Thursday, October 31, 2013

CheeseCake with Lotus Roots & Green Lemon


今年も作りました、期間限定レンコンケーキ!
レンコンにはビタミンCやB群にミネラルも豊富で風邪予防にもいいというのは、よく知られていますね。蒸すと独特のもっちり食感になる成分ムチンにひらめき、体にも良いし美味しいケーキが作れそう!と、毎年レンコンの収穫時期に合わせて様々なスイーツを作っています。

今回は、無農薬の国産青レモンを使って、レンコンの食感を生地にも加えたもっちりチーズケーキ。ケーキ1台分にレンコン約1Kg使用しており、レモンとハチミツによりヘルシーなスイーツに仕上がっています。

●姫路・大津レンコンと国産青レモンのチーズケーキ 







レンコンを食べて風邪予防にご自愛くださいませ。



Wednesday, October 30, 2013

Calendario de Noviembre


秋限定のブレンドコーヒー『Otoño(オトーニョ)』はただいま好評ご提供中です。スイーツやアルゼンチン料理をはじめ、アルゼンチン写真展(店内にて開催中)と音楽ともに、皆さまに関心を持っていただき、ありがとうございます。

11月は「アルゼンチン写真展~7つの風景~」、ついに7つ目で”エントレリオス州パラナー”の風景写真の展示になります。そして、アルゼンチンの音楽家による貴重な 2公演もあり、準備もわくわくしながら進めているところです。

11/4(祝・月) ウリセス・コンティ(piano solo)
11/26(火) ノラ・サルモリア(piano / vocal)

いずれも只今ご予約受付中!
(詳細は上記のリンク先の当店過去日記をご参照どうぞ)

++++++++++++++++++++++++

下記10月末までの期間限定メニューは終了いたしました。

■岡山産ブルーベリー・フランのタルト 
■鹿児島産ポークとイチヂクのロール・ソテーバルサミコソース

ご注文下さった方々、ありがとうございました!
毎度 季節食材から創意工夫を凝らして作る励みになります。

++++++++++++++++++++++++

下記は好評につき、もう少しの間お作りしています。

■【季節の野菜タルタ】姫路・大津レンコンと茄子のニゲラタルタ
こちらは一日中ご提供しています。




Saturday, October 26, 2013

Ulises Conti at KYOTO EXPERIMENT 2013 


京都国際舞台芸術祭2013にて、
Ulises Conti (ウリセス・コンティ)が音楽を担当した、
舞台『憂鬱とデモ』日本初公演に行ってまいりました。

タイトルから察するに、アルゼンチン軍事政権時代の
重い内容なのかと思いきや、Lola Arias(ロラ・アリアス)の演出によって
お洒落でユーモラスもある展開が楽しい芝居でした。
この舞台からアルゼンチンに興味を持たれる方が
多いんじゃないかなと思えるような芸術的で素晴らしい内容でした。
また、スタッフ含め10人以上アルゼンチンから来られたようです。

そして、ウリセスさんはピアノではなく、なんとギターで生BGM担当でした。
進む芝居に合わせ生演奏で音楽を付けてゆく。
内容は割愛させていただきますが、
彼の音楽の創造の源を垣間見たなんとも贅沢な舞台でした。
(『憂鬱とデモ』は 10/27まで 京都芸術センター講堂にて開催中)


そして写真は、終演後に偶然居合わせた大洋レコード伊藤さんと共に
ウリセスさんにお会いすることが出来ました。
僕の英語が分からないせいか(笑)ずっと笑顔で、
日本に来られたことがとても嬉しそうでした。

これから始まるウリセス・コンティ・ジャパンツアー
(代官山-福岡-熊本-渋谷-姫路-倉敷-札幌)では
ピアノ・ソロ演奏になります。
当店を含めまだ各会場予約受付中だと思いますのでお近くの会場へ是非!
素晴らしい公演になると思いますよ!

■Ulises Conti Japan Tour 2013
姫路ハンモックカフェ公演(11/4 月・祝)の詳細は下記になります。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

アルゼンチン・ポスト音響派孤高の天才コンポーザー ULISES CONTI、
耽美かつ映像的なサウンドスケープが美しい過去10年に渡るソロキャリアを
網羅した集大成ベスト『ATLAS』のリリースと共に、待望の初来日!
姫路公演での開演前のひとときはは、bar buenos aires 吉本宏さんによる
美しい選曲と、当日限定のアルゼンチン料理をご用意してお待ちしております。

////////////////////////////////////////////////////////////////

■Ulises Conti Japan Tour 2013
<tokyo - fukuoka - kumamoto - tokyo - himeji - kurashiki - sapporo>

・日時: 2013年 11月 4日(月・祝)

・出演: ウリセス・コンティ (piano)  from Argentina

・選曲: 吉本宏 (bar buenos aires)

・開場: 18:30 / 開演: 19:30

・料金: 前売 3,500円 / 当日4,000円
  (先着順自由席 、共に1ドリンク込)

・料理: 限定アルゼンチン料理をお手頃価格にて数種ご用意します。

・会場: ハンモックカフェ(店内)

////////////////////////////////////////////////////////////////


ご予約・詳細・試聴などはこちらからどうぞ。
皆さまのご来店心よりお待ちしております。






Thursday, October 24, 2013

Arroz con Mariscos


10月最後の週末も通常営業しています。皆さまのご来店お待ちしています。
営業日カレンダーもございます。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
先日から肌寒くなってきて始めた、秋冬限定メニュー「Locro/ロクロ」はあったか具だくさんスープ。このアルゼンチン煮込み料理の一つである「Locro/ロクロ」は、牛乳や生クリームは不使用なのに、柔らかな優しい味わい。ぜひおすすめです。

そして期間限定メニュー、もう一品出来上がりました!
これは2011年にアルゼンチン・ブエノスアイレスに旅したときに出逢った料理「Arroz con Mariscos/アロス・コン・マリスコス」の回想からなり、魚介の旨みとハーブの香りが豊かに、生米から炒めて炊くPaella(パエリア)風のライスのことです。


●Arroz con Mariscos/アロス・コン・マリスコス 1,300円 (一皿 1~2人前)
※2013.12月最終営業日までの期間限定

2014年~新メニューに加わりました!
※オーダータイム 18~21時まで 

メニューはこちら⇒


作り置きはせずにオーダーごとに、山形産ササニシキ品種の生米をオリーブオイルで炒めます。
旨みの濃い車海老、真タコ、ムール貝、キハダマグロなど魚介と、野菜とハーブのスープを加えアクを取り 蓋をしてじっくり炊いていきます。
テーブルには鋳物フライパンそのままでご提供させていただきます。
あつあつにレモンを絞ってどうぞ召し上がれ。

瀬戸内海産のイカや牡蠣を使用することもあります。
食品アレルギーやお好みがあればオーダー時にお伝えくださいませ。



Sin Fronteras


さながら美しく混ざり合う”坩堝”のように。チリ出身のマンドリン/ギター奏者、作曲家アントニオ・レストゥッチの作品は、南米諸国のリズムに、スペインの情熱や、インドや中東の神秘性が見事に合わさり、伝統と革新が交錯した独創的で美しいジャズフュージョン。カルロス・アギーレ(piano)、フェルナンド・シルヴァ(bass)、ホルヘ・パルド(flute / sax)など、名手を迎え2003年にバルセロナ、2004年にサンチアゴにて録音された素晴らしい傑作。なかでも特筆したいのは唯一のヴォーカル入りでラスト曲の「Esperanza」。カルロスのピアノに共振するアントニオの愛娘エスペランサ・レストゥッチの潤いあるスキャットがあまりにも美しく、何度聴いても涙腺が緩みます。

●Antonio Restucci / Crisol  




そして、そのアントニオ・レストゥッチやカルロス・アギーレ、フェルナンド・シルヴァ、さらにアカ・セカ・トリオのメンバーや、セシリア・サバラも参加した『Sombra de Ombú』。これほどの音楽家に目に掛けられていることにその才能が伺えますが、主役は、清楚系から熱唱系、艶系まで幅広い美声を聴かせてくれるアルゼンチンの才女ベレン・イレー。こちらはアルゼンチンでも品切れでしたが、このたび カルロス・アギーレの名曲「Peces de Luz」が追加され、待望の再プレス。2008年の1stエディションと同じくジャケット内側にはオンブーの木陰に映る不思議な動物が描かれています。ハンモックカフェでは約2年ぶりの再入荷。アルゼンチン女性シンガーソングライターの名作です。

●Belen Ilé / Sombra de Ombú (2013年2ndエディション)




⇒HUMMOCK WEBSHOP

Wednesday, October 23, 2013

Questioning mind

昨日の定休日は、エスプレッソ用ミルの買い替えを検討すべく西宮のDCS関西本社へ。持参した自家焙煎コーヒー豆を異なる形状のミルで試し挽きさせていただき、抽出もさせていただきましたが、味の表現力、安定性、アフターテイスト、メインテナンスなど様々な角度からもみても、これまで感じていた豆の個性を拡張してくれる素晴らしいミルでした。ラインナップの中からもうこれしかない!と思ったものの、希望の機種のミルは中古車が買えるほどの金額のため悩みに悩みましたが、コーヒー屋にとってミルは重要なポイントですし、お話をお伺いするとその価格に見合った納得できるミルだったため、ほぼ購入を決めてきました。

その後は、芦屋vin et bio VERTさんのワインセミナーへ。テーマは”フランスの自然派赤ワインとお料理の相性”産地の特徴、土壌や気候条件などから、ブラインドで4種のワインを飲み比べして、印象を綴っていき、産地・銘柄を探っていくというもの。その後、料理との相性を愉しみ、なるほどと思えることの連続で、非常に興味深い内容で学ぶことが出来ました。

日進月歩している物事について”変わり続けることが変わらないこと”こそが時代に順応した”不変”であると思いますし、何事にも探求することが人生において大切なんだ、とあらためて感じた一日でした。





Monday, October 21, 2013

Manners in Restaurants


果物から酵母を起こして作る、”自然発酵種の自家製酵母パン”は一日中召し上がっていただけるメニューとしてきらさないよう準備・焼き上げています。フルーティな酵母と小麦の香りがとてもおすすめです! 

そんなご飲食時の自然な【香り】を大切にしたいため、ハンモックカフェでは、全席禁煙にさせていただいています。それから、お願いとしまして、食後にテーブルの上にお化粧道具一式を広げて、時間をかけてお化粧直しをされる女性のお客様がちらほらいらっしゃいますが、これはお止めいただきたいです(周囲に化粧香と細かなパウダーなどが散っていますので...)。 美へのこだわりには賛同しますが、大人のマナーはそれ以上に必要かと思います。店内のお手洗いにてどうぞ。

どうぞ美味しいコーヒー、自然派ワイン、
そして素材の持ち味を大切にした料理を楽しみにいらしてください。
みなさまのご来店お待ちしています。

店主敬白

Friday, October 18, 2013

HUMMOCK Cafe Style "Locro"


日が暮れると肌寒く感じる季節になりましたね。
体や心も温まるスープとして、
アルゼンチン北西部の地方料理「Locro(ロクロ)」の味を思い出し
ハンモックカフェでのアレンジを加え秋冬限定メニューをご用意いたしました。
(現地で食したものより、野菜を多めにやさしい味わいにしています)

具材はトウモロコシと白いんげん豆、ジャガイモ、ソテーした玉ねぎを中心になり、
野菜だけのとろみはほのかな甘みと安らぎをも感じます。
また国産牛すじ肉入りの味に深みを加えています。

●ハンモックカフェ風ロクロ  (秋・冬季節限定メニュー)



※2011年のブログにてロクロを食したことやアルゼンチン料理のことを書いています。よろしければご覧くださいませ。


Wednesday, October 16, 2013

Nora Sarmoria Japan Tour in Himeji

アルゼンチン の女性ピアニスト/シンガー/作曲家 ノラ・サルモリア による 実質初となる日本ツアー【岡山ー姫路-東京】が決定しました。 岡山 、姫路はピアノ弾き語りによるソロ演奏で、東京ではピアノ世紀の到来を告げるフェスティバル”THE PIANO ERA “2013に出演。彼女の色彩感あふれるピアノと歌は、現代アルゼンチン音楽の中でもリズミカルで、カラフルなイルミネーションが広がるようなオリジナリティを強く感じます。姫路公演では、神戸の洋服ブランドRainbow Famに 衣装協力いただき、彼女の音楽性により華を添え、HUMMOCK Cafe 今年最後のコンサートとして最高に素敵な一夜になることでしょう!

////////////////////////////////////////////////////////////////

■Nora Sarmoria Japan Tour 2013
<okayama - himeji - tokyo>

・日時: 2013年 11月 26日(火)

・出演: ノラ・サルモリア (piano/vocal)  from Argentina

・衣装: Rainbow Fam  from Kobe

・開場: 19:00 / 開演: 20:00

・料金: 前売 3,800円 / 当日4,300円
  (先着順自由席 、共に1ドリンク込)

・料理: 限定アルゼンチン料理をお手頃価格にて数種ご用意します。

・会場: ハンモックカフェ(店内)

////////////////////////////////////////////////////////////////


■Nora Sarmoria (ノラ・サルモリア)
www.norasarmoria.com.ar/

1968年生まれ。現代アルゼンチン音楽を代表するピアニスト、シンガー、作曲家のひとり。   ジャズピアノをEdgardo Beilínに 師事、アルゼンチンカトリック大学にて作曲を学び、ブエノスアイレス 芸術学校(El Conservatorio Municipal de Buenos Aires)にてクラシック・ピアノを学ぶ。95年に初作となるアルバム『Vulevo Uno』を発表、現在まで に11枚のリーダー作 を リリース(12枚目 となる新作『Silencio Intenso』を年末に発表予定)。ピアニストのリリアン・サバ、そして 鍵盤打楽器奏者のマルコス・カベサスとの デュオ・アルバムや、南米の名曲を含む レパートリーを独自にアレンジした 小オーケストラ=オルケスタ・スダメリカナ名義としても作品をリリースするなど、その活動は幅広い。フォルクローレ、  ジャズ、   ポップ、   クラシック、ウルグアイ音楽に至る広汎な音楽的背景をのぞかせつつも、個性あふれる作風で 日本の音楽家にも ファンが多い。<アルゼンチン音響派>のリスナーと、コンテンポラリー・フォルクローレのファンを繋ぐ、この国が誇る パフォーマーの一人にして、最高に ユニークな作曲家でもある。2000年の初来日以来となる、まさに待望の再来日。

■東京では【"THE PIANO ERA"2013】にご出演されます。
出演者:アンドレ・メマーリfrom Brazil、矢野顕子、ノラ・サルモリアfrom Argentina、中島ノブユキ、ニルス・フラームfrom Germany、高木正勝、平井真美子

JJazz.net MUSIC PROGRAMS の sense of "Quiet"でもオンエアー中!


 

____________________________


■Rainbow Fam(レインボーファム)
http://www.rainbow-fam.net/

シンプルで心地よく、あきのきない服作りをテーマとし2007年秋に活動を開始。上質なリネンやコットン生地にこだわり、親子三代で着ていただけるように、シンプルながら、色や素材での遊び心を加えたデザインを、ご提案させていただきます。(HPより転載)

* ノラ・サルモリアの音楽性とレインボーファムとの共通点はなんといっても愛娘さんの存在です。特別な一夜の当日衣装もお楽しみに!

____________________________

■トップの写真は、2011年に訪れたアルゼンチンのボカ地区・カミニートでの1枚

//////////////////////////////////////////////////////////////////

<ご予約・問合せ>

メールhummockcafe0525@yahoo.co.jp(24hs受付)
電話 079-254-1400(12:00~22:00/毎火曜・第1月曜定休日除く)

予約方法
  ↓
●お電話・メール・店頭にて受付
 ↓
●公演名・お名前・人数・ご連絡先電話番号の
  以上4点をお伝えくださいませ。
  (未就学児童の入場は事前にご相談下さいませ)
  ↓
●メール予約の方は送信後24時間以内に返信いたします。
 ↓
予約完了

※本公演ではライヴ当日ご来店の順番に好きな席をお選びいただけます。
※当日受付での会計となります。

///////////////////////////////////////////////////////

主催・企画・制作:NRT  /  招聘:DUM DUM LLP  /  協力:novus axis


■ジャパンツアー詳細はこちらへどうぞ→NORA SARMORIA Japan Tour 2013
現代アルゼンチン音楽を代表するピアニスト/シンガー/作曲家ノラ・サルモリアによる、実質初となる日本ツアーが決定。広汎な音楽的背景と、最高にユニークな作風で知られる、不可思議なアーティストの謎が明らかに。ピアノ弾き語りによるソロ・パフォーマンスでの3公演、東京でのワークショップで創造の源泉へ。



Monday, October 14, 2013

Masterpieces of Ulises Conti


11月4日(祝・月)ウリセス・コンティ・ピアノソロ・コンサート at HUMMOCK Cafe
ご予約いただいた皆さまありがとうございます。
まだお席に余裕がありますので引き続きご予約お待ちしております!

<Ulises Conti Japan Tour 2013 姫路公演詳細>

ウリセス・コンティのイマジネーション広がるピアノの推薦盤は、新曲も含めた集大成ベスト『ATLAS 2003-2013』になります。コンサートにご興味のある方は事前に聴いておかれることをお薦めします!また、過去の名作2003年1st(アルゼンチン盤)と2007年3rdアルバム(アルゼンチン盤)が少量入荷しました!

______________________________

●Ulises Conti  /  ILUMINACIONES

ウリセス・コンティの1st『 ILUMINACIONES』(通称タコジャケ)は、デビューアルバムだからこそ斬新なアイデアを盛り込んだエクスペリメンタル作品。ピアノ、アコーディオン、メロディカ、マンドリン、ギター、ハープ、マリンバ、パーカッションまで使いこなすマルチな才能が開眼した傑作であり、すでに彼独特のゆらぎサウンドを確立。曲によりチェロやコントラバス、シタール、トランペットなどが参加し音響処理が加わった、アコースティックとエレクトロニクスのハイブリッドな感覚は、新たな美しさの境地を切り開いた。1stからは「El reverso de la sombra」をどうぞ。




______________________________

●Ulises Conti  /  LOS PASEANTES

ウリセス・コンティの創造する音楽が”映像的”を決定づけた名作『LOS PASEANTES』。ヴァイオリン、チェロ、コントラバス、ピアノなど総勢16名からなる壮大なストリングスが美しい3rdアルバム。生音中心になり、クラシカルでじわりと浸み込んできます。マットな質感の装丁も素晴らしく、ヴィデオクリップも一曲収録しています。このアルバムからの試聴2曲は、3分20秒から聴こえてくる美しいピアノと、劇的な結末を迎えるよう次第に熱を帯びてゆく演奏が印象的な「DISTANCIAS OLVIDADAS」と、ヴィブラフォンがファンタジックな「ANTES」をどうぞ。





⇒HUMMOCK WEBSHOP

Friday, October 11, 2013

the cake of fig chocolate


ただいまの季節ケーキは「東粟倉産ブルーベリーのフランタルト」。
手摘みブルーベリーのフレッシュな甘ずっぱさがこの時期だけの醍醐味。
そして、秋のブレンドコーヒー「オトーニョ」とも
相性の良い季節ケーキをもう一品作りました。

●イチヂクのチョコレートケーキ 400yen



【イチヂク×赤ワイン×チョコレート】
の自家製ジャムを添え、
生クリーム不使用で
深みのある味わいを
どうぞお楽しみくださいませ。



Thursday, October 10, 2013

Autumn moon


台風も何事もなく通過し昨夜は星空がきれいでした。
今週末は秋祭りが周辺でおこなわれますが、
ハンモックカフェは通常通りの営業です。
穏やかな天候に恵まれますように。

11/4 (祝・月) ウリセス・コンティ ピアノソロ 当日限定メニュー

11月4日(祝/月)
《ウリセス・コンティ初来日ツアー2013姫路公演》


アルゼンチン・ブエノスアイレス在住ウリセス・コンティのピアノ作品を聴いて、今回ご用意させていただくお料理はヨーロッパのエスプリをまとった新しいアルゼンチン料理のプレートです。それでいて気取らず体にもやさしい素材の味を大切にした3品。
初来日を前にしたウリセス・コンティの音楽性を綴ったコラムとご本人へのメール・インタヴューがウェブマガジン/ダカーポ(dacapo)にて掲載されています。

Another Quiet Corner
Vol.27 ULISES CONTI Japan Tour 2013 2013.10.30-11.7 
独創的音楽世界を展開する、
ウリセス・コンティが初来日。
(執筆はbar buenos airesの山本勇樹さん)

ウリセス・コンティのピアノソロ演奏前には、bar buenos aires吉本宏さんによる美しい音楽の選曲をお楽しみいただけます。写真の料理プレートやドリンクと共にどうぞ素敵な一夜を。

<写真の11月4日 限定料理の内容>
●サーモンのブニュエロス(Buñuelos de salmón)
●カボチャのクリームソース タリアテッレ(Tagliatelle con salsa de crema de calabaza)
●豆のサラダ(Ensalada de frijol)
(※お料理はチケット料金とは別途500円、1ドリンクはチケット料金に含まれます)

お席に限りがありますのでお早目のご予約お待ちしています!

ご予約・詳細はこちら。

El Sabor de Cuatrocientos


”飛翔するコンテンポラリータンゴ”
現代アルゼンチン音楽、特にディエゴ・スキッシ・キンテート辺りを聴いた後、あらためてクアトロシエントスの2nd『El Sabor de Cuatrocientos』(2009年)を聴いてみると、とても新鮮に聴こえ、もちろん前からファンの方もおられると思いますが、僕には早すぎた音楽性に時代が追い付いたような気がしました。中でも林正樹さん作曲の「Mi-chi」の展開には、感情が込み上げるものがあります。

●Cuatrocientos / El Sabor de Cuatrocientos  

このアルバムは、通常コンサート会場のみでの販売ですが、
このたび限定入荷いたしました!

⇒HUMMOCK WEBSHOP

オルケスタ・アウロラの作曲家ヴァイオリニスト、会田桃子率いるCuatrocientos(クアトロシエントス)は、スペイン語で数字の400を意味し、一人100パーセントの能力を持ち寄って音楽を作っていこうという想いが込められているそうです。メンバーは、"パブロ・シーグレルmeets 東京ジャズタンゴアンサンブル”でも活躍の北村聡(バンドネオン)、西嶋徹(コントラバス)。北村さんは中島ノブユキ・エテパルマ・アンサンブルへも参加し、ハンモックカフェでも演奏していただことがあります。そして、ソロアルバム『TEAL』が素晴らしい注目のピアニスト林正樹の4名からなります。曲によりゲストを迎え、1曲を除きすべてインストゥルメンタル。日本人の生み出す、ピアソラ以降の現代タンゴの形を模索するべく、メンバーのオリジナル作編曲に、注力されています。

アルバムから冒頭曲試聴をどうぞ!「Recuerdo imborrable」作曲:会田桃子



Saturday, October 5, 2013

PIANO × PIANO



音楽が好きな理由の一つ、時空を超えて旅ができること。
イマジネイティヴな音楽を聴くと、まぶたの裏に映る光景はいつも異なります。
そんな素晴らしい、繊細で美しい世界の音楽を紹介するbar buenos aires
そのバー・ブエノスアイレスによるレーベル第2弾作品 は、レーベルの真骨頂とも言えるアルゼンチンの音楽家ルカス・ニコティアンとセバスティアン・マッキによるピアノ×ピアノデュオ作品。説明するのもおこがましいほど美しいピアノデュオなので、まずは映像をご覧頂きたいと思います。



このピアノ×ピアノデュオ作品を聴いているとカルロス・アギーレのピアノソロ名盤『caminos』に収録の「el barrio, el candombe」を思い起こさせてくれました。そのことはセバスティアンがアギーレさんと音楽性の共通した近しい存在であり、同じ道を歩んでいることをこの作品を通じて伝えているかのようです。昨年僕たちがパラナーを訪れた時、アギーレさんとセバスティアンの自宅は約200mほどの近い距離にありました。そこは多くの鳥がさえずり水辺の潤いと木漏れ日は、美しい模様の影を落とし、まるで楽園のような場所でした。ご覧いただいたyoutubeに映っている河がパラナ河で、2:20頃からの映像がセバスティアンの自宅です。独特の色合いの布カバーがあったピアノがこの集合写真と一緒だったのと、見覚えのある家具も写っているのできっとそうでしょう。

●Lucas Nikotian & Sebastian Macchi (日本盤)
●Lucas Nikotian & Sebastian Macchi (アルゼンチン盤)

ハンモックカフェでは日本盤とアルゼンチン盤の両方の取り扱いをしております。
日本盤はbar buenos aires吉本宏さんによる美しい序文と同じく河野洋志さんによる素晴らしい解説、そして一曲ごとにルカス・ニコティアン本人による曲コメントが添えられており、このアルバムを余すことなく楽しめます。そしてアルゼンチン盤は全曲の楽譜付き(日本盤は楽譜ダウンロードコード封入)でオリジナルのshagrada medra盤です。2つは装丁やデザインも少し異なりますのでお好きな方をお選びいただければと思います。

【山本勇樹さんによるコラム】
Another Quiet CornerVol.26
L.ニコティアン×S.マッキ、ふたりのピアニストが紡ぐ透明な音。


--------------------------------------

余談ですが...

8/31(土)のアントニオ・ロウレイロ姫路公演の時、終了後、このルカス&セバスティアンのアルバムをBGMでかけていると、ロウレイロさんに、「このピアノは誰?美しいね」と尋ねられ、「確かブラジル・サンパウロのスタジオで録音したようですよ、YAMAHAのグランドピアノC-7とS-6があって、状態の良い2台のピアノがそろったスタジオのようです(こんなに流暢に答えられてないですが)」と答えると、「そこ知っているよ!サンパウロでその2台があるならEstúdio Salavivaしかないよ、僕がyoutubeにアップしていた動画がそこなんだ!良いスタジオだよ。あそこは1階と2階にわかれてて...」となにやら素晴らしいスタジオのようです。そこで、ルカス&セバスティアンが録音したなんて、美しい音は自然と繋がっていくものなんだなぁと実感しました。


⇒HUMMOCK WEBSHOP

Friday, October 4, 2013

Autumn Blended Coffee



秋限定のブレンドコーヒー 
期間:10月5日~11月中旬頃まで

『Otoño(オトーニョ)』  1杯400円 / 100g450円

ナチュラルな芳香を持つ2品種のコーヒー豆を使用し中深煎りに混合焙煎。
移り変わる秋の山々の景色を思わせる、
舌の上で味のグラデイションを描くようなブレンドに仕上がりました。



※コーヒーの日企画、利きコーヒー『COFFEE DAYS』へ
お越し下さった方々ありがとうございました。
皆さまの意見もご参考に今回のブレンドとして作りました。

appetizers of vegetables on October

《10月ディナーコース前菜3種の一例》  オーダー18~21時
旬の野菜/果実を使用したオリジナル前菜をどうぞ。



*神戸・岩岡ベビーリーフ
*岡山ヤギミルクのフロマージュブラン
*岡山・東粟倉村ブルーベリー
*姫路・大津レンコン
*神戸・岩岡カボチャ、長茄子
*赤インゲン豆、ニゲラ(スパイス)  など使用しています。

フロマージュブランやほっこりとした秋野菜にスパイスを組み合わせた前菜は、
自然派ワインやノンアルコールドリンクとも相性よくおすすめです。

今週末も通常通り営業し、みなさまのご来店お待ちしています。

Thursday, October 3, 2013

2013.11.4 Ulises Conti Piano Solo Concert




アルゼンチン・ポスト音響派孤高の天才コンポーザー ULISES CONTI、
耽美かつ映像的なサウンドスケープが美しい過去10年に渡るソロキャリアを
網羅した集大成ベスト『ATLAS』のリリースと共に、待望の初来日!
姫路公演での開演前のひとときはは、bar buenos aires 吉本宏さんによる
美しい選曲と、当日限定のアルゼンチン料理をご用意してお待ちしております。

////////////////////////////////////////////////////////////////

■Ulises Conti Japan Tour 2013
<tokyo - fukuoka - kumamoto - tokyo - himeji - kurashiki - sapporo>

・日時: 2013年 11月 4日(月・祝)

・出演: ウリセス・コンティ (piano)  from Argentina

・選曲: 吉本宏 (bar buenos aires

・開場: 18:30 / 開演: 19:30

・料金: 前売 3,500円 / 当日4,000円
  (先着順自由席 、共に1ドリンク込)

・料理: 限定アルゼンチン料理をお手頃価格にて数種ご用意します。

・会場: ハンモックカフェ(店内)

////////////////////////////////////////////////////////////////

ブエノスアイレス・ラテンアメリカ・アート美術館"MALBA"2012年の春セレクションで、彼のCD作品が並べられていました。美術館も認める彼の音楽は独自の美学が貫かれた芸術作品ともいえるのではないでしょうか。前衛的な要素がありつつも個性を前面に出しすぎず、難しくなっていない。そして、舞台音楽や映画音楽を数多く手掛けてきたウリセスならではの作曲性と、マルチ・インストゥルメンタリストとしての小宇宙を感じます。 また、京都国際舞台芸術祭2013にてロラ・アリアスの『憂鬱とデモ』の舞台音楽も担当されます。
初の日本盤としてflauレーベルよりソロキャリア10年を集約したアルバム『ATLAS』が発売されました。過去の名作からflauの素晴らしいセンスで選び抜かれた14曲と新曲1曲で構成されています。このアルバムのジャケットにはピアノの調律・調弦に不可欠な音叉やチューニングハンマー等が描かれ、彼の音楽の本質を抽象的に捉えた素晴らしいアートワークになっています。

●Ulises Conti / ATLAS  2,100円 (在庫△)

※ 通販方法はこちら











■Ulises Conti( ウリセス・コンティ)  Profile
1975年生まれ、アルゼンチン・ブエノスアイレス出身のコンポーザー、マルチ・インストゥルメンタリスト、サウンド・アーティスト。 数多くの映画・舞台音楽を手がける他、ロラ・アリアスとのコラボレーションを含め、Metamusicaより7枚のアルバムをリリース。Alejandro Franov(アレハンドロ・フラノフ)らが参加し、アルゼンチン音響派をネクストステージに運ぶ狼煙を挙げた怪作『Iluminaciones』(通称・タコジャケ)でデビュー。アシッド・フォーク、フォルクローレの古典からColleenまでをフォローする現代的な感覚と、ウィットに富んだ独創性溢れる楽曲で注目を浴びている。アメリカでのアーティスト・イン・レジデンスやドイツでの舞台音楽、BEACH HOUSEとの共演など、様々な国を旅して培われた無国籍で既成の概念に捉われない様はまさに孤高。シネマチックなオーケストレーションからロマンチックでエスプリの効いたソロピアノ、先鋭的なエレクトロニクス処理までを華麗に使いこなすアルゼンチン・ポスト音響派屈指の才能です。  ⇒Ulises Conti Official Site 


//////////////////////////////////////////////////////////////////

<ご予約・問合せ>

メールhummockcafe0525@yahoo.co.jp(24hs受付)
電話 079-254-1400(12:00~22:00/毎火曜・第1月曜定休日除く)

予約方法
  ↓
●お電話・メール・店頭にて受付
 ↓
●公演名・お名前・人数・ご連絡先電話番号の
  以上4点をお伝えくださいませ。
  (未就学児童の入場は事前にご相談下さいませ)
  ↓
●メール予約の方は送信後24時間以内に返信いたします。
 ↓
予約完了

※本公演ではライヴ当日ご来店の順番に好きな席をお選びいただけます。
※当日受付での会計となります。

///////////////////////////////////////////////////////


企画制作: flau / 後援: アルゼンチン共和国大使館 / 協力:bar buenos aires




ジャパンツアー詳細はこちらへどうぞ→Ulises Conti Japan Tour 2013