Saturday, October 20, 2018

2018.12.21.fri. A three guitars night



ご来場下さった皆さま
ギジェルモ・リソットさん、鈴木大介さん、藤本一馬さん
ありがとうございました。








A three guitars night
~聖なるギターの夜

国籍や生い立ちのことなる3人のギターの名手が三者三様のソロ演奏を中心に初共演します。静かな冬の夜、港に降り積もる初雪のように淡い音の波紋を描くー。

出演 | ギジェルモ・リソット(echizen guitar)
     藤本一馬(echizen & suhr guitar)
     鈴木大介(imai guitar)
日程 | 2018年12月21日(金)
時間 | 18:30開場 - 19:30開演 - 21:30頃終演予定
会場 | HUMMOCK Cafe 姫路市的形町的形1864
料金 | 予約4,500円/当日5,000円(ご来場先着順自由席)

◎ご予約・問合せ先※12/18定員に達したためキャンセル待ちにて受付いたします
TEL  079-254-1400(店休日を除く9:00~19:00)
※公演名・お名前・人数・連絡先をご明記ください
※HUMMOCK Cafe 店頭でも受付いたします
※当日は別途料金にて軽食やドリンクメニューもございます



photo by KEI TANIGUCHI
Daisuke Suzuki / 鈴木大介
https://daisukesuzuki.at.webry.info/
今井勇一ミレニアム・モデル ギター使用

クラシックギタリスト。作曲家の武満徹から「今までに聴いたことがないようなギタリスト」と評されて以後、新しい世代の音楽家として常に注目され続けている。マリア・カナルス国際コンクール第三位、アレッサンドリア市国際ギター・コンクール優勝など数々のコンクールで受賞。斬新なレパートリーと新鮮な解釈によるアルバム制作は高い評価を受け、「カタロニア讃歌~鳥の歌/禁じられた遊び~」は平成17年度芸術祭優秀賞を受賞。 平成17年度芸術選奨文部科学大臣新人賞、第10回出光音楽賞受賞。洗足学園音楽大学客員教授。横浜生まれ。



*  *  *  *  *


photo by Takeshi Yoshimura
Guillermo Rizzotto / ギジェルモ・リソット
https://www.guillermorizzotto.com/
Echizen Guitar 使用

アルゼンチンの伝統音楽を心に宿し、新たな解釈で継承する若き“印象主義”ギタリスト、ギジェルモ・リソット。1980年生まれ、アルゼンチン・サンタフェ州ロサリオ出身、ギタリスト、作曲家、編曲家、プロデューサー。12歳でギターを始め、19歳で地元のロサリオ音楽学校を卒業し、プロとして活動を始める。2006年に、10年以上の書きためた作品から吟味した初のオリジナル・ソロ・アルバム『ソロ・ギターラ』を発表。その後スペイン、バルセロナへ移住し現在まで活動拠点としている。長らく入手困難だった『ソロ・ギターラ』が日本で2012年春に国内盤としてリリースされ、南米音楽~フォルクローレのリスナーはもとより、クラシック・ギターのファンにまで幅広く支持され、異例のロングセラーを記録し一躍注目の存在となった。2013年春『情景の記憶(ソロ・ギターラ II)』のリリースに合わせ待望の初来日。インティメイトで繊細な演奏で全国のファンを魅了し、ツアーは大成功をおさめた。2014年、北欧ノルウェーのフォーク・ミュージック/楽器の演奏者たちとレコーディングした意欲作『ヴィンドゥ』を発表。2015年、ギター独奏曲集3作目『ラ・エテルナ・メモリア』をリリース。

ささ saa


*  *  *  *  *


photo by Masaaki Miyara
Kazuma Fujimoto / 藤本 一馬
http://kazumafujimoto.com/
Echizen Guitar / Suhr Guitar 使用

ギタリスト、作曲家。雄大な自然からの着想、自己の内面を投影した作曲性と独創的な演奏で、これまで国内外のアーティストとのライヴやレコーディング作品への参加に楽曲提供など、多種多様な活動を展開。リーダー作品には、国内の共演者とのアンサンブルを軸に 南米よりCarlos Aguirre、Renato Motha & Patricia Lobato、André Mehmari、Silvia Iriondo、Joana Queirozらを録音に迎えリリース。『SUN DANCE』(2011年) 『Dialogues』(2012年) 『My Native Land』(2014年) 『FLOW』(2016年) 藤本一馬/伊藤志宏『Wavenir』(2014年) また、2018年結成20周年を迎えるナガシマトモコとのユニット〈orange pekoe〉では同世代を中心に大きな支持を受け、広いヴィジョンとその音楽性は高く評価されている。


Tuesday, October 16, 2018

2018.11.24.sat. "small appetite" vol.12 ~early winter





【Report】11/24  "small appetite" vol.12 ~early winter  
Walter Lang Solo Piano

ご来場くださった皆様がスマイルでエンジョイされていたほんとに佳い演奏会でした。
ウォルターラングさんには、帰り際「この空間を維持し続けてください」と自分たちへのメッセージもいただき励みになるとともにとてもロマンティックで美しい一夜となりました。
ご来場いただいたお客様、当日ピアノ調律を入念にしていただいたアトリエピアノピアの小川さん、本当にありがとうございました。



*  *  *  *  *



次回、ささやかな季節料理と演奏会 small appetite  vol.12  は、ドイツより、ピアニスト作曲家Walter Langをお迎えします。ロングテーブルには苦楽園の花屋 ririnono 林麗子さんがセレクトされた季節の花をしつらえ、その日の音楽と寄り添う季節の食事と珈琲をご提供いたします。”人の心に明かりを灯すピアニスト” と表現されるラングさん霜月の宵、優しく端正な世界に触れる演奏をお愉しみください。


small appetite vol.12
~ early winter

出演 | ウォルター・ラング(piano)
日程 | 2018年11月24日(土)
時間 | 18:00開場(食事) - 19:00開演 - 21:00頃 終演予定
※19:00頃から演奏のみ観覧席もご用意できます

会場 | HUMMOCK Cafe 姫路市的形町的形1864
料金 | 6,000円(演奏+季節の夕食と珈琲)/ 4,000円(演奏+1ドリンク)


◎ご予約・問合せ◎※食事付き席の予約受付終了しました。19:00~の観覧席はご予約受付中です。
MAIL ticket.info.hummock@gmail.com(3日以内に返信いたします)
TEL 079-254-1400(店休日を除く9:00~19:00)
※公演名・食事の有無・お名前・人数・連絡先をお伝えください
※食事付の場合はテーブル付 指定席・予約制
※【予約のキャンセルについて】事前に人数に応じた準備物が必要な公演のため、3日前11/21以降のキャンセルや参加人数の減少があった場合は申込者様にキャンセル料をご請求させていただきますので、ご理解下さいますようよろしくお願いいたします。


WALTER LANG | ウォルター・ラング
http://www.walterlang.de/

1961年ドイツ・シュヴェービッシュ・グミュント 生まれ。 アコーデオンとピアノを演奏する父と祖父のもとで育った。ボストンのバークリー音楽院とアムステルダム芸術大学でピアノと作曲を学んだ。トリオは世界中をツアーしており、特に日本のジャズファンから愛される。また2005年にTRIO ELFを結成。ブラジルの大御所、ミルトン・ナシメントを迎えレコーディングやライブを行い、ブラジル音楽を取り入れる。2008年にスウェーデン出身のトーマス・マークソンとドイツ出身のセバスチャン・メルクを加え、新生「Walter Lang Trio」へと再編。これまでジャズ界の巨匠たちとの共演を果たし、現在はドイツの名門レーベル、ECM所属の日本人アーティスト、Shinya Fukumori Trioのピアノを担当するなど、幅広いジャンルで活躍中。