Monday, February 28, 2022

Nicaragua Coffee & Compost

春光を感じるようなニカラグアのコーヒーが入荷。

店頭/通販にオンリストしました。

香味のニュアンスはアプリコット、ロゼワイン、フローラル、メローネスなど気品あるアロマを感じます。数年前にもHUMMOCKへ入荷したことのあるサンタマリア・デ・ローデス農園のコーヒー豆ですが、常に挑戦・深化しているようで、今回入荷分からは コーヒー豆は自然から享受されているのだということすら感じてしまうほど豊かな香味に包まれています。その特徴が分かりやすい焙煎度を目指し風味をなるべくそのまま活かせれるよう中煎りに仕上げました。以前入荷した弊店焙煎の「コスタリカ・ラ・ロカ」や、「コロンビア・ウィラ・ラ アルヘンティーナ」の香味傾向が好みの方には特におすすめです。



また、2月のコーヒー焙煎業務のなかでひとつご紹介させていただきますと、東京・目黒 Hummingbird coffee(ハミングバード コーヒー) さんのオリジナル・カフェオレベース製作におけるコーディネートと焙煎工程を担当させていただきました。特に焙煎豆の香味へのニュアンスについては互いの信頼関係のもと、目指す方向へと完成と納品へのお手伝いを担えたことに感謝いたします。お近くへと機会がありましたら、どうぞ足をお運びくださいませ。https://www.hummingbirdcoffee.jp/



そして下の写真は、昨年6月よりはじめたコンポストです。コーヒーかすとコーヒーチャフ、そして野菜くずや卵の殻などを発酵させて堆肥作りをしています(生ごみはほぼゼロになりました)。今年2月に初めて畑にまきました。何もない固い土壌だったのでひとまず耕しすき込んで土づくりをしています。長期的に無理なく可能なコーヒーと食の循環を目指した畑作りを これから始められたらと試み、取り組んでいます。

焙煎時に集塵されるコーヒー豆の薄皮(チャフ)