Friday, February 26, 2010

素晴らしきメランコリーの世界


先日での東京で行われたイヴェント。
「bar buenos aires」

にわかに盛り上がりつつあるアルゼンチン音楽シーンをいち早く聞いてきました。
偏西風が吹き荒れるパタゴニアの大地。光、水、風、自然の音と共鳴するアコースティックギター、壮大なスケールで聞こえてくるピアノのメロディ、詩的に表現される叙情的な歌。今まで体感したことのない美しい音の世界があまりにも衝撃で心動かされました。郷愁感や切なさを感じる音楽も身に沁みます。想像以上に引き込まれ最近は店内でもずっとでBGMかけています。この素晴らしい音楽を皆さんにもどうしても伝えたくて、このたび貴重なCDを販売できることになりました。アルゼンチンからの便が少ないのと、自主制作の手作りCDらしく少量ずつの入荷になると思いますが、また入荷しましたらブログでお伝えします。お楽しみに。
写真は吉本宏さん(左)と山本勇樹さん(右)です。

Tuesday, February 23, 2010

新メニュー追加

ようやく完成、ご案内できます。前回の日記でも新メニューの取り組みについてふれていたとおり、2月24(水)よりレギュラーメニューに加わります。

*坊勢産タコのパテと季節野菜のキッシュプレート  700yen
  一般にパテは豚肉、レバーなどで作ることが多いですが、
  当店では瀬戸内のタコと香味野菜に自家製ピクルスやチーズを加え、
  自家製グラハムパンと共にあっさりと召し上がれます。季節野菜の
  キッシュはディナーの定番になっている前菜ですが、人気のため
  お昼にも登場です。(仕込み頑張らなければ・・・!)
オーダー 12:00~21:00

トマトベリーのロールケーキは看板メニューの一つになりつつありますが、じつはもう1種、甘みの濃いアロマを感じるプチトマトがcal-farmさんで栽培されています。品種名ピッコラカナリア。艶のあるオレンジ色と豊富なカロチンが特徴で、サラダなどに使用していましたが、今回素材の甘みをいかしたケーキに仕上げました。

*ピッコラカナリア チーズタルト  400yen
  自家製ジャムの「ピッコラカナリア&キャロット」をクリームチーズと
  合わせ焼き上げたベイクドタイプ。瑞々しいトマトの味わいと、
  宇治抹茶タルトの香り。生クリームを控え九州ふくゆたか大豆の
  豆乳を使用。体にいいだけでなく美味しいのが一番。
オーダー 12:00~21:30
(このケーキはレギュラーメニューではなくトマトベリーロールと同様、収穫にあわせて作るので期間限定になります。)




あと先週金曜の19日は臨時休業にさせていただいたおかげで、私たちにとってとても実のある経験ができましたので、お礼と少しご報告を。
当店では「フルーツシールカレンダー」や「公園通りに吹く風は」(アプレミディライブラリー)、でご紹介したことのある音楽文筆家、吉本宏さんの案内で東京へ行ってきました。たくさんの方がたとの出会いと私たちが今求めているモノに確実に出会えた実感ができた一日でした。<おいしい料理とコーヒーと音楽の関係>を追求して日々営業している私たちにとってこの得たモノを、さまざまなかたちで今後お客さまにお伝えしていきたいと思っています。

<出会った方がた>
吉本宏さん、山本勇樹さん(HMV)、橋本徹さん(アプレミディ/サバービア)、岡本仁さん(ランドスケーププロダクツ)、伊藤亮介さん(大洋レコード)、江利川侑介さん(ディスクユニオン)、アヒルストア、カフェディモンシュ、クラーロ、大場さん(bar cacoi)・・

Tuesday, February 16, 2010

もうすぐ春ですね。

一雨ごとに春の訪れを期待しながら、少し早めの春メニューのご案内です。

<3月末頃までの期間限定>

*季節野菜のアルフレードソース タリアテッレ
  ~ロマネスコと桜~
        (ミニサラダ付)1100yen (18:00~21:00)

ロマネスコはイタリア品種でカリフラワーのように花蕾を食べるお野菜です。cal-farmさんにお願いして昨年9月ころに種まきし、栽培していただいておりました(画像左)。そして、このたび小振りながらもしっかりと甘みと歯ごたえのある初収穫物をいただきました。形がイガイガしてますがエグミやアクなどなく、例えるならアスパラガスのような感じの味でしょうか。その甘みと滋賀・近江八幡の桜(塩付け)の香りをタリアテッレに絡めました。

*タリアテッレ・・・ベネディットカヴァリエーレ社の低温長時間乾燥で手作り製造されたパスタを使用しています。
*アルフレードソース・・・生クリーム、バター、パルメジャーノチーズのみのシンプルなソースでパスタの小麦の味が際立って味わえます。
今月初めにレンコン農家の姫路・大津に行って来ました。レンコンの沼はあと少しを残してほぼ収穫されたあとでした。3月には今期の収穫は終わるそうです。あともう少しの期間ですが、美味しくたくさん召し上がっていただけるようにメニューに加えています。
(一例)季節野菜の挽肉カレー、レンコンのピクルス、レンコンとカキのグラタン

いま取り組んでいるのを少しお知らせすると、ピッコラカナリアというトマトを使ったケーキ。それと終日軽く食べれてカフェにもお酒にも合う料理メニュー。
近々ご案内できると思いますので、またご覧いただけるとありがたいです。