペジオや起伏のついた展開、
自然に発せられるスキャットも交えた演奏に
アルゼンチンやミナスにも通じるものを感じた。
原点に戻り作詞も積極的で、インストの新曲にはアンデスの山々を想像し、
日本から北米へ、そして南米を旅をしている気持ちにもなった。
ギターのチューニングや作曲を独自の観点で追及している塚本浩哉さん。
今後の活動にも注目し続けたいと思います。



ハンモックカフェとしても初開催したトークショー。少し楽屋トークのようになってしまい反省もありましたが、皆さん真剣に聞いて下さりありがとうございました。
浴衣での料理の盛り付け、いそいそと。
ワンプレート料理!☆夏野菜のちらし寿司 ☆冷製牛しゃぶ柚子こしょう味 ☆トマト&ツナの小さなエンパナーダ、ベビーリーフサラダ
終演後、今回のライヴにご協力して下さった皆さんと塚本浩哉さんを中心に記念撮影。
岡山の黒坂さん、松口ご夫婦、蜜蝋キャンドルを灯してくださった”森のあかり”のお2人、野菜作り手/姫路”八方美菜”の島袋さん、ありがとうございました!





Saturday, July 6, 2013

Tomorrow "Tanabata Live" information

いよいよ明日!

Hiroya Tsukamoto Live 満席となりました。

ご予約いただいた皆さまありがとうございます!
明日お待ちしております。
お気をつけてお越しくださいませ。

開場 18:30
開演 19:00(Live start 19:30~)

※ご来店の順番にお好きな席を選んでいいただけます。
※駐車場が満車になった場合は誘導しますのでお声かけくださいませ。

Friday, July 5, 2013

COFFEE WORKSHOP vol.5 & 6 "ICED COFFEE"


<HUMMOCK COFFEE WORKSHOP vol.5 & 6>
~アイスコーヒーを作ろう編~

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
ハンモックカフェでご提供しているアイスコーヒーの作り方と、
いくつかのヴァリエイションの抽出方法やコツを教えます。
その後、実践いただき、作ったアイスコーヒーをお持ち帰り頂きます。
もちろん今回もコーヒー豆200gお土産付き!
今夏は、ご自宅で美味しいアイスコーヒーを愉しみましょう!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◆日時   2013年7月27日(土) or    2013年7月31日(水)

◆時間   両日 20:00~21:30(共に同内容)

◆場所   ハンモックカフェ店内

◆教える人 中村信彦(HUMMOCKCafe)

◆参加費  1人 / 2.000円(コーヒー豆200gおみやげ付)

◆参加定員 各回8名

◆参加対象 どなたでもご参加いただけます。

◆持参するもの

・ドリッパー
・サーバー
・ポット
・約1リットル入るジャグなどの容器、ペットボトルでも大丈夫です。
(アイスコーヒーを入れてお持ち帰りいただきます)

※器具がない場合はTELにてご相談下さいませ。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【ご予約方法】※現在ご予約受付中です。
お電話・メール・店頭にて受付いたします。

・お名前
・人数
・お電話番号
・ご希望日

上記4点をお伝えくださいませ。
ご予約完了のご連絡をさせていただきます。

ご不明な事がありましたらお気軽にお問い合わせくださいませ。
皆さまご参加お待ちしております!


メールhummockcafe0525@yahoo.co.jp(24hs受付)
電話 079-254-1400(12:00~22:00定休日除く)


【前回までの様子はこちら!】




Thursday, July 4, 2013

A surprised moment


昨日は、とても嬉しい出来事がありました。

カフェを経営されている方なら写真を見ればご存知なはず。
鎌倉カフェ・ヴィヴモン・ディモンシュの堀内隆志さんがご来店されました。
11年間カフェを続けて忘れたことはないディモンシュの存在。
ハンモックカフェオープン前からの大ファンで、
僕たちはディモンシュへ嬉しげに何度も訪れました。
僕は毎日ディモンシュオリジナル・サロンを身に着けて
カフェの仕事をしているのはそんな理由からです。

自家焙煎店であり飲食店であることの再認識と
コーヒーの話やカフェのことでは深い話もさせていただき、
今年の記念すべき出来事の一つに間違いないです。

堀内さんご夫妻ありがとうございました!

Siete paisajes en Argentina vol.5 "Resistencia"


*******************************************
『Siete paisajes en Argentina』vol.5
雄大なアルゼンチンの自然・食・音楽の写真展
*******************************************

ハンモックカフェ店内にてアルゼンチンの7各地の風景をお送りしています。

期間 : 2013年7月3日~8月中旬頃

第5回目の今回は、アルゼンチン北東部の街、チャコ州レシステンシア市。
首都ブエノスアイレスからバスで約14時間の距離で、気温、湿度ともに高めです。彫像や壁画、モニュメントがいたるところに点在し、アートで埋め尽くされたこの街は、”屋外の博物館”とも呼ばれています。また、チャコ州はパラグアイと近いこともあり、マンジョカ芋を使ったもっちりパン”チパ”が名物。できたてのチパを頭の上に載せて運んでくるその姿も印象的。もちろんアルゼンチンのソウルフード”エンパナーダ”もありレシステンシアではセボージャ(玉葱)入りをよく見かけました。レストランの名前がセボージャという店もあり玉葱はやはり有名なようです。パラナ河からほど近いので魚料理も美味。低い街並みに個人店がひしめき合い、服屋(しゃれた店も多かったです)やドラッグストア、ディスカウントショップなどが何故か多いのも地方感たっぷりで、首都にはない楽しみもありました

余談ですが、宿泊したホテルで知り行ってみたレストランには、エルメート・パスコアールやペドロ・アスナール、ルベン・ラダなど偉大な音楽家もよく来店(後で知りました)していたり、チャコ出身にはコキ・オルティスやセバ・イバラなどがおり、CECUALや、チャコの音楽シーンも面白そうです。そういえば、今日と明日の2日間にわたり『La música folclórica suena y reflexiona en el Chaco』と題した音楽祭がレシステンシアで開かれるそうで、カルロス・アギーレさんやホルヘ・ファンデルモーレなど錚々たる方々がご出演されるそうです。


【お知らせ】
ただいま東京・青山ブックセンター本店のギャラリーウォールにて『アルゼンチン音楽手帖』写真展が始まり、本書で使用されているHUMMOCK Cafe 中村信彦が撮った写真と、長綱淳平さんの写真が展示されています。 東京の方、青山ブックセンターへ是非!

期間 : 2013年7月2日~7月19日
場所 : 東京・青山ブックセンター本店

詳細はこちら
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
http://www.aoyamabc.jp/fair/

Wednesday, July 3, 2013

We like vegetables


【7月の〈季節野菜の前菜〉のお知らせ】
一年の中でもこの時期のディナータイム(18時~)は
トワイライトな風景を眺められおすすめです。
コースの季節野菜の前菜3種の一例(写真の左から)

・ラタトゥユ(ロッソ ナポリタン・トマト使用)
・サンマルツァーノ リゼルバ・トマトのタルタ
・アンデスレッドとパンプキンシードのソテー

契約農家さんが育てられた野菜の味が生かされるよう、シンプルな淡い味付けにしています。アルゼンチンの、特にブエノスアイレス・パレルモ地区の飲食店でよく見かけた野菜料理の影響も受けています。

ほかメニューの一覧はこちらどうぞ