Saturday, January 10, 2015

Dry Gin & Natural Wines


ハンモックカフェで密かに人気のドライジンのご紹介です。
第2次世界大戦終盤のノルマンディー上陸から終戦後、駐留していたアメリカ軍に好まれ、フランス・ブルゴーニュにて60年前から同じレシピで作られている「Diplome Dry Gin」。時代背景が育んだこのドライジンは、ネズの実の味が濃く複雑な香味でストレートでも飲めてしまうほど、芳醇な仕上がりです。

先日某所で久しぶりにスタンダードなジンを用いたジントニックを注文したのですが、こんなアルコール感があったかな...と感じ、翌日まで重く残ってしまいました。こういう経験がお酒離れを起こすのだろうなと、ジンに対する好みも個人差あるかと思いますが、僕は自然派ワインやこのドライジンに出逢ってから心地よくお酒が楽しめるようになりました。お薦めはジンソニック(ジン+トニック+炭酸水+レモンorライム)で、甘くならず爽やかで、食事とも相性良いです。

●ディプロム・ドライジン  500円~

「Diplome Dry Gin」の原材料や製造工程など輸入元Wさんのブログにてご紹介されています。
⇒ http://winc.exblog.jp/19894847


そして、下の写真はただいま在庫している自然派ワイン(白)の一例です。
醸造元が自家消費用に仕込まれた稀少なワインや、ブドウの皮ごと発酵のやや濁りワイン、じんわり系など素直に美味しいと思えるワインばかりです。ランチ12:00~もご用意しています。お気軽におたずね下さいませ。

●グラスワイン 700円~