Monday, November 28, 2011

Tomi Lebrero Live Report②


三田村亮さんのブログにてトミ・レブレロ・ライヴ写真がアップされています。
是非ともご覧くださいませ!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

●京都Cafe Bibliotic Hello! → 姫路HUMMOCK Cafe → 名古屋Cafe Dufi

●原宿 Vacant

●神楽坂 毘沙門天善國寺書院

トミはジャパンツアーを終えてから東京や鎌倉、東北にて
精力的に様々なアーティストとのセッションを重ね、
新たな道を開拓し、忙しい日々を過ごされています。
そして、11月30日ついに成田空港からアルゼンチンへ帰国の途につかれます。
私たちの心に残る演奏、そして人柄がにじみ出たあの笑顔。
またきっと日本に来てくれると思います。
ありがとうトミ!

Saturday, November 26, 2011

Doce Uvas de Mendoza


●アナリア・ガルセッティ / Doce Uvas  2.100円 (在庫×)

冬支度に入るこの季節には、洗練されすぎずアルゼンチンらしい厚みのあるヴォーカルとリズムが、部屋の温度をじんわりとあたためてくれる。アルゼンチンワインの生産地メンドーサ出身の作詞/作曲家アナリア・ガルセッティ。アンデス山脈近くの冷涼地に、たわわに実った12粒のブドウに例えられた楽曲たちはミディアムボディのワインをのむような ふくよかな歌声をのせて悠々と丘陵をこえてゆく。
カルロス・アギーレがピアノ参加し、フォルクローレ偉大な作曲家クチ・レギサモンへ捧げた#10『Al Cuchi en tonada』は、先人への敬愛の心を感じる美しい曲。#5『Zamba de almas perdidas』には、数々のアーティストにカヴァーされるメロディーメイカー、ホルヘ・ファンデルモーレがゲストヴォーカル参加。ヴィンテージ・ワインのように気構えて味わう(聴く)のではなく、ヌーボー・ワインのように気軽に味わってほしいアルバムです。

下記HPにて#1『Amor Cuyano』が聴けます。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
http://www.analiagarcetti.com.ar

Friday, November 25, 2011

República de Nicaragua Coffee ”Maracaturra”


おいしい中米産コーヒー入荷しました!
冬のオススメコーヒーとしてご用意しています。

ニカラグア エル ジャノ農園 マラカツーラ種  1杯400円 / 豆100g450円

<ニカラグア共和国マドリス県サン・ホアン・デル・リオ・ココ村産>

北西にホンジュラス、南にコスタリカの国境を接し、
東はカリブ海に面したニカラグア共和国。
赤い果実の甘みと明るさ、さわやかなジャムを含んだような甘酸っぱい味。
朝の始まりや、リフレッシュしたいひとときに。
苦みのない甘み重視の中煎りに焙煎した大粒のマラカツーラ種。

(マラカツーラ種はマラゴジッペ種とカツーラ種の交配種です)


左がニカラグア・マラカツーラ種、右がブラジル・ムンドノーボ種
豆のスクリーン(大きさ)の違いがわかります。

Sunday, November 20, 2011

bar buenos aires



2011年11月9日、渋谷サラヴァ東京で行われた
『bar buenos aires dedicated to Carlos Aguirre』
CDリリース記念パーティーへ行ってきました!

2010年1月より渋谷を拠点に開催されているカルロス・アギーレが描く音像風景と共鳴する世界の美しい音楽を聴く選曲会「bar buenos aires」。静かなる音楽ムーヴメントの中心的存在であり、カテゴライズされなかったような曲同士までもが自然と同居し同じ空間で共に響き、数々の“バー・ブエノスアイレス的“な曲が生まれました。さらには有志が集まりカルロス・アギーレさんを日本に招聘するまでに至り、全国5公演で姫路ハンモックカフェ公演の奇跡の実現は、感慨深く大きな感動でした。

そして、「bar buenos aires」から
待ちに待ったコンピレイションCDが発売しました!

●『bar buenos aires dedicated to Carlos Aguirre』 2.400円(在庫△)

 選曲:吉本宏・山本勇樹・河野洋志

カルロス・アギーレへ捧げた日本からの返答。
それはあまりにも美しい音楽の奇跡。
瑞々しく心潤うアルゼンチン音楽で構成された
才能溢れるアーティストたちによる珠玉のコンピレイション。
アギーレさんが「日本の人たちのために」と書いた新曲、入手困難曲から新録まで。

物語や独占インタヴュー、ディスクガイドを掲載した24項ブックレット、
トレーシングペーパーが挟まれた特殊ジャケットなども特筆です。

そして!
ハンモックカフェのみの初回限定特典(終了しました)
「bar buenos aires」の会場で販売されている。
『bar buenos airesバッヂ』を購入特典としてご用意しています!
(バッチのみの販売もあります)

大変暑苦しい文章になってしまいましたが最後まで読んでいただいた皆さんありがとうございます。愛情のこもった素晴らしいCDです。もし少しでも興味がありましたら、聴いたり読んだりお手元においていただけると嬉しく思います。

最後に、上の写真はCDが届いてから撮影しようと決めていた的形のある湖畔で夕方に撮りました。


選曲クルー
左から、吉本宏さん、河野洋志さん、山本勇樹さん、の3人。

Friday, November 18, 2011

Carbonada



朝晩冷えてきました。
温かいアルゼンチンの煮込み料理のご紹介です。
2011年4月からメニューとしてあるCarbonada(カルボナーダ)!
アンデス地方原産の野菜と牛肉、ドライピーチやレーズンを加え、
カボチャやコーンの甘味も出たシチューです。

ハンモックカフェでのライヴを終えたトミ・レブレロさんが
わたしがレシピ参考にしているアルゼンチン郷土料理の本を観ながら、
少し教えてくださいました!
家庭料理や家族を愛するトミに日頃抱いてた質問を
答えてもらって嬉しかったです。

Chrysanthemum japonense


ハンモックカフェの周りでは、
兵庫県県花「のじぎく」が見頃を迎えています。
瀬戸内海沿岸に多く、的形町・大塩町に古くから自生し、
毎年咲く可憐な花に心安らぎます。
個人的に絵に描いたようなこの花びらの形と
白・黄・緑の色彩のバランスの花が1番好きです。

Wednesday, November 16, 2011

Tomi Lebrero Live Report①


拍手大喝采の中、トミの興奮と会場の熱気が伝わる映像。
ハンモックカフェ・ライヴでのダブルアンコールに応えてくれた「La murga triste」をどうぞ!
<ビデオ撮影:三田村亮>


同時開催していた河野洋志さんによるトミ・レブレロ・プライヴェイト写真に皆さんとの距離が縮まったようです。(画像右側は中村(ハンモックカフェ)が撮影)


トミの音楽に対する熱き想いに心動かされ演奏後のサイン会には長い列ができていました。

Monday, November 14, 2011

Gracias Tomi !!

11/12sat トミ・レブレロ・ライヴご来場いただいた皆さまありがとうございました!

招聘元 大洋レコード伊藤さん、ツアーサポート河野洋志さん、写真家 三田村亮さん....
たくさんの方のご尽力のおかげで皆さんの笑顔と共に終えることができました。
トミの演奏や歌声も素敵でとても楽しいライヴでした。
当日は写真家の三田村亮さんにライヴ撮影していただきましたので
写真が届き次第、あらためてライヴ・レポートします。
ひとまず、お越しいただいた たくさんのお客さまにお礼まで。


リハーサル中のトミ。

バンドネオンにカオスパッドをつけたりギター、ベルなどいろんな楽器を使っていたトミ。

翌朝、的形小赤壁公園、瀬戸内海を背景に記念撮影。
その後、13(日)のツアー会場だった名古屋へ向かう皆さんを見送りお別れしました。

Monday, November 7, 2011

Tomi Lebrero Live いよいよ1週間をきりました。



トミ・レブレロ福岡公演、大阪公演を終え、京都そして...
いよいよ12日(土)姫路にやって来ます。

福岡へ行った河野さんよりコメントが届きました!
会場が感動に包まれた素晴らしいライヴになったようです。
まだもう少しお席がご用意できます。
迷っていられる方是非お越し下さいませ~!

トミ・レブレロ・ライヴ詳細情報はこちら

Saturday, November 5, 2011

11月9日(水)の営業について

コーヒー焙煎・音楽、担当者が出張のため。
11月9日(水)はコーヒーメニューや料理を種類限定として営業させていただきます。
焙煎豆の販売、CDの販売はございません。ご了承くださいませ。
何卒よろしくお願い致します。
詳細問い合わせはお電話にて0792541400
中村信彦

Tuesday, November 1, 2011

2011.11.12 Tomi Lebrero Live foods



2011.11.12 トミ・レブレロ・ライヴ限定料理の案内です。

Ensalada de carne y frijol<牛肉と豆のサラダ>
自家製ローストビーフと茹でた落花生や豆、マッシュポテト、ベビーリーフ。
Empanada<エンパナーダ>
国民食でもあるミートパイ
茹で卵やグリーンオリーヴ入りで生地から手作りしています。
(ワンプレート 500円)

Puchero con pan<プチェロ パン付き>
牛肉(本来は骨付き)とごろっと野菜を塩とハーブで煮込む温かい家庭料理。あっさりとクセのないスープはパンにつけて美味しく召し上がっていただけます(当日はスプーンで食べやすいようにレシピをアレンジしています)。
(ワンプレート 500円)

どちらの料理も食べながら、アルゼンチンの食堂に居るかのような和気あいあいとした温かく幸せな気分になれそうなプレートです!

トミのツアーは今週11/4(金)福岡会場からついに始まります。姫路ハンモックカフェは12(土)です!ツアーサポートをされるトミの親友の河野洋志さんも来場してくださいます。アルゼンチンをはじめ南米を旅してカルロス・アギーレや、その演奏グループメンバーと過ごされたり、日本とアルゼンチン音楽を繋ぐ信頼された日本人の一人です。そんな河野さんが旅で撮影してきた写真の数々を「ブエノスアイレス写真展vol.2」として、わたしたちが撮った写真と共にライヴ当日開催致します。ブエノスアイレスでのトミのライヴ風景や自宅、家族とのプライベート姿まで!またさまざまなアーティストのリラックスした表情など…、魅力的な写真を展示。トミとも是非話してみて下さいね。

dacapo webmagazine にて大洋レコード伊藤亮介さんによるブエノスアイレス・トミ・レブレロ・ライヴ事情や今回のジャパンツアーのことをとても分かりやすくリアルに綴られています。ライヴにご予約いただいたお客さまやご興味ある方は是非観てみて下さいね!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
ブエノスアイレス音楽の街で体感、シンガー・ソングライターたちの輪


<トミ・レブレロ・ライヴ予約状況>
11月1日現在、定員の半数を超えました。
まだ少しお席がご用意できますのでご予約お待ちしております。


<ライヴ当日の営業について>
12時~15時 通常営業
14時オーダーストップ

15時~19時 会場準備、リハーサルのため入店できません。

19時開場(ご飲食時間)
20時開演