Wednesday, April 27, 2016

BEAU PAYSAGE Chardonnay 2016 / BEAU PAYSAGE Pinot Noir 2015

もうすぐG.W期間、HUMMOCK Cafeは5月2日(月)、6日(金)のみ休業、その他は営業しています。皆さまにとって気持ちいい連休でありますように....


そして、冬から新メニューに向けて試作を重ねておりました料理、「カネロネス」がようやく出来上がりました。もっちりとした生地に自家製ベシャメルソース、姫路・有機育ちの旬菜にアンチョビフィレ(アサクラ)をフィリングに、写真のように焼き上げ、チョイスプレートの一品として取り分けて盛り付けいたします。様々なフィリングが楽しめアルゼンチンでもよく見かけた「カネロネス」は、ヨーロッパでの「カネロニ」としても有名な料理です。こちらはG.W期間ご用意予定です!

※外食において使用原料に対する不安解消につながれば..と付け加えますと、
化学調味料、加工油脂や超高温殺菌牛乳は使用せず、生乳バター、低温殺菌牛乳(パスチャライズド牛乳/ノンホモジナイズド牛乳)を使用しています。


そして!美しい風景を意味する”ボーべイサージュ”から生まれた CD+BOOK『BEAU PAYSAGE Chardonnay 2016』が、HUUMOCK Cafeに【新入荷】、お取扱い始めました。まるで自然に還るパスポートのようなたたずまい(少し大きめの)です。

制作元resonance musicより
『これは、山梨の津金で自然と向き合いながら、土地の表情をそのまま写した繊細で滋味深い味わいのワインを造るBEAU PAYSAGEの岡本英史さんが昨年よりスタートしたバタフライ・プロジェクトの活動の支援のためにつくられたものです。

バタフライ・プロジェクトとは、その食べ物が「誰が、どういう考えで、どのようにつくられたのか」を、誰でも簡単に分かるようにしようという活動です。』

《BOOK(16p) 掲載コラム》
・BEAU PAYSAGEワイン造りの思想。/ 岡本英史〈BEAU PAYSAGE〉
・然り(しかり) 身土不二。/ 中東久雄〈草を喰む なかひがし〉 *京都の摘み草料理
・「ひととなり」を聴く。/ 鶴林万平〈sonihouse〉 *音響設計・製作
・シャルドネから聴こえてくる音楽。(ディスクガイド)/ 吉本宏〈resonance music〉
・BEAU PAYSAGE Chardonnayから広がるワインの軽やかな波紋。ワイン・セレクト / 石井英史(祖餐)

詳しくは→ WEBSHOP

《収録曲》
01. Libellule Des Sables / Edwin Berg, Eric Surmenian, Fred Jeanne
02. Da Serra Pro Mar / Dom Um Romão
03. La Petite Valse / Marcos Valle
04. Gafieirinha / João Ferraz
05. Rose And Spring / John Arrucci
06. Samba Into The New Age / Marshall Vente Trio
07. Elegy / Balmorhea
08. Sometime Ago /Nikolay Sizov,Philipp Meshcheryakov,Gariy Bagdasarian
09. Eg Rodde Meg Ut På Seiegrunnen / Dag Arnesen Trio
10. Presence / Age Garcia Trio
11. Kick The Can / Matt Marvuglio
12. In April / Riccardo Fioravanti Trio
13. Correnteza / Quarteto Maogani
14. For Mr. C / Albert-Hobbs Big Band

《選曲》吉本 宏 (resonance music / bar buenos aires)


詳しくは→ WEBSHOP

こちらは昨年リリースの第一作目の『BEAU PAYSAGE Pinot Noir 2015』。昨年暮れ、店頭で早々に品切れになり、このたび上述の青い第二作目(~Chardonnay 2016)の入荷と合わせて【再入荷】となります。


個人の、あるひとつの違和感から動きだしたこの活動「バタフライプロジェクト」。ただ現状否定や善悪の判決をするのではなく、それぞれの職業の立場や家族・生活環境に応じて、少しずつ実行出来ることから見つめ直すきっかけになるのではと教えてくれました。