Thursday, August 11, 2022

Season's greetings


残暑お見舞い申し上げます。みなさま いかがお過ごしでしょうか。

先日、こちらも一時大雨と落雷により停電を体験しましたが、お客様にも影響はなく無事に日々を送っています。


岡山県北部で自然栽培の米農家、蒜山耕藝さんから今年もトウモロコシや夏野菜を料理に使わせていただきます。その土地の風土や作業する人と同様に澄みきった味わい。それだけで完成されているので料理の手を加えるのは最小限にと、加熱で素材を引出します。できるなら新鮮な粒感もシンプルに味わっていただけるように。

本日より2階予約制のお食事のシーンや、予約不要の1階コーヒースタンドのベンチシートにても自然発酵種ミルクパンサンドにはさみご提供いたします(たくさんございますが、限りがありますのでなくなり次第ほかの野菜に切り替わります)。

そして

2階でのメニューの季節フルーツに倉敷玉島より草生栽培 白桃が加わりました。ありがたいことに岡山の友人から桃農家さんのご縁をいただきました。

白桃は午後の季節スイーツメニューに。
ただいまの〈サマービーツパフェ〉へ、山羊乳フロマージュブランと澄んだ味わいバランスをお楽しみいただけますよう、ご用意しています。
これから秋にかけて、午後の季節パフェのご提供時間を夕方17時30L.O/18:00まで延長します。夕方の海風、いいですね。よろしければご来店時 どうぞお声かけくださいませ。

*****************
コーヒーやベイクドスイーツやサンドイッチは…
◈1階 Coffee Roaster にて
@hummock_coffee_roaster ご予約不要
*****************

◈2階 バルコニーお食事予約制/アフターヌーンスイーツご予約優先(バルコニー空席時は当日もご案内させていただきます)
@hummockcafe_hummocklabel
店内ディナーコースは一組様限りのご予約制営業。
詳しくは HP/blog〈ご来店前に〉にてどうぞ。







Friday, August 5, 2022

Masayoshi Fujita Solo Vibraphone Live 2022.9.4 sun

 



~虫の音色が響く初秋の夕べの演奏会~


【Masayoshi Fujita Solo Vibraphone】

日程|2022年9月4日(日)

時間|開場17:30/開演18:00

演奏チャージ料金/ご予約様 3500円



ヴィブラフォン、マリンバ奏者、作曲家 Masayoshi Fujita / 藤田正嘉さんのソロ演奏会を開催いたします。当店では以前 ドイツ・ベルリンから一時帰国のツアー中の会場の一つとして、2016年3月の“small appetite” vol.2 出演アーティスト  にお迎えしました。現在、日本に移住しながらインターナショナルな活動を続けていらっしゃいます。最新作『Bird Ambience』では、新たにマリンバを中心にアコースティック・ヴィブラフォンやエレクトロニックな音、実験的、即興的な音楽性を統合し、自身の集大成となるサウンドを展開したソロアルバムになっています。

初夏に続き、ありがたいことに尊敬するアーティストをお招きする演奏会の開催。芸術に触れることは心の栄養だと感じます。幻想的な音に満ちる初秋の夕べ、観客人数を従来よりも減らした開催となります。ご予約はお早目に、どうぞお待ちしております。




Masayoshi Fujita / 藤田正嘉


https://masayoshifujita.com/

ヴィブラフォン、マリンバ奏者、作曲家。

幼少期より演奏していたドラムからヴィブラフォンへ転向後、伝統的な演奏スタイルやテクニック、作曲法にとらわれる事なく唯一無二の音とヴィブラフォンの新たなる可能性を追い求める。2006年よりドイツ・ベルリンに拠点を移し、オリジナル作品の作曲・演奏活動を開始。イギリス・ロンドンのレーベル、イレースト・テープスからアルバムをリリースし、ヨーロッパをはじめ世界各国でのコンサートやフェスティバルなどに出演する。これまで10枚のアルバムをリリース。日本では、2016年にゴンチチの三上雅彦氏とコラボレーションアルバム『Conjecture』を発表。その他、映画やブランドのイメージビデオなど様々な映像作品への音楽提供も手がける。2020年より、自然の中で制作活動をするという長年の夢を叶えるため兵庫県香美町に移住。山の上の集落にスタジオを構え、その雄大な自然からインスピレーションを受けながら新たな音を世界に発信している。時に楽器の上に様々な物をのせて演奏する「プリペアド」という手法を用い、ヴィブラフォンの持つ独特の音色にさらなる色どりと響きを与えている。しばしば映像的と評される彼の音楽は、霧の深遠さと静けさ、荘厳な山々などからインスピレーションを受けた独特の雰囲気と世界観を持ち、まるで物語の挿絵のように聴く者の脳裏にその情景と物語とを映しだす。また同時に、ヴィブラフォンという比較的新しい楽器の未開拓の美しさを探求し、オーケストレーションや音楽それ自体の新たなる魅力を追い求める。別名義であるel fogでは、様々な実験的アプローチを用いつつ、アコースティックとエレクトロニック及びアナログとデジタルの狭間で、ヴィブラフォンとエレクトロニック・ミュージックの融合を試みている。また、ドイツのエレクトロニック・ミュージックの重鎮Jan Jelinek(ヤン・イェリネック)とも継続的にコラボレーション作品を発表。全世界から高い評価を受け、様々な国のフェスティバルやライブに出演している。

2021年に発表した最新ソロアルバム”Bird Ambience”では、これまでに様々なプロジェクトで取り組んできたアコースティック・ヴィブラフォンやエレクトロニックな音、実験的、即興的な音楽性を統合しつつ、新たにマリンバを中心に据えパーカッションやドラムなども取り入れた、自身の集大成であり新境地ともいえるサウンドを展開している。


■MUTEK.JP Tokyo フェティバルでのインタビュー

https://tokyo.mutek.org/jp/news/bs-masayoshifujita








〈ご予約方法〉予約受付中 メール受付 hummockcafe0525@yahoo.co.jp

ご来場者様全員のお名前フルネーム

代表者様の携帯電話番号 上記を2点をご明記の上、件名を「9/4Masayoshi Fujitaライヴ予約」にて受付いたします。

なお、「チケット料金先払い制」とさせていただきますので ご返信いただいた方には口座情報をメールいたします。 ご入金確認後、ご予約完了とさせていただきます (先払い制についてのご注意事項はあらためてお伝えいたします)。





*************************




過日、Masayoshi Fujitaさんのスタジオへ訪れました。

ドイツ・ベルリンにて13年間活動され、

現在は、雲海が見渡せるほどの高地にある山腹の小さな集落に拠点を移し

四季が濃い自然あふれる環境のなか制作活動を続けられています。

運命に導かれたFujitaさんにとっての理想郷。

ご本人も今回の演奏会を楽しみにされていました。