Friday, August 5, 2022

Masayoshi Fujita Solo Vibraphone Live 2022.9.4 sun

 



~虫の音色が響く初秋の夕べの演奏会~


【Masayoshi Fujita Solo Vibraphone】

日程|2022年9月4日(日)

時間|開場17:30/開演18:00

演奏チャージ料金/ご予約様 3500円



ヴィブラフォン、マリンバ奏者、作曲家 Masayoshi Fujita / 藤田正嘉さんのソロ演奏会を開催いたします。当店では以前 ドイツ・ベルリンから一時帰国のツアー中の会場の一つとして、2016年3月の“small appetite” vol.2 出演アーティスト  にお迎えしました。現在、日本に移住しながらインターナショナルな活動を続けていらっしゃいます。最新作『Bird Ambience』では、新たにマリンバを中心にアコースティック・ヴィブラフォンやエレクトロニックな音、実験的、即興的な音楽性を統合し、自身の集大成となるサウンドを展開したソロアルバムになっています。

初夏に続き、ありがたいことに尊敬するアーティストをお招きする演奏会の開催。芸術に触れることは心の栄養だと感じます。幻想的な音に満ちる初秋の夕べ、観客人数を従来よりも減らした開催となります。ご予約はお早目に、どうぞお待ちしております。




Masayoshi Fujita / 藤田正嘉


https://masayoshifujita.com/

ヴィブラフォン、マリンバ奏者、作曲家。

幼少期より演奏していたドラムからヴィブラフォンへ転向後、伝統的な演奏スタイルやテクニック、作曲法にとらわれる事なく唯一無二の音とヴィブラフォンの新たなる可能性を追い求める。2006年よりドイツ・ベルリンに拠点を移し、オリジナル作品の作曲・演奏活動を開始。イギリス・ロンドンのレーベル、イレースト・テープスからアルバムをリリースし、ヨーロッパをはじめ世界各国でのコンサートやフェスティバルなどに出演する。これまで10枚のアルバムをリリース。日本では、2016年にゴンチチの三上雅彦氏とコラボレーションアルバム『Conjecture』を発表。その他、映画やブランドのイメージビデオなど様々な映像作品への音楽提供も手がける。2020年より、自然の中で制作活動をするという長年の夢を叶えるため兵庫県香美町に移住。山の上の集落にスタジオを構え、その雄大な自然からインスピレーションを受けながら新たな音を世界に発信している。時に楽器の上に様々な物をのせて演奏する「プリペアド」という手法を用い、ヴィブラフォンの持つ独特の音色にさらなる色どりと響きを与えている。しばしば映像的と評される彼の音楽は、霧の深遠さと静けさ、荘厳な山々などからインスピレーションを受けた独特の雰囲気と世界観を持ち、まるで物語の挿絵のように聴く者の脳裏にその情景と物語とを映しだす。また同時に、ヴィブラフォンという比較的新しい楽器の未開拓の美しさを探求し、オーケストレーションや音楽それ自体の新たなる魅力を追い求める。別名義であるel fogでは、様々な実験的アプローチを用いつつ、アコースティックとエレクトロニック及びアナログとデジタルの狭間で、ヴィブラフォンとエレクトロニック・ミュージックの融合を試みている。また、ドイツのエレクトロニック・ミュージックの重鎮Jan Jelinek(ヤン・イェリネック)とも継続的にコラボレーション作品を発表。全世界から高い評価を受け、様々な国のフェスティバルやライブに出演している。

2021年に発表した最新ソロアルバム”Bird Ambience”では、これまでに様々なプロジェクトで取り組んできたアコースティック・ヴィブラフォンやエレクトロニックな音、実験的、即興的な音楽性を統合しつつ、新たにマリンバを中心に据えパーカッションやドラムなども取り入れた、自身の集大成であり新境地ともいえるサウンドを展開している。


■MUTEK.JP Tokyo フェティバルでのインタビュー

https://tokyo.mutek.org/jp/news/bs-masayoshifujita








〈ご予約方法〉予約受付中 メール受付 hummockcafe0525@yahoo.co.jp

ご来場者様全員のお名前フルネーム

代表者様の携帯電話番号 上記を2点をご明記の上、件名を「9/4Masayoshi Fujitaライヴ予約」にて受付いたします。

なお、「チケット料金先払い制」とさせていただきますので ご返信いただいた方には口座情報をメールいたします。 ご入金確認後、ご予約完了とさせていただきます (先払い制についてのご注意事項はあらためてお伝えいたします)。





*************************




過日、Masayoshi Fujitaさんのスタジオへ訪れました。

ドイツ・ベルリンにて13年間活動され、

現在は、雲海が見渡せるほどの高地にある山腹の小さな集落に拠点を移し

四季が濃い自然あふれる環境のなか制作活動を続けられています。

運命に導かれたFujitaさんにとっての理想郷。

ご本人も今回の演奏会を楽しみにされていました。








Friday, July 22, 2022

Calendar of August 2022


2022年8月の営業カレンダー
通常営業・ご予約・詳細は〈ご来店前に〉をご覧ください

2022.7月より午後の【1~6名様13:00~16:00L.O】
アフタヌーン喫茶スイーツセット〈サマービーツパフェ〉は
2階バルコニー席が空いていれば、予約なし当日でもご提供させていただきます
(受付窓口は1階になり、当日ご来店の場合、席へご案内まで少しお待ちいただくことになります)



毎週月曜・金曜 店舗休業日

 


*  *  *





2022年7月より、「穏やかなソワレ」として、ひと月に一度 音楽作品の販売/試聴会を開催しています。

店内に設置のlistude(sonihouse) scenery スピーカーにて試聴。あたらしい音楽の扉を開く交流会として、音楽作品選びのお手伝いをさせていただければと思います。コロナ禍以前のようにゆっくりと試聴などしていただきながら販売ができたら、という思いがありました。そして音楽作品についても、アーティストや制作会社など関係者の熱意の結晶のような新作が続々リリースされています。静かな夜のお時間、ご都合よろしければ、どうぞご予約お待ちしています。
また、ご参加頂いた方々には、HUMMOCK Cafe が企画する演奏会の先行案内予約もお知らせいたします。


穏やかなソワレ vol.2 ※ご来店前予約制
日程  |2022年 8月10日(水)
時間  |19:00〜21:30(最終入店21:00)途中入退店可能です
会場  |HUMMOCK Cafe 2階店内
参加費 | 1人/3,500円(音楽作品1作品と1ドリンク代込み)
※音楽作品によって価格が異なりますので
個々に返金/追金対応させていただきます

予約方法 |メール hummockcafe0525@yahoo.co.jp
おひとり様よりご予約受付いたします
件名を「穏やかなソワレ」にて
「ご参加者全員のフルネーム」と「お電話番号」「ご来店予定時間」をお伝えください

ジャンルなど音楽性については、これまでに開催した演奏会のページ〈PAST EVENT〉をご参考にしていただけると幸いです



HUMMOCK Cafe
Hummock Coffee Roaster
hummock label
〒671-0111
兵庫県姫路市的形町的形1864


ご予約お問合せ先
ご来店どうぞお待ちしています。


近日、「夏のコーヒー&焼き菓子セット」を通販サイトにて販売開始予定です。
ご注文もどうぞお待ちしています。


みなさま、佳い夏を
健やかなお身体にご自愛くださいませ。





Friday, July 15, 2022

Circulate Coffee Grounds to Soil


2021年6月よりはじめたコンポスト。
抽出後のコーヒーカスや焙煎時に集塵される豆の薄皮(チャフ)、
そして野菜クズなどを堆肥化して土に循環する試み。

定休日に面倒を見れるくらいの小さな畑を始め、
店から出る生ゴミの大幅な削減をしつつ、
ようやく1年かけて堆肥作り〜土作り〜収穫
(と言えるほどもなく僅かな量) まで辿り着きました。

画像ではあっという間にできた感じではありますが... 
収量よりも循環できたことにまずホッとしています。
種から育て無農薬・無化学肥料にて栽培した この野菜は 
2階カフェでご予約の方に使用しています。
どこまで循環を続けれるかコーヒーカス堆肥を作り続けようと思っています。
少しづつできることから...














Piano Instrumental from Argentina



julian tenembaum/fragmentos


冷静と情熱。
アルゼンチン発ピアノ・インストゥルメンタル作品。
1994年生まれの若き才能
フリアン・テネンバウムの1stアルバムが
Schole Recordsよりリリース。
Hummock Cafe店頭に入荷しています。









Friday, July 1, 2022

Calendar of July 2022



2022年7月の営業カレンダー
通常営業・ご予約・詳細は〈ご来店前に〉をご覧ください

2022.7月より午後の【1~6名様13:00~16:00L.O】
アフタヌーン喫茶スイーツセットは
2階バルコニー席が空いていれば、予約なし当日でもご提供させていただきます
(受付窓口は1階になり、当日ご来店の場合、席へご案内まで少しお待ちいただくことになります)



毎週月曜・金曜 店舗休業日
海の日7/18(月・祝日)は通常営業いたします



*  *  *




穏やかなソワレ

2022年7月より
ひと月に一度 音楽作品の販売/試聴会を開催します。
第1回は七夕の夜
店内に設置のlistude(sonihouse) scenery スピーカーにて試聴。
あたらしい音楽の扉を開く交流会として、曲にまつわるお話もしつつ、
音楽作品選びのお手伝いをさせていただければと思います。
このような会は2010年のCDコンサート以来の開催です。
またご参加頂いた方々には
HUMMOCK Cafe が企画する演奏会の
先行案内予約もお知らせいたします。

穏やかなソワレ vol.1 ※ご来店前予約制
日程  |2022年 7月7日(木)
時間  |19:00〜21:30(最終入店21:00)途中入退店可能です
会場  |HUMMOCK Cafe 2階店内
参加費 | 1人/3,500円(音楽作品1作品と1ドリンク代込み)
※音楽作品によって価格が異なりますので
個々に返金/追金対応させていただきます

予約方法 |メール hummockcafe0525@yahoo.co.jp
おひとり様よりご予約受付いたします
件名を「穏やかなソワレ」にて
「ご参加者全員のフルネーム」と「お電話番号」「ご来店予定時間」をお伝えください

ジャンルなど音楽性については、これまでに開催した演奏会のページ〈PAST EVENT〉をご参考にしていただけると幸いです


かねてより、コロナ禍以前のようにゆっくりと試聴などしていただきながら販売ができたら、という思いがありました。そして音楽作品についても、アーティストや制作会社など関係者の熱意の結晶のような新作が続々リリースされています。
そこで、今年7月から月に一度、店内スピーカーにて音楽作品の試聴ご購入を目的とした方が集う交流会を開催する運びになりました。静かな夜のお時間、ご都合よろしければ、どうぞご予約お待ちしています。




HUMMOCK Cafe
Hummock Coffee Roaster
hummock label
〒671-0111
兵庫県姫路市的形町的形1864


通販ウェブショップでお求めいただくお客さま
焙煎コーヒー豆、カフェオレベースなどお取り扱いいただくお店さまも 
いつもありがとうございます。
7月も再会や出会いを楽しみにお待ちしています。


ご予約お問合せ先





Thursday, June 30, 2022

Information about coffee beans



日頃よりご愛顧賜りありがとうございます。

コーヒー豆の販売価格について

世界的な生豆価格上昇の影響がじわじわと広がっていることを実感しています。コーヒー生豆や、焙煎時のガス代、資材の値上がり等、厳しい時代になってきましたが、生豆仕入れのクオリティを維持するため なんとか情報チェックしながら、いい生豆を入手できることに有り難さを感じております。


HUMMOCK Cafe店頭では
2022年7月2日より(通販サイトでは7月14日より変更予定)
小売価格の変更を行います。

生豆価格の値上がりもある現状の中、
焙煎豆販売価格をできるだけ維持していくための当店の方針
*店頭ではコーヒー豆200g以上~購入に変更(少量100gは通販限定)
*店頭でのコーヒー豆ご購入の際には、1ドリンクオーダーをお願い、おすすめ致します
*作業の効率化を日々図るとともに、お客様の信頼と楽しみに繋がるようドリンクメニューのブラッシュアップにも努めています
*当店の飲食店としての設備機能と経験を活かした工夫を今後もしてまいります

焙煎豆をはじめとする取扱い商品につきましては、
変わらぬ品質を継続してまいる所存ですので、
今後とも何卒よろしくお願い申し上げます。
 


Hummock Coffee Roaster焙煎コーヒーを
ご使用/販売いただいている店舗様(2022年現在 不定期も含む)

〇 アンジュール+(愛媛・新居浜)
〇 oeufs(兵庫・網干)
〇 匙屋+sajiya studio(岡山・牛窓)
〇 Hummingbird coffee(東京・目黒)
〇 芒種(兵庫・生野)
〇 mono 森音(北海道・美幌)
〇 lizm/十三月の窓(兵庫・小野)
〇 Lumiere...(兵庫・四郷)
五十音順


また、Hummock Coffee Roaster では他店舗さまの
オリジナル・カフェオレベース製作におけるコーディネートと焙煎工程を担当させていただき、完成納品までのお手伝いをさせていただいています。
ただいま(2022年夏)下記店舗さまにて、各オリジナル品をお買い求めいただけます。在庫等のお問合せは各店舗さまへどうぞ。

Hummingbird coffee(東京・目黒)



oeufs(兵庫・網干)




Wednesday, June 8, 2022

2022.5.29



 

Coffee,Wine... & Concert 2022.5.29 Sun




2022.5.29
ピアニスト作曲家
林正樹 ソロ演奏会

初夏のちいさな港町の夕暮れ時
林正樹さんの美しい音色が空間に響きました。

無事に開催させていただけ安堵
感謝と、近年の芸術体験不足の身体に沁みました。

MCでも仰ってた映画「銀鏡 SHIROMI」の劇伴音楽を作曲/演奏担当されたこと。皆さんにもお伝えできればと思います。

上記写真画像はリハーサル時にて。
リニューアルされたHPでは演奏スケジュールやCD作品などもご覧になれます。




昼の部「出張エスキーナ」へもご来場いただいた皆さまありがとうございました。

エスキーナさんのビアブルストのサンドイッチや夏野菜のキッシュ、ガトーバスク、ムースショコラピスタチオやルバーブのタルトなど、季節と伝統がミックスされたオリジナルメニューはどれも魅力的なラインナップでした。

当日限定のオリジナルブレンドコーヒー「Hummoquina」
esquina 高井さんとHummock 中村がそれぞれ焙煎したコーヒーを、僕がブレンドする初めての試み。自分だけでは表現できない豊かな香味に仕上がりました。

写真はエスキーナのおふたり
今回都合つかなかった方々へ
またいつかの機会に開催したいと思います。
次回をお楽しみに。


Thursday, May 19, 2022

Cafe au lait Base 2021 & 2022




カフェオレベースmatogata blend 2022 仕上がりました。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
内海と小山に囲まれた
姫路的形の穏やかな風を感じる
ナチュラル・バランスの無糖濃縮コーヒー
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

毎年、新年度に収穫された新豆を使用。エチオピア産コーヒー豆を中心に個々に焙煎後ブレンド、濃いめにネルドリップ抽出、無菌充填したオリジナルプロダクトです。

2022年ロットは、例年通りの香味傾向ながらもスタンダードな美味しさも目指して、ニカラグア豆を追加ブレンド。開栓後に香味がほぐれてゆく印象で、冷蔵保管にて1週間程度香味の変化もお愉しみ頂けます。
口当たりは甘やかに、香ばしくフルーティなブレンド。1:3を基本に、水割り、お湯割り、ミルク割り、豆乳割り、ソーダ割り、オンザロックで、お菓子作りにも万能にお楽しみいただけます。


そして、今年初めての試みで
わずかですが ヴィンテージロットも並行販売します。
2021年ロットは完売いたしました。ありがとうございます。
2022年ロットはただいま販売中です。

2021年 “ヴィンテージ” カフェオレベース
瓶熟がすすみワインのような香味になっています。
専門の工場にて無菌充填されるカフェオレベースならではの成熟したテイスト。
天然水割りもおすすめで、
2021年と2022年の飲み比べもお楽しみいただけます。

店頭/通販HUMMOCK WEBSHOPにてお買い求めいただけます。
ご自宅用に、手土産/贈り物にもいかがでしょうか。



 


Saturday, April 30, 2022

Coffee,Wine... & Concert 2022.5.29 Sun




〈イベント開催のお知らせ〉


Coffee,Wine... & Concert

2022.5.29(日)


☀️昼の部 12:00-18:00

〈出張エスキーナ〉

西宮よりesquinaの高井ご夫妻をお迎えし、

Hummock1階のCoffeeStandが一日限定 “エスキーナ・スタンド” になります。


当日はesquina焙煎コーヒー(ドリップ/豆販売)や焼菓子、オリジナルアイテムの販売を中心に、秘蔵のナチュールワインと小さな自家製おつまみ軽食も特別に用意くださいます。


予約不要にてアウトドアでお楽しみいただけます。

※雨天時はお持ち帰りのみとさせていただきます


山陽電車的形駅より徒歩15分ほどなので、

お散歩がてら歩いてのご来店もおすすめです。


お持ち帰りには、マイバッグ、マイボトルなど

ぜひご持参ください。


esquinaの高井さんとは、彼が鎌倉の名店cafe vivement dimancheのスタッフだった頃からの知り合いで、Hummockと同じFuji Royal製の直火式焙煎機を使用していることから「直火同盟」的な仲。その流れで、今回はesquina 高井さんとHummock 中村がそれぞれ焙煎したコーヒー豆をブレンドをしたオリジナルブレンド” Hummoquina “を限定リリースします。




🌙夜の部
〈林正樹ピアノソロ〉
2階にて約一年ぶりの演奏会開催のご案内をさせていただきます。
HP/blog にて案内しておりましたが、
ありがたいことに、すでにご参加定員に達しております。
「キャンセル待ち」にてご了承いただける方がいらっしゃいましたら メールにて承ります。
5/26現在)キャンセル待ちのメールも受付終了します(多くの反響をありがとうございます。当店のキャパシティが小さく申し訳ありません)。

林正樹さんは、デュオやトリオでもHummock にて何度か演奏していただいていますが、ソロは2016年以来ぶり、また、林さんとは hummock label 作品『Pablo Juarez/El Amanecer de los Pajaros 』に帯コメントを寄せてくださったつながりでもあります。


〈アーティスト プロフィール〉

林正樹 Masaki Hayashi

ピアニスト、作曲家。自作曲を中心とするソロでの演奏や、生音でのアンサンブルをコンセプトとした「間を奏でる」などのプロジェクトの他に、小野リサ、マレー飛鳥、徳澤青弦、藤本一馬、akikoなど様々な音楽家とアコースティックな演奏活動を行なっている。

「渡辺貞夫クインテット」「Banksia Trio」「菊地成孔とペペ・トルメント・アスカラール」「クアトロシエントス」などのグループにも在籍。

多種多様な音楽的要素を内包した、独自の諧謔を孕んだ静的なソングライティングと繊細な演奏が高次で融合するスタイルは、国内外で高い評価を獲得している。

三宅純、椎名林檎をはじめ多岐に渡るアーティストのスタジオワークにも数多く参加。作曲家としては2016年舞台「書く女」(主演:黒木華 / 作,演出:永井愛)、2017年舞台「オーランドー」(主演:多部未華子/演出:白井晃)、2021年公開の映画「すばらしき世界」(監督,脚本:西川美和、主演:役所広司)の音楽を担当。



白んだ空にとけゆく うたかたな音像

2015年の名作 林正樹『Pendulum』再入荷しました

https://hummock.thebase.in/items/1998819










~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

HUMMOCK Cafe
Hummock Coffee Roaster
hummock label
〒671-0111
兵庫県姫路市的形町的形1864


通販ウェブショップご利用客さま
焙煎コーヒー豆、カフェオレベースなどお取り扱いいただくお店さまも、いつもありがとうございます。
お祝いのお言葉やお花や心のこもったお品、もちろんご来店やご注文くださる方々へ、心より感謝申し上げます。21年目も様々に精進してまいります。

5月からもどうぞよろしくお願いいたします。


ご予約お問合せ先
CONTACT






Saturday, March 26, 2022

Tumbler & Canister




HUMMOCK Cafe オリジナルタンブラーを作りました。

店頭/通販にてお買い求めいただけます。

マットな質感でチョコミントのような やさしい色合い
本体は竹繊維配合 リッドはコーヒーかす配合の エコロジカル・タンブラー

二重構造であたたかい飲み物は冷めにくく、冷たい飲み物をいれても結露を抑えてくれます。作ったいきさつは、コロナ禍以降テイクアウトコーヒーの需要はあるものの、その都度用いる使い捨て容器に次第に違和感を感じるようになったことがきっかけです。行楽のお供や、車中、オフィスでもリユースできるタンブラーとしておすすめいたします。

※1階Coffee Standにてテイクアウト用の使い捨て容器は終了し、陶器カップにてベンチでお召し上がりいただく、もしくはテイクアウトコーヒーをご利用目的のお客さまには、このタンブラー(洗浄済みをスタンバイ)をご購入いただくか、マイボトルのご持参をおすすめいたします。


*  *  *  *  *


コーヒー関連としまして、
お客さまからも多く問合せをいただいていた
キャニスターも入荷しました。



   

時を重ねるほどに表情が育ってゆく
中蓋付きで密閉性も高いキャニスター

Hummock Cafeとしてオリジナルキャニスターを作ろうと数年検討してしていましたが、個人的に愛用しているCINQさんのコーヒーキャニスターを手にとるたび、理想的に感じていたCINQさんの商品を取扱いすることにしました。シンプルな無塗装のブリキのため水気には注意は必要ですが、経年で味のある雰囲気になります。組合せとしておすすめのスウェーデンの老舗キッチンメーカー「ヨナス」のコーヒースコップも入荷しました。

5/26更新)2022/6/1 より 価格改定がございます

CINQコーヒーキャニスター 中蓋付き/コーヒー豆約350g
CINQティーキャニスター 中蓋付き/茶葉約200g(コーヒー豆約150g)
愛犬・愛猫のフード/トリーツ保存容器としてもおすすめです。

こちらの商品も、店頭/通販にてお買い求めいただけます。






Friday, March 18, 2022

cubreme "Taffi"


『アルゼンチンのアレハンドラのニット「cubreme "Taffi"」の新入荷のお知らせ』

ブエノスアイレスにあるニットブランド『cubreme(クブレメ=わたしを包んで)』。
オーナーのアレハンドラからのメッセージは、「自然を傷つけることなくファッションを楽しむ友人たちを探しています」。彼女がていねいにつくる上質なニットを手に取って感じていただけるよう、HUMMOCK Cafe 2階グロッサリーストアから共感いただける方へ販売を始めました。

私達中村夫婦がこのニットに出会ったのは 2020年の年の瀬。アルゼンチンから輸入を手がけた resonance music さんがすすめてくれました。彼らが音楽家カルロス・アギーレを訪ねてアルゼンチンへ行ったとき、偶然出会ったニットブランド『cubreme』のオーナー、アレハンドラ。彼女はcubremeのニットを通して、自然や野生動物を傷つけることなくファッションを楽しむことを伝える、新しい時代のデザイナーだったそうです。

素材はアルパカに似たラマとシルクの手紡ぎ天然素材です。原毛の自然な色合いを愛でるワイルドライフ、フレンドリーかつ上質な素材とハイクォリティな職人の技を感じるニットに包まれて、ご自身の体温と調和する真の心地よさを感じていただけるよう願っています。

また、『cubreme』のニットにはラベンダー&レモンの精油、菩提樹の抽出物と天然酵素で仕上げがされていて、身につけるたび、いい香りとふんわりとしたやわらかさに包まれ優しい気持ちになります。アレハンドラの思いと繋がる皆さまに長く愛用いただけることも願っています。(上の写真とテキストの一部は下記 resonance music HPより許可の上、転載使用しています)

■cubremeニット 提供元:resonance music http://www.resonancemusic.jp/cubreme/



◇私達がお客様へ販売させていただくための取り扱いオーダーをお願いしたのは昨年の秋でした。いま様々な要因で世界情勢が落ち着かない中、アレハンドラは注文分を完成させてくれ、resonance musicさんを通じ春のそよ風のようにHUMMOCK Cafeに届きました。


建築家の田中秀宗・幸枝ご夫妻さんに試着していただきましたヒフミアーキテクツ|場所 annex)。



◎現在の在庫と次回の入荷時にお知らせをご希望の方へご案内、メール送信いたしますので
〈contact〉よりお名前フルネームと連絡先TELをお伝えくださいませ。


最後までお読みいただき、ありがとうございます。三寒四温の季節の変わり目、どうぞお身体ご自愛くださいますように。



HUMMOCK Cafe
Hummock Coffee Roaster
hummock label

〒671-0111 兵庫県姫路市的形町的形1864