Saturday, August 19, 2017

A Parfait of our menu



もち粉白玉とコーヒーのパフェ。
6月半ばから始めて、約二か月が経ちました。始めたきっかけは、私たちの友人であり尊敬するお米農家「蒜山耕藝(ひるぜんこうげい)」さんのもち米ヒメノモチを粉砕したもち粉が発売されたことからです。デザートに何かひと品をと試作したなかで、最終的に焙煎するコーヒーと姫路の甘酒で作るアイスクリームとのパフェにすっと落ち着きました。

毎日たのしくご用意している季節メニューとなり、8月末にていったん終わりとさせていただきます。あと少し、和やかな味わいをどうぞ。

*これまで品切れ、仕込み中等のタイミングでご提供できない場合もありましたこと、お詫びいたします

また、夏のブレンドコーヒー『VERANO(ヴェラーノ)』は8/20までの提供になります。


Tuesday, August 15, 2017

2017.10.15.sun. FOLKLORE


幾つかのソングと旅から生まれた音楽 。
日本の原風景と共にある
三人の音楽家が歩む旋律の旅路。


HUMMOCK Cafeの私たちとも同世代でもあり、共感と尊敬を憶える三人の音楽家 AOKI, hayatoさん、haruka nakamuraさん、内田輝さん によるユニット”FOLKLORE” 初の姫路公演を10月に開催します。ギターとピアノ、ソプラノサックスが交錯する音色は、聴き手の記憶と重なり、これから始まるそれぞれの旅の道しるべになることでしょう。


出演 | AOKI, hayato(g)
    haruka nakamura(pf)
    内田輝(sax)
日程 | 10月15日(日)
時間 | 開場 18:00/開演 19:00
会場 | HUMMOCK Cafe 姫路市的形町的形1864
料金 | 3,500円 (1d 別途)予約優先
※当日限定料理も予定しています

◎ご予約・問合せ◎(8/20現在 定員の半数が埋まりました)
MAIL ticket.info.hummock@gmail.com
TEL 079-254-1400
※公演名・お名前・人数・連絡先をお伝えください
※先着順自由席
※本公演はご予約で定員となり次第、受付を終了とさせていただきます


FOLKLORE 
(AOKI,hayato と haruka nakamura + 内田輝)
2012年春、CDショップ「雨と休日」3周年演奏会で出会いAOKI,hayato と haruka nakamuraとして活動をスタート。2014年秋 1st ALBUM「FOLKLORE」(fete musique.)をリリース。2016年内田輝(SAX)が正式参加。trio編成となりユニット名もFOLKLOREとなる。ギター、ピアノ、サックス、電子楽器を織り交ぜ、交叉する旋律と音響の旅路。
【CD通販】 HUMMOCK WEBSHOP


青木隼人 AOKI,hayato
1978年生まれ。ギター演奏を中心に音楽を続ける。自主レーベル「grainfield」を運営。ジャケットのデザインも自身で手がける。ソロでの演奏活動のほか haruka nakamura とのデュオは2014年にアルバム『FOLKLORE』を発表。

haruka nakamura
青森県出身。4th ALBUM「音楽のある風景」によるPIANO ENSEMBLE TOURを2015年から開始。広島世界平和記念聖堂に代表される教会、重要文化財を中心に、海外公演も含めたロングツアーを敢行。ツアー中には目黒パーシモン大ホールで行われた「THE PIANO ERA」にも出演した。代表作はnujabesと共作した「lamp」写真家 奥山由之がMV監督を手掛けた「arne」など。コラボレーションでは、坂本美雨 with CANTUS、まじ娘、Aimerなどの楽曲をプロデュース、MV、remixを手掛ける。畠山美由紀の品川教会公演や幾つかの公演で、バンドマスターを担当。2016年、NHK BSプレミアム「ガウディの遺言」の音楽を担当。テーマ曲「CURTAIN CALL」が12inch LP + CDで年末にリリース。自身の楽曲が原題となり製作され、音楽も担当した映画「every day」が公開。CITIZEN、SONYなどCM音楽における、映像との作品を手掛ける。ソロ活動と並行して、青木隼人、内田輝とのTRIO「FOLKLORE」による旅を続けている。

内田輝
音楽大学でsaxを専攻。音に反応する心に興味を持ちピアノ調律を習得。調律を通して音の本来に出会う為のWSを開催。その後14世紀に考えだされた鍵盤楽器、クラヴィコードに出会う。現在、日本中を巡り演奏会とWSを行い、映画音楽も手掛ける






企画・制作:fete musique

Saturday, August 5, 2017

2017.9.28.thu. "small appetite" vol.9 autumn


ささやかな季節料理と演奏会 ”small appetite(スモール アペタイト)” 第9回は、アルゼンチンより来日する作詞・作曲家バンドオン奏者トミ・レブレロをお迎えします。ユーモアとインテリジェンスが垣間見える、メランコリーな歌声をのせたバンドネオンの調べ。秋のブエノスアイレスを思い描く、トミ・レブレロ6年ぶりの姫路公演。当日の演奏前は”small appetite”のスタイル、西宮・苦楽園口 ririnonoさんがセレクトされた季節の花をロングテーブルにしつらえ、その日の音楽と寄り添う季節の夕食と珈琲をご提供いたします。ブエノスアイレスへ誘われる秋の夜長をお愉しみくださいませ。

【本公演に寄せて】
私たちが5年前にアルゼンチンへ訪れた際にも、ブエノスアイレスの街を案内してくれたり、お家に招いていただいたりトミにはとてもお世話になりました。そのなかで、ティグレという郊外の水辺の街にある自然学校で開かれた春祭りにバンドネオン演奏するため一緒に誘っていただいたのですが、楽しそうに踊る子供たちと無邪気に演奏するトミに感動してしまいました。また、その場所に辿り着くまでの道中や電車の中でも「トミ~」と声をかけられたり人気ぶりがうかがえたのですが、ストリートミュージシャンに積極的に声をかけたり、音楽を演奏しているすべての人を大らかな気持ちで応援している音楽愛も感じました。人柄がにじみでる彼の音楽は言葉に大切に演奏しているようですが、スペイン語が通じない国では演奏に重きを置き、歌詞がしぜんと姿を現すような演奏を心がけているようです。そんな愛とユーモアを持った彼は、今年も京都音楽博覧会に出演するために来日、そしてジャパンツアーを開催されます。9月、2度目のHUMMOCK Cafe公演、自信をもってお薦めします。



"small appetite" vol.9 autumn

出演 | トミ・レブレロ(vo, bdn, g, ukulele, toys)
日程 | 2017年9月28日(木)
時間 | 18:00~21:30頃
場所 | HUMMOCK Cafe 姫路市的形町的形1864
料金 | 5,500円(演奏3,000 +秋の夕食と珈琲と菓子2,500)

◎ご予約・問合せ◎(8/20現在 定員の半数が埋まりました)
MAIL ticket.info.hummock@gmail.com
TEL 079-254-1400
※公演名・お名前・人数・連絡先をお伝えください
※テーブル付 指定席・予約制


Tomi Lebrero  (トミ・レブレロ)
ブエノス・アイレス出身のバンドネオン奏者/シンガー・ソングライター。オルタナ・タンゴ楽団の創世期に参加したのち、フォルクローレのリズムを基盤に、現在の感覚で、知識ある若者の言葉で、叙情性を感じさせる音楽に仕立ててアウトプット。人柄が滲む独創的なパフォーマンスが多くの共感を呼び、映像プロジェクト”Take Away Show” に取り上げられたり、周辺ミュージシャンへの客演も数知れず行うなど、アルゼンチンの音楽シーンで躍動。いままでに4枚のオリジナル・アルバム、2枚の映画サウンドトラックを制作、日本では傑作選「新観世音 -ヌエバ・カンゼオン」(TAIYO 0009)、ロシア人ヴァイオリン奏者アレックス・ムサトフとのデュオ・ライヴ盤「LIVE ! EN TOKIO」(TAIYO 0027) をリリース。トミ・レブレロが馬に乗ってアルゼンチン中を旅するロード・ムービー「No va llegar」(シロ・ベルセッチェ監督)が映画祭BAFICI (2016) 、MALBA(2017) にて上映。くるり主催の京都音楽博覧会への参加(2014, 2015) を含め今回が5度目の来日。


TOMI LEBRERO - QURULI - "Rock n Roll Honneymoon"

TOMI LEBRERO - No va a llegar ( Trailer película)

Take Away Show #104 _ TOMI LEBRERO

Tomas "Tomi" Lebrero - Siete Días

TOMI LEBRERO, "ON THE SHELF TV TOKYO- JAPAN"


Sunday, July 30, 2017

Calendar of August



【8月のおしらせ】
8/4(金)〜8(火)まで夏季休業をいただきます。

お盆は15日を除いて通常営業
お席や料理のご予約も承ります。
TEL 079-254-1400(9時〜19時)
皆さまのお越しを心よりお待ちしています。


なお、HUMMOCK WEBSHOPは
夏季休業中でも通常通りお買い物をしていただけます。
コーヒー豆、カフェ・オレ・ベース、音楽CDなど再入荷もございます。
(8/1現在、カフェ・オレ・ベース"matogata blend"の在庫がわずかになってきました)


Memories of July

7月は日々の営みを大切にしながら、お花と音楽の演奏会イベントが二つありました。過ぎた想い出を振り返りながら、またこれからのことを思い描く積み重ねが日々の糧にもなっています。西宮・苦楽園口の花屋ririnonoさん、ギタリスト鈴木大介さんには素敵な時間と想い出をもたらしてもらい、本当にありがとうございました。
-------------------------
*イベントの記憶* (よろしければリンク先の写真で雰囲気だけでも分かち合えれば幸いです)
■”海風わたる一日花屋” リリノノ
http://hummock.blogspot.jp/search/label/ririnono
花屋 | ririnono  flower and green design 
日程 | 2017年7月10日(月)

■"small appetite" vol.8 summer  ささやかな季節のコース食事&演奏会~夏
http://hummock.blogspot.jp/2017/05/2017712sun-small-appetite-vol8-summer.html
出演 | 鈴木大介(Classical Guitar)
日程 | 2017年7月12日(水)
-------------------------

そして、7月は臨時休業を二度いただいて、食に関わる場へ参加してまいりました。日常の感覚から抜け出してみて、初対面のひとの意見を聞いては、新たな視点の感覚や判断に役立つ、そんな充実感とこれからの課題も胸にじわじわと残りました。いまは日常に戻り、シンプルに心と行動を繋げて、その先にはたくさんの笑顔が自然と広がる。自分たちに出来ることを少しずつの想いでいます。
-----------------------------
*参加した食の場の記憶*
■7月2日(日)EAT & THINK <地産地食の学校>
http://foodhub.co.jp/daybook/958/
トークテーマ
・料理:「記憶」にのこる料理、「食材」と「メニュー」
・農:「基準」
・料理人と店:Chez Panisse & Jerome Waag、「役割」

とても素晴らしく、笑顔になる内容の<地産地食の学校>でした。

■7月23日(日)子ども食堂 @姫路 灘市民センター
HUMMOCK Cafeからほど近い的形町~白浜町エリアの子どもたち(親子も可)を対象に、家庭への食育面でのサポートを目的として、月に一度家庭料理を無料提供している場へ、メニューレシピを考えて調理支援をしてまいりました。主催者さんとボランティアスタッフの皆さんと朝10時ころから食材のはなしを交えながら子どもたちが口にするイメージを共有した調理。手馴れている方の段取りの良さにも助けられたり、子どもたちとの会話など普段とは違う気づきもありました。主催者さん曰く、まだ課題も残る状況ということで、必要としている家庭への情報伝達と家庭料理のバリエーション向上との意見が上がりました。自分たちとしては思案の末、今後は臨機応変に、HUMMOCK Cafeの営業を大切にしながら、子ども食堂用の家庭的なメニューレシピ考案を手伝い、当日は主催者へまかせて子ども食堂にて楽しく安全な手料理を提供してもらうかたちにて試行してみます。姫路 灘市民センターでの子ども食堂では、料理と子ども好きのボランティアさんも募集中のようです。行ける時は当日の調理も参加する月も今後あると思います。


---------------------------------------------------

そして、HUMMOCK Cafeへお越しいただくお客さまのなかにも、小さなお子様をもつ方々がいらっしゃり親子で穏やかな時間をお過ごしいただけたらと思っています。大人の方へより良い素材の自家製料理をご用意しているのと同じ感覚で、シンプルに純粋な材料の「こどもプレート」も営業時間中、はじめています(内容は日によって変わります)。
こちらのプレート&カップは、15年ほど前にイタリアの旅で購入した思い出の2セット。時も経ち新品のまま眠っていましたが、お店でお使いいただくのが一番なのでは、とふたりで話しました。
「MENU」については、こちらどうぞ ⇒ http://hummock.blogspot.jp/2008/04/blog-post_10.html


7月もご理解やご協力、ご助言をいただき実りある日々を過ごせました。ありがとうございました。8月もどうぞよろしくお願いいたします。




Thursday, June 29, 2017

Calendar of July


 初夏を感じられるのは残り数日でしょうか。海風が涼しく流れいる夕刻のバルコニーや植物に潤いをもたらす6月は、日々の営みのペースをすこし緩めて目の前の大切なことやひとに向き合える時間でもありました。HUMMOCK Cafeに訪れてくださる人たちに食や音楽と空間を通じて、季節の移ろいを感じていただいたり、またロングライフに寄り添う音楽CDや音楽家をお迎えして開催する演奏会など、これからも少しずつつていねいに続けてお届けしていこうと思っています。

 また、一個人の調理に携わる身として7月から新たな試みを始める予定です。HUMMOCK Cafe開業以来お世話になってきた地域と力をあわせて、福祉関係の調理出張に月に一度参加することになりました。新鮮で安全な食材を用いた手料理や温かい居場所は、家庭だけでなく地域のひとたちの協力のなかでサポートしていこうという想いに共感し、これまで積み重ねてきた感覚でのお食事が必要としている方に役立てれば、と同時にみんなで一緒に調理することで学ばせていただこうという思いでいます。

その関係もあり、7月はすこし不規則的な営業日になり、ご迷惑をおかけしますがどうぞご理解のほどよろしくお願い申し上げます。
《7月の営業おしらせ》※基本は月&火曜が定休日のところ、7月はイレギュラー月です

7/2(日)”EAT & THINK” に参加のため臨時休業
7/4(火)振替営業いたします OPEN 12:00~15:00/16:00~19:00

7/10(月)”海風わたる一日花屋” リリノノ OPEN 11:00~18:00(カフェ飲食は19:00まで) 
7/12(水)"small appetite" vol.8 summer~出演 鈴木大介(Classical Guitar)~楽譜『12のエチュード”12 Etudes”』出版お披露目ツアー vol.2 姫路公演 

7/17(月・祝)海の日は通常営業いたします
7/23(日)地域福祉の調理出張のため臨時休業
7/24(月)振替・通常営業いたします


『穏やかな空間で食と音楽をたのしむ店』
【HUMMOCK Cafe】☎お席のご予約承ります
Morning 9:00~12:00 (L.O.11:00)
Afternoon 12:00~15:00 (L.O.14:00)
15時~16時準備Close
Evening 16:00~19:00 (L.O.18:00)
兵庫県姫路市的形町的形 磯1864
TEL 079-254-1400
----------------

6月もあと数日。お食事メニューにデザートとして季節ケーキと自家焙煎コーヒー(またはUf-fuティ)をお付けした内容に変更してから、2ヶ月が経ちました。海と里山をのぞむ場所、的形でゆったりとしぜんな感覚で味わい訪れて下さる方々がご支援の言葉をかけてくださるようになりました。
また、WEBSHOPでの焙煎豆/リキッドコーヒーや音楽CDのお買い物というかたちでご愛顧下さるお客さま、口コミ等でご紹介くださる皆さまにも心より感謝の想いでいます。本当にありがとうございます。



Tuesday, June 13, 2017

Information of our menu

6月の上旬。お客さまからのご要望を受けて宗教上のヴィーガン向けの料理をグループでご用意させていただきました。植物性の食材のみ(肉・魚のほか、卵や乳製品不使用)ということで、豆やナッツや旬の野菜・果物を使った素材の滋味深いコース内容になりました。以来、ふだんのメニューのなかでもお好みを選んでいただけるようにご用意していますので、またご不明な点やご相談なども承ります。

そして写真は、初夏のメニューの一例になります。昼と夕方メニュー”クリオージョ”。季節野菜の前菜・お好みの季節料理3種・季節のケーキ・自家焙煎コーヒー(またはUf-fuティ)という内容です。お一人様でも少しずついろんな料理を味わっていただけたりとおすすめのメニューです。お選びいただく季節料理やケーキの写真は、今後「menu」にて更新してまいります(右サイドへの掲載がなくなりました)。よろしくおねがいします。

*    *    *

HUMMOCK Cafeは料理とケーキ、焙煎とハンドドリップと自家採取酵母パンの焼成とふたりで運営する店です。ご用意できる数に限りがありますので、お電話での料理ご予約も受付しています。
TEL 079-254-1400(月・火曜を除く9:00~19:00 受付)



Monday, June 12, 2017

Cafe au lait Base "matogata blend"


6月。無糖のオリジナル・カフェオレ・ベースがついに完成しました!
エチオピア豆を中心に焙煎したフルーティーな "matogata blend"。
初夏の的形より、お届けさせていただきます。
店頭/WEBSHOPにて、ご自宅用、贈り物としてもどうぞ。
(店舗向け卸販売もしておりますので、お気軽にお問い合わせくださいませ)

ラベルデザインはArgyle design 宮良当明さん。
穏やかな風を感じる爽やかな佇まいに、いつも感謝です。


この無糖カフェオレ・ベース用に5月の営業と併行して試作焙煎していました。めざした旨味と香味に近づき、ほっとしています。みなさまの憩いのアイテムとなりましたら幸いです。




Tuesday, May 30, 2017

2017.7.12.wed. "small appetite" vol.8 summer








・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



ささやかな季節料理と演奏会”small appetite(スモール アペタイト)”第8回は、ギタリスト 鈴木大介 氏をお迎えいたします。全編オリジナル曲の最新作 『12 Etudes for Guitar Solo』  (中島ノブユキ氏主宰SOTTOレーベルより)は、まるで水を得た魚のように五線譜の川を泳ぐギターのアルペジオと、その心地よい幕開けから 万華鏡のごとく音色が変化してゆく作品でした。そのアルバムの楽譜集も出版され、記念のライヴとしての開催です。当日の演奏前後には”small appetite”のスタイル、西宮・苦楽園口 ririnonoさんがセレクトされた季節の花をロングテーブルにしつらえ、その日の音楽と寄り添う季節の夕食と珈琲をご提供いたします。撥弦楽器としての和音の美しさに聴き惚れる、涼やかな夏の夕べをお愉しみくださいませ。


"small appetite" vol.8 summer

出演 | 鈴木大介(Classical Guitar)
日程 | 2017年7月12日(水)
時間 | 18:00~21:30頃
場所 | HUMMOCK Cafe姫路市的形町的形1864
料金 | 5,500円(演奏3,000 +夏の夕食と珈琲と菓子2,500)

◎ご予約・問合せ◎
◎7/5 ご予約満席/キャンセル待ちにて承ります
MAIL ticket.info.hummock@gmail.com
TEL 079-254-1400
※公演名・お名前・人数・連絡先をお伝えください
※テーブル付 指定席・予約制



Daisuke Suzuki
鈴木 大介

作曲家の武満徹から「今までに聴いたことがないようなギタリスト」と評されて以後、新しい世代の音楽家として常に注目され続けている。マリア・カナルス国際コンクール第3位、アレッサンドリア市国際ギター・コンクール優勝など数々のコンクールで受賞。現代音楽の初演や、アンサンブルとコンチェルトの膨大なレパートリーでの、明晰な解釈力と洗練された技術は、多方面からの評価を確立し、難度の高いプロジェクトにおけるファースト・コール・ギタリストの位置を維持している。最高水準と言われる武満徹作品の解釈のみならず、これまでに、多くの作曲家からギター協奏曲を含む多くの作品の初演を依頼されている。美術作品からインスパイアされたプログラムにも積極的で、これまでに国立新美術館「オルセー展」、ブリジストン美術館「ドビュッシー展」、都立現代美術館「田中一光展」を始めとする多くの美術展でのコンサートを成功させている。これまでに市村員章、福田進一、尾尻雅弘、エリオット・フィスク、ホアキン・クレルチ各氏に師事。第10回出光賞、第56回芸術選奨新人賞を受賞。 

■Daisuke Suzuki / 12 Etudes for Guitar SoloHUMMOCK WEBSHOP)








楽譜『12のエチュード”12 Etudes”』
出版お披露目ツアー vol.2

7.10(月)福岡 甘棠館show劇場 
7.11(火)松江  DOOR

2017.7.10 mon "1day Flower Shop" at Hummock Cafe





・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・




歳を重ねるごとに草花へ想いを寄せるようになっているような気がします。花がもたらす豊かな心を願って、はじめて一日出張花屋を開店していただくことになりました。友人伝いのご縁でHUMMOCK Cafeの食事&演奏会”small appetite”のテーブルに生けるお花をセレクトしていただいている西宮・苦楽園口のririnono林麗子さんをお迎えし、お客さまをイメージした花束を即興で作っていただきます。港町を背景に淡い色合いの草花がならび、お持ち帰りいただいた後もドライフラワーになっておたのしみいただけますね。当日は、通常営業(一部限定メニューあり)の中での花屋開店となり、お花目当てでも、ご飲食のみご利用でも、どうぞお待ちしています。

”海風わたる一日花屋” リリノノ

花屋 | ririnono  flower and green design 
日程 | 2017年7月10日(月)
時間 | 11:00~18:00(カフェは19:00まで)
場所 | HUMMOCK Cafe 姫路市的形町的形1864
料金 | 花束1,500円~

◎7/ 9 追記
お花空き状況:16:30~、17:00~、
カフェのご飲食利用やお花を観ていただいたり、というご来店は11:00~18:00オーダーストップまでいつでもご来店お待ちしております。その場合の席予約も承ります。
※ご予約優先にてお席をご用意できます TEL 079-254-1400






「ずうっと眺めていたくなる、そんなお花を・・・

子供の頃に好きな草花を摘んで束ねた、想い出。
毎年季節が巡って来る度に出会う草花の、記憶。

蕾がゆっくりと、ほころび
咲く時を知りそっと健気に、花が咲き
可憐に咲いた花が少しずつ、色褪せ
花の後に豊かな実や種を、宿す
そんな草花の小さくも大きく移りゆく姿を

素朴で優しく力強い草花たち

派手さはなく素朴だけど、
特別ではなく普遍だけど
“ずうっと眺めていたくなる・・・そんなお花を”

お花のように、しなやかに。
無私にそこにあるだけで
周囲を幸せにする
お花の儚さと強さ。
ririnonoはそんなお店でありたいと思います。」
(HPより転載)

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
7/5 追記
*当日限定食事メニューのおしらせ*
リリノノさんの季節の淡い花や緑の瑞々しさをイメージして、7/10(月)限定食事プレートを考えました。姫路のお世話になる有機栽培農家さんの野菜を中心に但馬鶏や自家製酵母パン、タルタ、爽やかな冷製スープのセット。
■食事オーダー:11時~17時
■価格:1,200円(写真の内容は状況により少し変わる場合があります)
そのほか、通常メニューの季節ケーキセット(900円)やコーヒー・紅茶メニュー(400円)自然派ワイン(750円~)もございます。
※ご飲食のみのご利用もしていただけます。お席のご用意は予約優先にて受付中です。

お花好きの皆さまとお会いできることをとても楽しみにしています。


Calendar of June


初夏の畑より収穫されるクリオージョ・メニューの季節野菜の前菜は、無農薬・有機栽培で育てていらっしゃる姫路・山田町の農家さんの野菜を使っています。貯蔵野菜の里芋はねっとりと甘みが増すなどジャガイモの収穫を待ついまの時期、ありがたい存在です。そんな端境期もある露地栽培の自然な環境のなかで育つ野菜は、市場での流通よりゆっくりのペースで収穫時期を迎え、生命の尊さと本来の個性を感じていただけるようです。


【6月のおしらせ】店休日/毎週 月曜・火曜
6/2(金)は特注のコーヒー豆の焙煎作業のため臨時休業とさせていただきます。
※週末はご予約がおすすめです。昼時は混雑している場合がございます。落ち着いた時間をお求めの場合は、朝11時までと夕方17時以降がおすすめです。

瀬戸内海と小山に囲まれた風景を窓越しに、食後の余韻にコーヒーの香りや初夏のBGM音楽を感じるひと時。みなさまのご来店をお待ちしています。

【HUMMOCK Cafe】
Morning 9:00~12:00 (L.O.11:00)
Afternoon 12:00~15:00 (L.O.14:00)
15時~16時準備Close
Evening 16:00~19:00 (L.O.18:00)
兵庫県姫路市的形町的形 磯1864
TEL 079-254-1400


Friday, May 26, 2017

Summer Blend Coffee


毎年好評いただいている夏のブレンド ”ヴェラーノ”はじめました。
凛とした深み、艶っぽい甘み。わずかに感じるトロピカルフルーツ感。5種類の産地をブレンドした複雑味があり、急冷アイスコーヒーでもお愉しみいただけると思います。ややしっかり系のコーヒーが好みの方におすすめです。

期間:2017年5月25日~2015年8月中旬まで予定
■Verano ケーキセット900円 / 豆100g 500円

通販はこちら HUMMOCK WEBSHOP

Tuesday, May 2, 2017

Calendar of May


5/3-7 G.W 通常営業 ※事前予約優先にて
5/13(土)HUMMOCK Cafeにて15周年記念演奏会
JAKOB BRO SOLO / KAZUMA FUJIMOTO×MASAKI HAYASHI
※5/14(日)営業時間変更させていただきます【14:00~19:00 カフェ・ケーキメニューにて】
5/15(月)12:00から通常営業
5/21(日)〈しそう森のバザール〉にコーヒー出張営業
5/22(月)12:00から通常営業


『穏やかな空間で食と音楽をたのしむ店』ご予約優先
【HUMMOCK Cafe】
Morning 9:00~12:00 (L.O.11:00)
Afternoon 12:00~15:00 (L.O.14:00)
15時~16時準備Close
Evening 16:00~19:00 (L.O.18:00)
兵庫県姫路市的形町的形 磯1864
TEL 079-254-1400

Monday, May 1, 2017

Sound of May

今日から5月。
「大切なものは目には見えない」というフレーズはご存じな方も多いかもしれませんね(フランスのアントワーヌ・ド・サン=テグジュペリの名作『星の王子様』から)。自分たち大人はいつからか、物事を数字や見た目で価値や評価をしてしまうことや、表面的な言葉に惑わされて不安に駆られたりすることがあるように思います。その見た目の裏側に培われた時間や苦楽を通じて育んできた人との絆など、挙げればたくさんありますが、そんな目に見えないものや、言葉よりも関わる方々の本質的な部分に想いを馳せてみることで、見え方や扱い方や感じ方により深く気持ちがこもり、心に積み重なっていくのかなと、気付かされます。

そんなことを思うG.Wの中休み。
今年になって演奏会にご出演いただいた、内田輝さん、Fábio Caramuruさん、そして今月開催にご出演予定のJakob Broさん、藤本一馬さんと林正樹さんの音楽から共通する美しい一面を感じながら綴っています。
彼らの楽器はソプラノサックスやクラヴィコード、ピアノ、そしてエレクトリックギターとアコースティックギターというもので、一音一音のなかに漂う”間”には、”ゆらぎ”や”うねり”のような音の波動が漂い、自ら感じ取っていくことによって空間や環境に呼応した独特ののびやかな美しい音楽と感じます。

これまでを振り返りながら、ニ週間をきった次の演奏会5/13(土)の音楽家についてあらためてご紹介いたします。

Jakob Bro/ヤコブ・ブロ
インタヴュー(取材・文 / 柳樂光隆 / 2017年3月 / CD Journalサイトにて)
少し長いと感じるかもしれませんが、作曲や演奏への探求心とチャーミングな一面も垣間見れる内容です。

○参考ライヴ映像



○音楽の間を聴くクワイエットミュージック入門 藤本一馬×林正樹
インタヴュー(文 / 金子厚武 / 2016年4月 / CINRA.NETサイトにて)
2017.5.13.sat
JAKOB BRO SOLO / KAZUMA FUJIMOTO×MASAKI HAYASHI
【Bro / Kazuma / Masaki】Japan Tour 2017 in Himeji
http://hummock.blogspot.jp/2017/04/2017513satjakob-bro-solo-kazuma.html
演奏会にて、音楽家と空間から目に見えない大切な何かを感じとってみてはいかがでしょう。ただいまメールと電話にてご予約受付中です。

月刊ジャズ情報誌「WAY OUT WEST 5月号」に、案内情報を掲載していただいています。店内に毎号設置していますので、どうぞご覧くださいませ。

【Bro / Kazuma / Masaki】Japan Tour 2017
ヤコブ・ブロ(e-g) / 藤本一馬(a-g) / 林 正樹(p)
2017年5月12日(金)

2017年5月13日(土)

2017年5月15日(月)


Sunday, April 30, 2017

2017.5.13.sat.JAKOB BRO SOLO / KAZUMA FUJIMOTO×MASAKI HAYASHI in Himeji

【Report】BRO/KAZUMA/MASAKI Japan Tour 2017 姫路公演

五月の的形。
デンマークの空気をわずかに感じる夜風のなか、星の川をわたるカモメが時折姿を現し、静寂にネイチャーサウンドを響かせていました。
藤本一馬さんと林正樹さんのデュオは、暮れなずむ青い時間に零れ落ちるほど美しい旋律を奏で、ヤコブ・ブロさんは、アンビエントでハートウォーミングなエフェクトを用いたギターソロ。その繊細な音色を聴き込もうとじっと耳を傾ける。観客と音楽家がクワイエットな空間を創り上げ自然音との調和はこれまでにないマジカルなものでした。そして、アトモスフィアを大切にした3人の演奏に、まだ見ぬ音の桃源郷を瞼の裏に見ることのできたかけがえのない一夜となりました。
遥々各地、国外からもご来場下さった皆さま、ヤコブ・ブロさん、藤本一馬さん、林正樹さん、ありがとうございました。







ライヴの翌朝、わずかな時間でしたが姫路観光へ行きました。
『明珍火箸』さんの工房へ訪問し、火箸風鈴の倍音の響きや、チタン鈴の伸びやかな余韻、手打ち鍛造の制作過程など見学させていただきました。音響系の音楽家とも交流の深いヤコブさんは東洋の神秘の音色にとても興味をもっていらっしゃいました。




ヤコブさんは、食に関してとてもナチュラル志向で、好き嫌いは無いもののオーガニックな食材を好み、レストラン『noma』の話から、友人がコペンハーゲンの『The Coffee Collective』に勤めていること、酸味系のコーヒーや繊細な自然派ワインについてなど食についてひとしきり盛り上がりました。また、自宅にはフィンユールのソファやハンス・J・ウェグナーのシェルチェアなど愛用していらっしゃるそうです。
疲れているはずなのに一緒に姫路観光を楽しみたいなど、友人と過ごす時間を大切にする生きるセンスの良さに感嘆しました。またの来日を切望します!
 
2017.5.16



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・





HUMMOCK Cafe 15 th anniversary
JAKOB BRO SOLO / KAZUMA FUJIMOTO×MASAKI HAYASHI 
~牧歌的音像風景のゆらぎ、まだ見ぬ音の桃源郷~

”静寂の次に美しい音”をコンセプトにしたドイツの名門音楽レーベル“ECM”から作品をリリースしているデンマークのギタリスト、ヤコブ・ブロが再来日し、藤本一馬 with 林正樹とのジョイントライブが決定しました。ヤコブ・ブロさんはソロギターパフォーマンスを、また藤本一馬さんは新作『FLOW』の楽曲を中心に、作品でも共演しているピアニスト林正樹さんとのデュオ演奏を予定とし、薫風香る五月の的形にてにて開催させていただきます。

ヤコブ・ブロさんの作品のなかでも"スカンジナヴィア神話に登場する農業の女神"を意味するアルバム『Gefion』は、個人的にカフェの閉店後によく聴く愛聴盤で、音数は少なく感じるものの、独特の浮遊感や旋律に心を掴まれる瞬間が幾度と訪れ、穏やかさの中に強い意志を感じいつも勇気をもらっています。そして、日本とデンマーク外交関係樹立150周年を迎える今年、ヤコブさんともハンモックカフェともゆかりのある作曲家ギタリスト藤本一馬さんと作曲家ピア二スト林正樹さんを迎え、三人の個性が融合し、新たな共鳴が生まれることでしょう。


出演 | ヤコブ・ブロ (E.gt)、藤本一馬 (A.gt)、林正樹 (pf)
日時 | 5 月 13 日(土) 開場 18:00/開演 19:00
会場 | HUMMOCK Cafe 姫路市的形町的形1864
料金 | 4,500円 (1d 別途) フードメニューあります

◎ご予約・問合せ◎ 5/10現在 残席わずか
MAIL ticket.info.hummock@gmail.com
TEL 079-254-1400
※公演名・お名前・人数・連絡先をお伝えください
※先着順自由席 限定50席


ヤコブ・ブロ 
1978年デンマーク生まれ。栄誉ある〈デンマーク・ミュージック・アワード〉を現在まで6度受賞。故ポール・モチアン率いるエレクトリック・ビバップ・バンドに参加し、若手有望株として注目を集めたギタリスト。近年はポスト・ロック的とも言える非ジャズ系空間サウンドを響かせ、絶妙なストーリーを奏でるユニークなギタリストへと成長。様々な音楽の持つアンビエントな質感を自分の中に取り込むことに成功し、そのギターから発せられる不思議なサウンドはそれらを包み込み、美しいサウンドスケープを醸し出す。”静寂の次に美しい音”をコンセプトにしたドイツの名門レーベルECMより『Gefion』『Streams』をリリース。


藤本一馬
ミュージシャンの父の影響で幼少期より独学でギターを弾き始め、ジャズ、南米の音楽をはじめとする広汎なワールドミュージックに親しむ。1998年ヴォーカルのナガシマトモコとorange pekoeを結成。1stアルバムのセールスが35万枚を超え、アジア各国や北米でのCDリリース、ライブ公演など幅広い支持を獲得。その後、初のソロ・アルバム『SUN DANCE』(2011) を発表し、これまでソロ、デュオとして『Dialogues』『My Native Land』『Wavenir』『FLOW』の5作品をリリース。Carlos Aguirre、Andre Mehmari、中島ノブユキ、林正樹、伊藤志宏など様々なアーティストと共演。多様な音楽的造詣を、明敏な感覚により汲みとられた現代性とともに収斂させる陰影を含んだソングライティングは高い評価を獲得している


林正樹
1978年東京生れ。大学在学中の1997年12月に伊藤多喜雄&TakioBandの南米ツアーに参加。音楽家としてのキャリアをスタートさせる。現在は自作曲を中心とするソロでの演奏や、生音でのアンサンブルをコンセプトとした「間を奏でる」、田中信正とのピアノ連弾「のぶまさき」などの自己のプロジェクトの他に、「菊地成孔とペペ・トルメント・アスカラール」、「Salle Gaveau」,「Blue Note Tokyo All Star Jazz Orchestra」など多数のユニットに在籍。演奏家としては、渡辺貞夫、小野リサ、椎名林檎、長谷川きよし、をはじめ、多方面のアーティストと共演。多種多様な音楽的要素を内包した、独自の諧謔を孕んだ静的なソングライティングと繊細な演奏が高次で融合するスタイルは、国内外で高い評価を獲得している。昨年秋にソロピアノ・アルバム『Lull』を〈SPIRAL RECORDS〉よりリリース。


SONG X LIVE 045
Bro / Kazuma / Masaki  JAPAN TOUR 2017
http://www.songxjazz.com/news/2017/05/275.html
「生まれ育った国も場所も違う3人が目指す音の描写は、“音楽的兄弟”とも言えるくらい近い方法で、音をうかび上がらせる。個性的なレイヤーが重なり合うことよって起こる濃密な融合。名手だからこそ可能な、限りなく繊細でいて心を和ませるような音の対話をお楽しみください。」
(企画元ソングエクスジャズより)



Denmark and Japan - 150 Years
Event Calendar  (リンク先は共にデンマーク大使館サイトです)