Friday, November 29, 2019

About sell by weight of Coffee


《マイ・キャニスターご持参の提案》

店頭でコーヒー豆のご購入の際に
キャニスター(蓋つきの入れ物)をご持参の方には
コーヒー豆増量サービス

**********************************************

2022.6.30更新)ご持参いただくキャニスターサイズについてお願い。
2022年7月より200g~の販売と変更させていただきます。これまで少量/小瓶などでの対応もしておりましたが、今後は200g以上おさまるキャニスターにて上記サービス対象とさせていただきます(それ以外は対象外のためご注意ください)。キャニスターサイズのご参考まで、現在取扱い中の「CINQ コーヒー キャニスター」をご覧いただければと思います。

当店にてコーヒー豆のリピート購入いただいているお客様は、「Hummock Coffee Roaster」のワイヤー付きコーヒー袋をご持参いただくリユースも歓迎いたします(増量サービス対象)。※袋ご持参の場合も同様に200g~の販売となります
ギフト用のパッケージには、箱や個別袋など別途有料で承ります。


2022.6.30追記)生豆価格の値上がりもある現状の中、焙煎豆販売価格をできるだけ維持していくための当店の方針|
*店頭でのコーヒー豆ご購入の際には、1ドリンクオーダーをお願い、おすすめ致します
*作業の効率化を日々図るとともに、お客様の信頼と楽しみに繋がるようドリンクメニューのブラッシュアップにも努めています
*当店の飲食店としての設備機能と経験を活かした工夫を今後もしてまいります




Saturday, October 26, 2019

Pablo Juárez Japan Tour 2019



パブロ・フアレス・ジャパン・ツアー2019
hummock label 企画、念願の初来日公演は各地公演ご予約受付はじまっております。

音楽は静けさと動きを生み、インスピレーションが生まれ、リラックスし、イメージを呼び起こします。音楽は流れ行く川のように去り、同じ存在であることは二度とありません。」by Pablo Juarez(Latina誌777号インタヴューより)

水の悠久の流れのように感情の赴くまま奏でられるパブロのピアノ。各公演はアルバム『Solo Piano-El Amanecer De Los Pajaros(鳥たちの夜明け)』からのピアノソロを中心に、アルゼンチンの詩的風景を投影した即興を織り交ぜた演奏を予定。東京調布公演の千秋楽は、ピアノソロも演奏しつつ、現在パブロが注力しているトリオ編成にてリリース予定の新作からの楽曲と、フォルクローレ×室内楽ジャズの名作『Sumergido』からも演奏予定です。


_____________________


夜明けとともに巣立ってゆく鳥たちが
風を掴んで滑空するように
まだ見ぬ音楽地図に新たな軌跡を描くー

アルゼンチン水辺の都市ロサリオに生まれ
その土地に根ざしたフォルクローレを通奏低音に
身近に潜む はかない美しさに光をあて
ジャズ、クラシック、インプロヴィゼーションで昇華する才人
ピアニスト作曲家パブロ・フアレスの初来日公演

_____________________

<Pablo Juárez  Japan Tour 2019>

12/6(金)東京 Fluss Piano Solo 

12/13(金)大阪 日本キリスト教団 島之内教会 Piano Solo

12/14(土)姫路 HUMMOCK Cafe Piano Solo & 
Piano with 石橋敬一(contrabass)

12/15(日)米子 ゆう&えんQホール Piano Solo

12/16(月)岡山 蔭凉寺 Piano Solo

12/17(火)名古屋 メニコン Hitomi ホール Piano Solo

12/19(木)東京 仙川フィックスホール 
Piano with 西嶋徹(contrabass),白石美徳(drums)


◆ツアースケジュール詳細・試聴・各公演のご予約はこちら

_____________________


Pablo Juárez / パブロ・フアレス
1980年 アルゼンチン・ロサリオ生まれ。多方面の音楽グループで活躍していた父親の影響で、6歳の時バンドネオン奏者からフォルクローレの手ほどきを受け、8歳から音楽教育を学び、青年期にはコスキン音楽祭に3年連続出演。パラナー川の河岸で過ごした子供の頃から、彼にとって音楽と自然は関連したもので、その風景は詩であり音楽であった。南米諸国の音楽や北米のジャズやポップスにも影響を受け、様々な音楽を通して、音楽とは伝統的なものからコンテンポラリーまで、絶えず探求する道だということを学ぶ。 2007年よりブエノスアイレスを拠点にジャズ・フォルクローレシーンで活躍。Franco Luciani、Marcela Passadore、Miryam Quiñones、Georgina Hassan、Silvio Rodríguez、Jorge Fandermoleらとの共演や伴奏、25作品を超える録音参加、ドキュメンタリーTV『Uniendo Destinos』の音楽制作を手がける。自身の名義初作品は2011年『Sumergido』、このアルバムは新鋭ミュージシャンを紹介するサイトClub Del Discoに選ばれ、日本でも2枚のコンピレイションアルバム『bar buenos aires』『Quiet Corner』に収録された。2015年 シンガーJulián Venegasとのデュオ作『Dos Cauces』をリリース。 現在ロサリオにて活動し、2017年 Hugo Fattoruso、Carlos Aguirre、Andrés Beeuwsaert、Alexander Panizza、Lilian Sabaらと共にピアノ・フェスティバルへ出演のほか、シルク・ドゥ・ソレイユでの生演奏や、ウルグアイ各地での演奏セミナー開催など、多岐にわたり音楽交流を深めている。2018年 ピアノで自然界の音の表現を試みた作品『Solo Piano – El Amanecer De Los Pájaros』を録音し初の日本盤としてリリース。2019年12月初来日公演を各地で開催。



『ソロ ピアノ- 鳥たちの夜明け』は、私が住むサンタフェ州に流れるパラナ川河岸の風景と、そこで見られる鳥たちの様子からインスピレーションを得ています。鳥たちの歌声は、生き生きとした自然界からのメッセージであり、私たち人間が誕生する前から存在している地球上の生物は、人間もこの自然界の一部であるということを教えてくれています。鳥たちの歌声もまた、人生のシンプルさを秘めた偏見のない愛に満ちた歌であり、最も純粋な形で宇宙へ届けられるメッセージです。自由に歌う鳥は私たちがなぜここにいるのかを問いかけ、この旅路で全ての生物は兄弟であるという真実を思い出させてくれます。そんな自然の音をピアノで表現しようとこのアルバムの中で試みました。水の流れる音、朝日、輝く夕日、夜のとばり、月の下で息をするこの星の生き物たち。一つひとつの曲が、様々な風景や、私の心を動かす一瞬への賛辞になっています。(パブロ・フアレス)翻訳:Himi Minagawa


協力 | Latina co.ltd、Inpartmaint inc、bar buenos aires、resonance music、PaPiTa MuSiCa、moderado music、CALMS、Fluss、HUMMOCK Cafe
企画・制作 | hummock label

Friday, October 18, 2019

2019.11.1. fri Carlos Aguirre Solo Concert in Himeji


《Report》
Carlos Aguirre Solo Concert in Himeji
guest 内田輝

穏やかな秋の気候のなか、海や川をテーマにした選曲もあり、カルロス・アギーレさんの温厚な雰囲気がそのままの会場全体を包み込んでいたような優しくそして静かに熱を帯びた演奏会になりました。初共演となる内田輝さんのソプラノサックスとの相性は筆舌に尽くしがたい美しさの2曲となり、ダブルアンコール前の「Los tres deseos de siempre(永遠の3つの願い)」のエピソードは2010年初来日の時をも想い出し、胸に込み上げるものがありました。
音楽には人柄が現れていると再認識した夜でもありました。

ご来場いただいた皆様ありがとうございました。皆様に書いていただいたの寄せ書きノートは終演後アギーレさんにお渡ししました。

今回の公演を企画してくださった Salon de resonance resonancemusic 吉本宏さん、中正美香さんに感謝いたします。急遽通訳をしてくださった PaPiTa MuSiCa(ぱぴーた・むしか) 西村秀人さん、谷本雅世さん、そしてサポートしてくださった皆様にもお礼申し上げます。










*  *  *  *  *




自然への愛情と人間的な優しさを、美しい旋律と言葉で描く、音楽の詩人カルロス・アギーレ。本年度唯一の地方単独公演をHUMMOCK Cafeにて開催いたします。胸に手をあて言葉を選びながら丁寧にお話しされる姿、鍵盤上を軽やかに舞う運指、ささやくような優しい歌声に、昨年は初来日のあの日も思い出す親密であたたかな雰囲気のコンサートになりました。昨年1月のレポートはこちら→

────────────────
Carlos Aguirre Solo concert 2019 【姫路公演】
日程|2019年11月1日(金)
会場|HUMMOCK Cafe 姫路市的形町的形1864
時間|18:30開場 / 19:30開演
出演|カルロス・アギーレ(piano, vocal)Piano:YAMAHA MC 108C
ゲスト出演|内田輝(soprano sax, pinao tuning)
料金|予約5,000円 / 当日5,500円
予約 | メール ticket.info.hummock@gmail.com
     電話 079-254-1400(店休日を除く9:00~19:00)

※ご予約の際は、件名「11/1カルロス・アギーレ、お名前・人数・連絡先電話番号をお伝え願います 10/26現在 残席ございます
────────────────


Carlos Aguirre / カルロス・アギーレ

現代アルゼンチン音楽を代表する孤高の存在にして生ける伝説。ネオ・フォルクローレ・シーンの精神的な支柱として、厚い信頼と幅広い支持を得るコンポーザー/ピアニスト/シンガーそして詩人。

1965年、アルゼンチンのエントレ・リオス州の小さな村、セギーに生まれる。フォルクローレなど郷土の音楽に深く親しみながらも、コンテンポラリージャズやロックにも影響を受け、80年代後半より音楽活動を始める。セッション・ピアニストとして頭角を現した後、2000年代に入り、自身のグループでの活動を開始。

エントレ・リオス州の州都パラナの郊外、パラナ河のほとりに住み、大自然のなかで創作活動を続ける。自身が主宰するレーベル「シャグラダ・メドラ」より「カルロス・アギーレ・グルーポ」名義でアルバムを3枚、ソロ名義でアルバム1枚とピアノ・ソロ作品1枚リリースし、どれもが名作として大きな評価を得ている。特にグルーポ名義での作品は、一つひとつ手描きの水彩画を封入するなど強い美意識とこだわりを感じさせ、もはや音楽を超えたアート作品の域に達している。日本でも一部の音楽ファンから熱烈な支持を得ていたが、CDがほとんど輸入されず、インターネット等で得られる彼についての情報も乏しかったため、知る人ぞ知る伝説的な存在だった。

2010年夏、カルロス・アギーレが自身のグループを率いて2000年に録音した名盤『クレーマ』の日本盤が正式にリリースされ大ヒット。そして秋には奇跡の初来日を果たし全国ツアーを行い、全ての公演がソールドアウトとなるなど、その人気に一気に火がついた。
2012年2月に5年振りとなるソロ名義のフル・アルバム『オリジャニア』をリリース。同年5月に盟友にしてアルゼンチン屈指のギター奏者キケ・シネシとのデュオで再来日、全国7都市でコンサートを行い、リスナーに大きな感動の余韻を残した。

現在は自身のグループ、及びピアノ・トリオでの制作/コンサート活動を行いながら、ソロとしては、自身の出身地エントレ・リオスなどパラナ河流域の作曲家/演奏家の作品を、ピアノ弾き語りで演奏する『ラ・ムジカ・デル・アグア(水の音楽)』に取り組んでいる。

オフィシャルFacebookページ →

企画 resonance music
招聘 inpartmaint

Saturday, May 25, 2019

17th anniversary

2019年5月25日
風薫る季節が巡ってくると
開業した日のことを思い出します。
HUMMOCK Cafe は本日17周年を迎えることができました。
日頃よりご愛顧下さっている皆さま
応援いただいている方々に心から感謝申し上げます。

これからも同じ場所で明かりを灯し続けれるよう
コーヒーに料理に音楽に
本気でお伝えお届けさせていただけるモノ&コトを
小さな営みであり続けれるよう
励んでまいりたいと思っています。

これまでのたくさんの大切な想い出を胸に
一日一日の出逢いと遠くからも送って下さる声援に支えられています。
5月の海辺の新緑と里山の景色に見守られ
気持ち新たにまたひとつずつ。
今日もいい一日でありますように。


中村信彦、真理子
HUMMOCK Cafe / hummock label


写真撮影はArgyle design 宮良当明さん
ありがとうございます

Tuesday, May 14, 2019

2019.8.24 sat Kazuma Fujimoto , Shikou Ito Duo Tour 2019 in Himeji




〈Report〉
姫路公演にお越し下さった皆さまありがとうございました。
-
おふたりのデュオはHUMMOCK Cafe での開催は実に4年ぶり。回を重ねるごとに深化し続けているようでいて、初見の印象を維持し息のあったアンサンブルを奏でられていました。このライヴは5月から予約を開始したところ早々にご予約を頂いたお客様が多くおふたりのデュオが愛され護られていることを感じた夜でもありました。


*  *  *






藤本一馬と伊藤志宏
新曲とこれまでのオリジナル曲を織り交ぜた
新たなデュオツアーがテイクオフ


〈姫路公演〉
出演|藤本一馬(guitar),伊藤志宏(piano)
日程|2019年8月24日(土)
時間|18:30 開場 / 19:30 開演
料金|予約3,500円 / 当日4,000円
会場|HUMMOCK Cafe 姫路市的形町的形1864
飲食|開演前の約1時間のあいだに別途お飲み物や軽食もご用意しています

予約|HUMMOCK Cafe  Tel 079-254-1400(店休日を除く 9:00~19:00)
✉ ticket.info.hummock@gmail.com
※公演名「藤本一馬,伊藤志宏デュオ姫路公演」・お名前・人数・お電話番号をお伝えください

◆過去に開催した、演奏会の様子はこちら⇒◎

8/19.更新)姫路公演当日のお食事メニューは、「神山鶏と夏野菜のスパイスカレー」を自然発酵種パンとご用意いたします


【藤本一馬、伊藤志宏 デュオ】
ギタリスト 作曲家 藤本一馬とピアニスト 作曲家 伊藤志宏の 繊細さを内包したスピリチュアルなシナジーを紡ぐデュオ。2011年より都内を中心にセッションを重ね、各地へツアーを開催。2014年に1stデュオアルバム『Wavenir』 (hummock label) を発表。心を静める音楽集「Quiet Corner」等の本や雑誌への掲載、ラジオ等のオンエアなど、ジャズやクラシックを中心としたインストゥルメンタル音楽だけでなくワールドミュージックファン等の支持も受け、全国25公演を超えるツアーでデュオの世界観と共鳴を深めた。
2018年春、楽器制作者 調律師 音楽家 内田輝を迎えたツアー3公演にて新たな音の構築を創造。2019年現在、次作へ向けて楽曲制作や3cello variationとの共演等展開している。

藤本一馬 http://kazumafujimoto.com/
伊藤志宏 https://www.shikoupf.com/

『Wavenir』 on Spotify 
試聴 https://open.spotify.com/album/59bLtI1xbm05BHp3kXuyDF?autoplay=true&v=L

〈Kazuma Fujimoto , Shikou Ito Duo Tour 2019:企画 hummock label〉
詳細 http://hummocklabel.com/tourandlive


皆さまのご予約、ご来場を心よりお待ちしています。

2019.8.5 mon Masaki Hayashi , Akira Uchida Live



〈Report〉
8/4-6 林正樹と内田輝「うたかたの音」3公演(岡山-姫路-奈良)ありがとうございました。
全公演ともPAオペレートしてくださったsonihouse 鶴林万平さんの自然な音響も美しく、ピアノとクラヴィーコードの初演奏や新曲、そして公演毎の展開もあり、随所に閃きがちりばめられた素晴らしい公演でした(演目は画像にて)。姫路公演では前日の岡山公演とは異なる選曲と編曲にてリハーサルからお互いの譜面を推敲し、音が産まれ成熟してゆく過程に音楽家としての美しい姿を垣間見ました。この初共演の3公演は まさに邂逅を感じる演奏会だったこともあり、ふたたび各地で開催されることを願っております。



*  *  *








林正樹と内田輝
〇うたかたの音を楽想に初共演の3公演〇


〈姫路公演〉(5/15よりご予約受付)
出演|林正樹(piano),内田輝(soprano sax)
日程|2019年8月5日(月)
時間|18:30 開場 / 19:30 開演
料金|予約3,500円 / 当日4,000円
会場|HUMMOCK Cafe 姫路市的形町的形1864
飲食|開演前の約1時間のあいだに別途お飲み物や軽食もご用意しています

予約|HUMMOCK Cafe  Tel 079-254-1400(店休日を除く 9:00~19:00)
ticket.info.hummock@gmail.com
※公演名「林正樹,内田輝 うたかたの音」・お名前・人数・お電話番号をお伝えください

◆過去に開催した、おふたり個々の演奏会の様子はこちら⇒


photo by Akihiro Yamaguchi
林正樹   (Masaki Hayashi)Piano
1978年東京生れ。大学在学中の 1997 年に、伊藤多喜雄&TakioBand の南米ツアーに参加。音楽家としてのキャリアをスタートさせる。現在は自作曲を中心とするソロでの演奏や、生音でのアンサンブルをコンセプトとした「間を奏でる」、田中信正とのピアノ連弾「のぶまさき」などの自己のプロジェクトの他に「渡辺貞夫クインテット」「菊地成孔とペペ・トルメント・アスカラール」「Salle Gaveau」など多数のユニットに在籍。多種多様な音楽的要素を内包した、独自の諧謔を孕んだ静的なソングライティングと繊細な演奏が高次で融合するスタイルは、国内外で高い評価を獲得している。





photo by Kazuya Sudo
内田輝 (Akira Uchida)Soprano Sax
https://akira-uchida.jp
音楽大学でサックス専攻後、ピアノ調律 & 楽器製作の各師匠に師事する。自身で製作したクラヴィーコードの演奏会を国内外で行う。音の響きから観る様々な音と自分との対話方法を伝える『音のワークショップ』を開催。楽器製作−音の調律−演奏家の視点から世界を見ることを軸にしている。




皆さまのご予約、ご来場を心よりお待ちしています。


Wednesday, May 8, 2019

2019.6.23 sun 時が育む料理と音楽

〈Report〉

『時が育む料理と音楽』
ご来場下さいました皆さま、
そして遥々のお越し、心尽くしの料理と演奏を披露して下さいました
本当にありがとうございました。

これまでも多くの方に支えられていることをあらためて実感いたしました。
この日のために、お手間をいただいた
音楽の部:音楽家 青木隼人(AOKI,hayato)、インパートメント稲葉ディレクター
陶芸家 河合和美、通訳 中村仁美
脊戸望(mono 森音)、藤原夫妻(ris.nowa
(敬称略)
お世話になり、本当にありがとうございました。

<昼の部>
オカズデザイン吉岡ご夫妻のお料理とお話し会
食べてすぐより、翌日その翌々日にじんわりと美味しかったなぁ..としみじみと思える味。そのわけを少し知ることができた貴重な時間でありました。
大切にしていることが明確にあって、揺るぎなく、おおらかで優しい。
そんなお二人にHUMMOCK Cafeで楽しくお過ごしいただいたのも今後の支えになります。





<夜の部>
一本のギターで、毎回時を忘れるほど観客を魅了する音を奏でるギジェルモ・リソット。今回も自作曲と会場での即興を交えた甘美であたたかな音に包まれる演奏でした。
そして彼が会いたいと話してくれたのを思い出し、ギタリスト青木隼人さんをサプライズ・ゲストにお迎えして一曲披露。仄かな心の灯火のような、ここで新たな時が育まれた演奏会となりました。
______________________________________
Set list for Hummock Cafe on 23th June 2019

El agua que manda
Improvisation
Hojas verdes para siemple
La abundancia del cielo
Gato de agua

Triunfo del corazon
Gato sin cabeza
Flores a traves del vapor de agua
Improvisation with AOKI,hayato
Carnavalito
*
Sol de medianoche(encore)
Kiseki(encore)
______________________________________




〈Report photos by Nobuhiko Nakamura〉


6月下旬から7月下旬まで日本滞在のギジェルモ・リソットのライヴスケジュール
こちら⇒ http://www.inpartmaint.com/site/27075/


**********************






時が育む
料理と
音楽

2019年6月23日(日) 

ひとの人生は記憶の積み重ねによって成り立っていると思います。もしその積み重ねがなければ今現在の自分にしか頼るべきものがなく、味気ない日々になってしまう気がします。私たちがこのたびお迎えする料理人と音楽家の方々は、独自の哲学と美意識のもと最高のコラボレーションを見出しながらシンプルにつきつめ、日々様々に活動されてらっしゃる二組。丁寧な時間の積み重ねをしている方々の創造は、私たち個々の美しい情を呼びおこしてくれ、記憶に残してくれるのだと思います。
 
 皆さまのご愛顧のおかげで、ハンモックカフェは十七周年を迎え、感謝申し上げます。夏至過ぎの六月二十三日、日曜の昼と夜との〈二部構成〉祝年の会を開催いたします。どうぞお誘い合わせの上、ご参加を心よりお待ちしています。

____________________________

☀昼の部     ※5/17現在 満席になりました 受付も終了となります

「時間がおいしくしてくれるもの」をテーマにした季節の料理とお話し会を、姫路にて初開催します。「食べることは体と心を作る大切なもの。おいしいものを食べると幸せになります。」と著書にもあるように、優しさにじみ出る料理の数々、そして独特のゆるさとユーモアに、おなかも心も満たされることでしょう。

料理 | オカズデザイン
時間 | 13:00開場/15:30閉会
料金 |  3,600円(ご飲食+お話し)

※定員  26名 
※当日のご提供内容など後日更新予定

※6/22追記 昼の部ご予約いただいた方々へ
昼食会は定員満席となり、ご予約様どうぞお気をつけてご来場お待ちしています。
写真の料理書籍は、当日の会にて販売もございます。週明けよりHUMMOCK Cafeでお取り扱いもさせていただけることになりましたので、通常営業時にもよろしければお手にとってご覧くださいね。







オカズデザイン 
2000年、吉岡秀治・吉岡知子が結成。“時間がおいしくしてくれるもの”をテーマに、シンプルで普遍的なもの作りを目指す。書籍や広告のレシピ制作・器の開発・映画やドラマの料理監修などを手がける。2008年より東京都杉並区にて、器と料理の店「カモシカ」を月に一度オープン、様々な作家の器の展示、季節の保存食の販売をはじめ、食にまつわる企画を開催。著書に、『二菜弁当』(成美堂出版)、『マリネ』(主婦と生活社刊)、『つくっておく、とっておく』(NHK出版刊)、『豚ごはん』、小川糸との共著『食堂かたつむりの料理』(共にポプラ社刊)。映像では映画『食堂かたつむり』(2010東宝)、NHK朝の連続テレビ小説『てっぱん』(2010-2011)、NHK特集ドラマ『紅雲町珈琲屋こよみ』(2015)料理監修・制作。NHK朝の連続テレビ小説『半分、青い。』料理指導を担当。

《The Cuisine Press》Web料理通信インタヴュー

◎2015年より オカズデザインさんとのご縁を繋いでくださった蒜山耕藝さんにこの場をお借りして感謝申し上げます。

____________________________

☽夜の部  ※6/22追記 当日席も若干名ご用意できます  満員御礼

各国の音楽家とコラボレーションを試み、演奏を積み重ねてきたなかで、〈サーガ(長編の冒険物語)〉としてギターソロを探求。自身の心の奥底や精神面、アルゼンチンの雄大な自然や平和とのつながりを見出す。4度目の姫路公演は〈情景の旅〉へと誘う親密な演奏会になることでしょう。

演奏 | ギジェルモ・リソット
時間 | 17:30開場/18:00開演
料金 |  3,000円
HUMMOCK Cafe謹製アルゼンチン
の伝統菓子”アルファホール”付

※定員 約40名 
※お飲み物もご用意します


photo by Takeshi Yoshimura / TKC
Guillermo Rizzotto 
ギジェルモ・リソット
アルゼンチンの伝統音楽を心に宿し、新たな解釈で継承する若き“印象主義”ギタリスト。アルゼンチン・ロサリオ出身。12歳でギターを始め、19歳で地元のロサリオ音楽学校を卒業。2006年『ソロ・ギターラ』を発表。そのアルバムが日本で2012年春に国内盤としてリリースされ、南米音楽~フォルクローレのリスナーはもとより、クラシック・ギターのファンにまで幅広く支持され、異例のロングセラーを記録し一躍注目の存在となった。初来日の際、インティメイトで繊細な演奏で全国のファンを魅了し、ツアーは大成功をおさめた。

◎2013年 初来日時のインタビュー

____________________________


◎ご予約・問合せ先◎  5/9 朝9時よりご予約受付

TEL  079-254-1400(店休日を除く9:00~19:00)

※メール件名を「時が育む料理と音楽」とし、昼or夜の部
もしくは両方、お名前、人数、電話番号をお伝えください
※HUMMOCK Cafe 店頭でも受付いたします

Friday, May 3, 2019

Information 2019.5.3 fri

5月に入り新年号〈令和〉になりましたね。カフェでは、的形の港より心地よい風と穏やかな空間、時間が流れています。お越しいただくお客さま、ありがとうございます。



〈おしらせ〉

FRUIT LABELS TRAVELER/旅するフルーツシール・グッズ のPOPUP STORE 開催中です。


****************************
**********
海の向こうからやってくるフルーツシール。
彼らはいつも旅している。
**************************************

4/27(土)~5/12(日)までの期間 

HUMMOCK Cafe では、吉本宏さん(bar buenos aires / resonance music)と宮良当明さん(Argyle design)による「FRUIT LABELS TRAVELER/旅するフルーツシール」オリジナルグッズを入荷販売しています。

バナナやオレンジに貼られたあのポップなシールを集めた世界観。シールを貼りつけたくなるノートやポスター、ポストカード、ラッピング・ペーパー、フルーツシール・カレンダーなど。クリエイティブな個性に惹かれます。瑞々しいデザインを、どうぞご覧いただけたら嬉しいです。
https://argyledesign.co.jp/work/graphicdesign/fruit-labels-travelers-products.html



*    *    *    *    



〈HUMMOCK COFFEE ROASTER よりおしらせ〉


5/4(土)、5(日)の2日間
JR姫路駅 ピオレにて開催の〈コーヒー ピクニック〉イベント会場「マルシェブース・bocagrande ボカ グランデ さん」にて、ハンモックカフェ焙煎コーヒー豆「ハンモック ブレンド」と 濃縮リキッドコーヒー「オリジナル・カフェオレ・ベース」をお求めいただけます。

お声がけ頂いたコーヒーイベント出店になりますが、GW中ハンモックカフェを離れて他所様での営業はなかなか考えれずいましたら、焙煎豆とリキッドコーヒーのみを bocagrande 上林さん、スタッフさんの手からお届けして頂けることになりました。

JR姫路駅 ピオレ〈コーヒー ピクニック〉詳細はこちら
https://piole.jp/himeji/coffee-picnic2019/


GW後半の営業時間
どうぞお越しを待ちしています
──────────────
◎5/3(金)~5/5(日)9:00~21:00(20:00L.O/17:00~18:00一旦オーダーストップ) 朝と昼は通常通り ※夜は食事メニューにて営業となります

◎5/6(月祝)9:00~16:00(15:00 L.O) 朝と昼は通常通り※時間短縮にご注意ください
──────────────


※5月の営業カレンダーはもうしばらくお待ち願います。

HUMMOCK Cafe
兵庫県姫路市的形町的形1864
TEL 079-254-1400
最寄り駅 山陽電鉄 的形(まとがた)駅より徒歩約15分
駐車場7台

Tuesday, April 9, 2019

2019.5.19 sun Kazunori Sugama , Mayu Gonto Live

〈Report〉

おふたりの紡ぎだす音が
空間と観客が響き合う
かけがえのない時間でした。
ご来場下さった皆さま
菅間一徳さん、権頭真由さん
当日ピアノ調律のatelier pianopia 小川さん
ほんとうにありがとうございました。
またお迎えしたいと思っています。



〈姫路公演セットリスト〉
耕す
土と、白の色彩
ミシンのリズム
Reason and scenery
One day , at twilight
You are my waltz
あの雲へ ゆきたい
音楽の日
落ち葉 たった、ひとつの(アンコール)

『土と、白の色彩』『Waterside』より

〈Report photo by Nobuhiko Nakamura〉













**********************






水辺の音楽から、土と、白の色彩へ
前作『waterside』から2年。季節便りのように届いたギター奏者 菅間一徳さんと鍵盤奏者 権頭真由さんの新作『土と、白の色彩』は、季節がめぐり普遍的な自然美や家族への思いやりが伝わってくるようでした。初夏の心地よい気候とともに、おふたりをお迎えして演奏会を開催いたします。


出演 | 菅間一徳、権頭真由
日程 | 2019年5月19日(日)
時間 | 開場17:30/開演18:30(終演20:00頃)
料金 | 2,500円(先着順自由席)
会場 | HUMMOCK Cafe
飲食 | 開演前の約1時間のあいだに別途お飲み物や軽食もご用意しています

◎ご予約・問合せ◎(4/11木 9:00よりご予約受付開始)
MAIL ticket.info.hummock@gmail.com
TEL 079-254-1400
※公演名・お名前・人数・お電話番号をお伝えください
◆2017年に開催した演奏会の様子はこちら⇒


※追記
〈演奏会当日の料理のおしらせ〉
ギター奏者 菅間一徳さんの新作タイトル『土と、白の色彩』は、ご自身が仲間と共に体験した景色や質感が、権頭真由さんのピアノと小さく色彩豊かに紡がれているように感じ、そこからHUMMOCK Cafe公演では、わたし達の体験から『土と、白の色彩』に通じ合うと思われる料理、スイーツ、お飲み物をご用意させていただきます(別途料金にて/上の料理写真はイメージです)。
いつも前向きなエネルギーをいただく福永農園さんの露地栽培にて赤く実をつけた苺を大麦と。初夏のみずみずしい早生新玉ねぎや緑野菜、冬の土をまとった貯蔵里芋などと、合わせるのは人里から離れた高所の鶏舎にて澄んだ風と豊かな湧き水と安全な飼料で育った神山鶏を。おふたりのように、ただ純粋に無垢に『土と、白の色彩』という音楽に寄り添いたいと思います。ただいま試作中です。どうぞお楽しみにいただければうれしいです。

演奏会ご参加の皆さまへご提供は、17:30~18:30までの間に料理、スイーツ、お飲み物などご希望のものをご用意させていただきます。ご飲食は一斉スタートではありませんので、この間のご都合つくタイミングにご来場いただければと思います。
演奏開始は18:30の予定です。
お席はまだご用意できますので、どうぞメール、TEL(079-254-1400/休業日を除く 9:00~19:00)のご連絡お待ちしています。



        *          *         *







景色の向こうに誰もが
自分にしかない、大切なものを見る
たった一枚の落ち葉でさえも
音楽になる時がある

土と、白の色彩


菅間一徳 Kazunori Sugama(classical , 12 strings guitar)
幼少より母のミシン音とともに流れるsimon&grfunkelを聴き育つ。その美しさ、旋律が確かに描いた景色にすいこまれるように、10歳の頃ギターをはじめる。ソロを軸に「sui sai」他、さまざまな領域の表現との共演をおこないながら、
爪弾かれるその小さな音が、いつか母のミシンの向こうに見た景色のようであればと、願っている。

権頭真由 Mayu Gonto (piano, accordion)
アコーディオン、ピアノ、うた。東京生まれ。音楽を通して世界と対話し、あらゆる美しさに花を添える。「表現(Hyogen)」、「3日満月」、「momo椿:」などで作曲、演奏活動を行う他、インバル・ピント&アプシャロム・ポラックダンスカンパニー作品『WALL FLOWER』などの舞台音楽、映画音楽などの分野でも活動。子どもたちと作る音楽サーカス「音のてらこや」を主催。