Saturday, December 31, 2011

Seasons Greetings


2011年も残り数時間になりました。皆さまにはHUMMOCK Cafeをご愛顧頂き本当にありがとうございました。

今年は3月の震災以降店頭にて義援金募金にご協力下さった方々へのお礼、その思いから日々の生活を丁寧に前向きに過ごすことをより大切に思いました。

また心に響く美しい音楽作品との出会い、さらにはその素敵な音楽家の方々をお招きした演奏会を6回開催でき、皆さまと感動や多幸感を共に感じれたのは夢のようでした。こういう機会や人のご縁に感謝し、なにより大事にしたいと思います。

2012年も「自家焙煎珈琲・美しい音楽・野菜中心料理」のコンセプトをもとに落ち着いた空間で楽しく営業させて頂きたいと思っています。どうぞ皆さま良いお年をお迎えください。



ハンモックカフェ付近、的形水門の水銀灯に佇むアオサギ

Message from Germany

3日間のMUSIC DAYSにお越しいただいたお客さまありがとうございました!


来年2/6(月)にハンモックカフェでコンサートを行う
ヘニング・シュミートさんから、
メッセージと素敵な雪のドイツ写真が届きました!!

***************************

Dear Nakamura San,

my name is Henning Schmiedt,
I am the Pianist of Wolken, Klavierraum and Spazieren.

I heard that you are organising the concert
in your beautiful cafe in Himeji.
Thank you so much, also for having my music in your CD shop.
I am grateful for this!
I am so happy to meet you in february!

I wish a good start into New Year!
All the very best for you!

Henning Schmiedt

***************************

当店のブログをドイツからご覧いただいているようで、嬉しすぎます。
あたたかいお人柄が感じ取れる文章に素敵な一夜になる予感。
皆さん、どうぞご一緒にお迎えしましょう!

Tuesday, December 27, 2011

fruit labels calender 2012


フルーツシール・ファンの皆さまお待たせしました~
2012年版カレンダーが届きました!
今年のフルーツシールは なんと!!!
私たちが2011年春アルゼンチンへ旅行した時に
入手してきたフルーツシールが使われています。
帰国後、吉本宏さんに託したフルーツシール達がまさかこんな形で!
驚きと嬉しさでいっぱいです。

****************************

瑞々しくフレッシュ。 “Souvenir from Argentina”

風が吹き抜ける広大なパンパ大平原やアンデスの山々、
絶景のパタゴニアなど、豊かな自然に恵まれたアルゼンチンから、
カルロス・アギーレの音楽のように
瑞々しくフレッシュなフルーツシールが届きました。
スーヴェニア・フロム・アルゼンチン。


<world wide wonderland, fruit labels issue; cal 2012>

selection: hiroshi yoshimoto (bar buenos aires) & masaaki miyara (argyle street tea room, is not a cafe)
art work : masaaki miyara (argyle street tea room, is not a cafe)
special thanks : HUMMOCK Cafe, Martin Dotzauer ©2011 Argyle Street

紙質:コート紙 220kg / サイズ: ポストカードサイズ(100mm×148mm)
印刷:両面フルカラー、オフセット印刷 (表裏12ヶ月分7枚セット)

****************************

そして、ハンモックカフェ年末恒例になっている
木製ハンドメイド・スタンド作りもしております。


●カレンダー単品 920円(税込)(在庫×)

●カレンダー+木製スタンド 1.350円(税込)(在庫×)

※数量限定商品のため、メール・TELにて取り置き予約も承ります。
※ハンモックカフェ店内での販売優先で商品引き渡し致します。
※メールにて通信販売も承ります。
カレンダーのみの場合ヤマトメール便送料80円
スタンドセットはletterpackになり送料350円
(代金+送料を振り込み確認後、1週間以内に発送いたします)


毎年素敵なカレンダーを届けてくれる
音楽とデザインの先輩、吉本宏さんと宮良当明さん。
2人のお兄さんに感謝します。

Monday, December 26, 2011

Schedule

クリスマスにご来店いただいたお客さまありがとうございました!


<年末年始の案内>

12/26(月)12:00~16:00 夜営業休み

12/27(火)定休日

12/28(水)MUSIC DAYS (CDsale)12:00~17:00/18:00~22:00
          カフェ+フード有ります(コース無)

12/29(木)MUSIC DAYS (CDsale)12:00~17:00/18:00~22:00
          カフェ+フード有ります(コース無)

12/30(金)MUSIC DAYS (CDsale)12:00~17:00/18:00~22:00
          カフェ+フード有ります(コース無)


12/31(土)年末休み

*2012年*

1/1(日)12:00~21:00 カフェ+フード有ります(コース無)

1/2(月)12:00~21:00 カフェ+フード有ります(コース無)

1/3(火)定休日

1/4(水)通常営業12:00~17:00 / 18:00~22:00(コース有)

Friday, December 16, 2011

Christmas Menu Day & Night at 12/23.24.25

<ご予約状況>12月22日現在

23日昼  ◎
23日夜  ○

24日昼  ◎
24日夜  ×満席

25日昼  ◎
25日夜  △


ご予約方法はこちら

●昼 クリスマスコース 6品(ドリンク含む)予約優先制

●夜 クリスマススペシャルフルコース 9品(ドリンク含む)完全予約制

当日の都合により食材の一部が変更になる場合があるかもしれません。

Wednesday, December 14, 2011

Comfortable living


winter concert 2012 に、ご出演いただくアーティストさんの作品、

新・再入荷しました!!

左上から反時計まわりに.....

●吉田慶子 / DEPOIS DA BANDA PASSAR 〜canta NARA   2.800円(在庫×)
ブラジル音楽の財産を慈しみ、現在に伝える歌手、吉田慶子さん。凛としながら芯の通った歌声に心うたれる本作は、ボサノヴァ誕生にかかわり激動の時代を生き抜いた「ナラ・レオン」へのオマージュ作品。もし生きていれば2012年生誕70周年を迎える、かつてのナラのレパートリーを吉田さんが敬愛を込め歌います。アコースティックのスペシャリスト、ショーロクラブ笹子重治さんプロデュース&ギター、パーカッションには岡部洋一さん参加。

●吉田慶子 / samba canção  2.500円
歌とピアノのみの限りなく優しくシンプルで美しい13のストーリー。吉田慶子さんの歌声と黒木千波留さんが演奏するピアノ「ベーゼンドルファー」がそっと耳元でささやく...。ブラジルの作曲家へ手紙を書くように静かに思いを馳せたサンバ・カンソン集。ご本人様より入荷させていただいた装丁も上品な自主製作盤。

●ヘニング・シュミ-ト / Klavierraum  2.100円(在庫×)
太陽の光を浴びるような、ほどよいエレクトロニクスがちりばめられた、きらきら輝く静かなピアノソロ。妊娠中の妻が暑い夏を心地よく過ごせるように、との想いから作られた本作。1965年生まれ、旧東ドイツ出身のピアニスト、作曲家、編曲家Henning Schmiedtの2008年作

●ヘニング・シュミ-ト / Wolken  2.100円(在庫×)
心地よい清涼感。さわやかに心潤うピアノソロ。前作『Klavierraum』より開放的で温かさ溢れる作品。Henningのアトリエから見えるという空や鳥、船や河の流れ。一つ一つのものがそれぞれの時間の中で流れていく世界の中で、ピアノの音もまた、それぞれの時間を色付けています。Henning Schmiedtの2009年作

●ヘニング・シュミ-ト / Spazieren  2.100円(在庫○)再入荷!
雨上がり緑薫る。「散歩」と名付けられたアルバムタイトル。清爽な空気の中、遠い記憶をたどり故郷を歩く。それは幼い頃に見た風景、すこやかな森、柔らかな陽の光、きらめく雨粒。心いつも穏やかに。静かなピアノがそっと語りかけてくれる。Henning Schmiedtソロ3作目2011年の新作。


年末のMUSIC DAYSの時もご用意していますのでこの機会にも是非!

winter concert 2012 at HUMMOCK Cafe


月日の流れは一日...一ヶ月...いつの間にか一年と早く、私たちの日々の暮らしの中では無数の音楽が耳に入り、無意識に過ごしているのかもしれません。この、地方の小さなカフェへ音楽家が飛行機や新幹線を乗り継いで、数十名のために音を奏でるコンサート。目前で聴く音楽と共有する空間は一つの大きな体験、想い出、財産になる気がします。心で音楽を聴くことが何かのきっかけになるような、そんな2日間になりますように... 。

淡く弾けるような吉田慶子さんの繊細な歌声に静かに息をあわせ共鳴する笹子重治さんのクラシックギター。また、幸福感に包まれる愛情と思いやりを甘美なタッチで描くヘニング・シュミートさんのアコースティックピアノ。日本とブラジルとドイツ、遠く離れた国の音楽が、冬の透き通った空気と とけあい、海辺のカフェで繋がる。心穏やかに 春を待ち望んで、あたたかいコーヒーやワイン、当日限定の料理やデザートと共に店内を暖かくしてみなさまのお越しを心よりお待ちしています。

ご予約・問合せはお気軽にご連絡くださいませ。


こちらの特設ページでは試聴もできます。




吉田慶子&笹子重治DUO LIVE 2012
<静岡ー名古屋ー大阪ー姫路ー東京>

●日時 : 2012年 2月5日(日)

●開場 : 14:30 → 開演 15:00

●料金 : 前売 3.000円 / 当日 3.500円(共に1ドリンク付)

●出演 : 吉田慶子(vocal / guitar)
       笹子重治(guitar)

●会場 : ハンモックカフェ店内



●吉田慶子  k e i c o y o s h i d a **

東京生まれ。幼少の頃からクラシック・ピアノを始め、ブラジル音楽、特にボサノヴァに魅せられてからはピアノをギターに持ちかえ活動を開始。 2000年には 単独でブラジルに渡り、半年程滞在していた間に、現地でレコーディングをし、2001年 ファースト・アルバム『愛しいひと ~bem querer』を発表。その後、自身が パーソナリティを務めていたラジオ番組「一枚の写真から」の同名タイトルで3枚のアルバムを発表。 その他、『COMO A PLANTA ~ひそやかなボサノヴァ』(2007)『サンバ・カンソン』(2007)『DEPOIS DA BANDA PASSAR パレードのあとで ~canta NARA』(2009)を発表。暮らしの小さなあれこれをゆっくりと楽しみながら、音楽活動を続けている。

●笹子重治   SHIGEHARU SASAGO  /  CHORO CLUB  /  ko-ko-ya

ブラジリアン・スタイルのギタリストとして、パウリーニョ・ダ・ヴィオーラや ナラ・レオン等多くの来日ブラジル人アーティストとセッションを重ねた後、86~87年にかけてブラジルで活動。ショーロクラブ、コーコーヤという二つのインストユニットのリーダーとしての活動のかたわら、EPO、古謝美佐子、畠山美由紀、松田美緒、Ann Sally、小松亮太 等のサポート、プロデュース、レコーディング、アレンジ等多方面で活躍中。2010年、初のソロアルバム 『onaka-ippai』発表。また2011年1月、第二のユニット 「コーコーヤ」の セカンド アルバム『Frevo!』発表。最新作ショーロクラブ23枚目のアルバムとなる『武満徹 ソングブック/ Choro Club with vocalistas』を発売。



Henning Schmiedt Japan Tour 2012
<京都ー奈良ー富山ー姫路ー岡山ー福岡ー東京ー鎌倉ー仙台ー盛岡ー弘前>

●日時 : 2012年 2月6日(月)

●開場 : 19:00 → 開演 20:00

●料金 : 前売 3.000円 / 当日 3.500円(共に1ドリンク付)

●出演 : ヘニング・シュミート from Germany (piano)

●会場 : ハンモックカフェ店内

●ピアノ:1989年 YAMAHA MC108C


●ヘニング・シュミート   Henning Schmiedt   /   flau

1965年 生まれ。旧東ドイツ出身のピアニスト、作曲家、編曲家。早くからジャズ、クラシック、ワールドミュージックなどジャンルの壁を超えた活動を先駆的に展開。80年代中盤から90年代にかけてジャズ・アンサンブルで活躍後、ギリシャ20世紀最大の作曲家と言われるMikis Theodorakis(ミキス・テオドラキス)から絶大な信頼を受け、長年にわたり音楽監督編曲を 務める。また、世界的歌手であるJocelyn B.SmithやMaria Farantouriらの編曲、ディレクターとしても数々のアルバムやコンサートを手がけ、同アーティストの編曲でドイツJazz Award(Jocelyn B. Smiths - Blue Lights and Nylons)、German Music Critics Award(Maria Farantouris - Way home)を受賞、女優Katrin Sass(『グッパイ・レーニン』他)やボイス・パフォーマー Lauren Newtonと 共演した 古典音楽のアレンジなど、そのプロデュース活動は多岐に渡っている。ソロとしても Kurt Weilなど幾多の映画音楽やベルリン・シアターで上演されたカフカ『変身』の舞台音楽、2008年にはベルリン放送局でドイツ終戦60周年を記念して放送された現代音楽『レクイエム』などを発表し、高い評価を得た。ソロ・ピアノ作品としてflauよりリリースされた『Klavierraum』、『Wolken』はいずれもロングセラーを記録中、今年11月に最新作となる『Spazieren』を発表、今回が2度目の来日となる。主な共演者にミルバ、チャールズ・ロイド、アル・ディ・メオラ、ザキール・フセインなど。

予約方法
 ↓
●お電話・メール・店頭にて受付
 ↓
●お客様のお名前・人数・連絡先電話番号をお伝えくださいませ。
 ↓
●メール予約の方は送信後2日以内に返信いたします。
 ↓
予約完了

※予約時に先払いは不要です。
 当日受付にて前売金額をお支払い下さいませ。

<予約・問合せ>
HUMMOCK Cafe 兵庫県姫路市的形町的形磯1864
電話 079-254-1400(12:00~22:00)定休日を除く
メール hummockcafe0525@yahoo.co.jp


2/5 企画・協力 織音工房
2/6 企画・招聘 flau

Monday, December 5, 2011

Root vegetables @ calfarm-kobe


元気な有機根菜がcalfarm-kobeさんで育っています。
無農薬・有機肥料のためか根の張り具合がすごい!
私たちは次の予定があったため場違いの服装で行ってしまい(反省...)
収穫のお手伝いはできませんでしたが、
スタッフの方が収穫しているのを撮影させていただきました。

ハンモックカフェの厨房では、
その野菜を生でサラダや蒸して料理に加えていますので、
素材の味を感じていただければと思っています。

Monday, November 28, 2011

Tomi Lebrero Live Report②


三田村亮さんのブログにてトミ・レブレロ・ライヴ写真がアップされています。
是非ともご覧くださいませ!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

●京都Cafe Bibliotic Hello! → 姫路HUMMOCK Cafe → 名古屋Cafe Dufi

●原宿 Vacant

●神楽坂 毘沙門天善國寺書院

トミはジャパンツアーを終えてから東京や鎌倉、東北にて
精力的に様々なアーティストとのセッションを重ね、
新たな道を開拓し、忙しい日々を過ごされています。
そして、11月30日ついに成田空港からアルゼンチンへ帰国の途につかれます。
私たちの心に残る演奏、そして人柄がにじみ出たあの笑顔。
またきっと日本に来てくれると思います。
ありがとうトミ!

Saturday, November 26, 2011

Doce Uvas de Mendoza


●アナリア・ガルセッティ / Doce Uvas  2.100円 (在庫×)

冬支度に入るこの季節には、洗練されすぎずアルゼンチンらしい厚みのあるヴォーカルとリズムが、部屋の温度をじんわりとあたためてくれる。アルゼンチンワインの生産地メンドーサ出身の作詞/作曲家アナリア・ガルセッティ。アンデス山脈近くの冷涼地に、たわわに実った12粒のブドウに例えられた楽曲たちはミディアムボディのワインをのむような ふくよかな歌声をのせて悠々と丘陵をこえてゆく。
カルロス・アギーレがピアノ参加し、フォルクローレ偉大な作曲家クチ・レギサモンへ捧げた#10『Al Cuchi en tonada』は、先人への敬愛の心を感じる美しい曲。#5『Zamba de almas perdidas』には、数々のアーティストにカヴァーされるメロディーメイカー、ホルヘ・ファンデルモーレがゲストヴォーカル参加。ヴィンテージ・ワインのように気構えて味わう(聴く)のではなく、ヌーボー・ワインのように気軽に味わってほしいアルバムです。

下記HPにて#1『Amor Cuyano』が聴けます。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
http://www.analiagarcetti.com.ar

Friday, November 25, 2011

República de Nicaragua Coffee ”Maracaturra”


おいしい中米産コーヒー入荷しました!
冬のオススメコーヒーとしてご用意しています。

ニカラグア エル ジャノ農園 マラカツーラ種  1杯400円 / 豆100g450円

<ニカラグア共和国マドリス県サン・ホアン・デル・リオ・ココ村産>

北西にホンジュラス、南にコスタリカの国境を接し、
東はカリブ海に面したニカラグア共和国。
赤い果実の甘みと明るさ、さわやかなジャムを含んだような甘酸っぱい味。
朝の始まりや、リフレッシュしたいひとときに。
苦みのない甘み重視の中煎りに焙煎した大粒のマラカツーラ種。

(マラカツーラ種はマラゴジッペ種とカツーラ種の交配種です)


左がニカラグア・マラカツーラ種、右がブラジル・ムンドノーボ種
豆のスクリーン(大きさ)の違いがわかります。

Sunday, November 20, 2011

bar buenos aires



2011年11月9日、渋谷サラヴァ東京で行われた
『bar buenos aires dedicated to Carlos Aguirre』
CDリリース記念パーティーへ行ってきました!

2010年1月より渋谷を拠点に開催されているカルロス・アギーレが描く音像風景と共鳴する世界の美しい音楽を聴く選曲会「bar buenos aires」。静かなる音楽ムーヴメントの中心的存在であり、カテゴライズされなかったような曲同士までもが自然と同居し同じ空間で共に響き、数々の“バー・ブエノスアイレス的“な曲が生まれました。さらには有志が集まりカルロス・アギーレさんを日本に招聘するまでに至り、全国5公演で姫路ハンモックカフェ公演の奇跡の実現は、感慨深く大きな感動でした。

そして、「bar buenos aires」から
待ちに待ったコンピレイションCDが発売しました!

●『bar buenos aires dedicated to Carlos Aguirre』 2.400円(在庫△)

 選曲:吉本宏・山本勇樹・河野洋志

カルロス・アギーレへ捧げた日本からの返答。
それはあまりにも美しい音楽の奇跡。
瑞々しく心潤うアルゼンチン音楽で構成された
才能溢れるアーティストたちによる珠玉のコンピレイション。
アギーレさんが「日本の人たちのために」と書いた新曲、入手困難曲から新録まで。

物語や独占インタヴュー、ディスクガイドを掲載した24項ブックレット、
トレーシングペーパーが挟まれた特殊ジャケットなども特筆です。

そして!
ハンモックカフェのみの初回限定特典(終了しました)
「bar buenos aires」の会場で販売されている。
『bar buenos airesバッヂ』を購入特典としてご用意しています!
(バッチのみの販売もあります)

大変暑苦しい文章になってしまいましたが最後まで読んでいただいた皆さんありがとうございます。愛情のこもった素晴らしいCDです。もし少しでも興味がありましたら、聴いたり読んだりお手元においていただけると嬉しく思います。

最後に、上の写真はCDが届いてから撮影しようと決めていた的形のある湖畔で夕方に撮りました。


選曲クルー
左から、吉本宏さん、河野洋志さん、山本勇樹さん、の3人。

Friday, November 18, 2011

Carbonada



朝晩冷えてきました。
温かいアルゼンチンの煮込み料理のご紹介です。
2011年4月からメニューとしてあるCarbonada(カルボナーダ)!
アンデス地方原産の野菜と牛肉、ドライピーチやレーズンを加え、
カボチャやコーンの甘味も出たシチューです。

ハンモックカフェでのライヴを終えたトミ・レブレロさんが
わたしがレシピ参考にしているアルゼンチン郷土料理の本を観ながら、
少し教えてくださいました!
家庭料理や家族を愛するトミに日頃抱いてた質問を
答えてもらって嬉しかったです。

Chrysanthemum japonense


ハンモックカフェの周りでは、
兵庫県県花「のじぎく」が見頃を迎えています。
瀬戸内海沿岸に多く、的形町・大塩町に古くから自生し、
毎年咲く可憐な花に心安らぎます。
個人的に絵に描いたようなこの花びらの形と
白・黄・緑の色彩のバランスの花が1番好きです。

Wednesday, November 16, 2011

Tomi Lebrero Live Report①


拍手大喝采の中、トミの興奮と会場の熱気が伝わる映像。
ハンモックカフェ・ライヴでのダブルアンコールに応えてくれた「La murga triste」をどうぞ!
<ビデオ撮影:三田村亮>


同時開催していた河野洋志さんによるトミ・レブレロ・プライヴェイト写真に皆さんとの距離が縮まったようです。(画像右側は中村(ハンモックカフェ)が撮影)


トミの音楽に対する熱き想いに心動かされ演奏後のサイン会には長い列ができていました。

Monday, November 14, 2011

Gracias Tomi !!

11/12sat トミ・レブレロ・ライヴご来場いただいた皆さまありがとうございました!

招聘元 大洋レコード伊藤さん、ツアーサポート河野洋志さん、写真家 三田村亮さん....
たくさんの方のご尽力のおかげで皆さんの笑顔と共に終えることができました。
トミの演奏や歌声も素敵でとても楽しいライヴでした。
当日は写真家の三田村亮さんにライヴ撮影していただきましたので
写真が届き次第、あらためてライヴ・レポートします。
ひとまず、お越しいただいた たくさんのお客さまにお礼まで。


リハーサル中のトミ。

バンドネオンにカオスパッドをつけたりギター、ベルなどいろんな楽器を使っていたトミ。

翌朝、的形小赤壁公園、瀬戸内海を背景に記念撮影。
その後、13(日)のツアー会場だった名古屋へ向かう皆さんを見送りお別れしました。

Monday, November 7, 2011

Tomi Lebrero Live いよいよ1週間をきりました。



トミ・レブレロ福岡公演、大阪公演を終え、京都そして...
いよいよ12日(土)姫路にやって来ます。

福岡へ行った河野さんよりコメントが届きました!
会場が感動に包まれた素晴らしいライヴになったようです。
まだもう少しお席がご用意できます。
迷っていられる方是非お越し下さいませ~!

トミ・レブレロ・ライヴ詳細情報はこちら

Saturday, November 5, 2011

11月9日(水)の営業について

コーヒー焙煎・音楽、担当者が出張のため。
11月9日(水)はコーヒーメニューや料理を種類限定として営業させていただきます。
焙煎豆の販売、CDの販売はございません。ご了承くださいませ。
何卒よろしくお願い致します。
詳細問い合わせはお電話にて0792541400
中村信彦

Tuesday, November 1, 2011

2011.11.12 Tomi Lebrero Live foods



2011.11.12 トミ・レブレロ・ライヴ限定料理の案内です。

Ensalada de carne y frijol<牛肉と豆のサラダ>
自家製ローストビーフと茹でた落花生や豆、マッシュポテト、ベビーリーフ。
Empanada<エンパナーダ>
国民食でもあるミートパイ
茹で卵やグリーンオリーヴ入りで生地から手作りしています。
(ワンプレート 500円)

Puchero con pan<プチェロ パン付き>
牛肉(本来は骨付き)とごろっと野菜を塩とハーブで煮込む温かい家庭料理。あっさりとクセのないスープはパンにつけて美味しく召し上がっていただけます(当日はスプーンで食べやすいようにレシピをアレンジしています)。
(ワンプレート 500円)

どちらの料理も食べながら、アルゼンチンの食堂に居るかのような和気あいあいとした温かく幸せな気分になれそうなプレートです!

トミのツアーは今週11/4(金)福岡会場からついに始まります。姫路ハンモックカフェは12(土)です!ツアーサポートをされるトミの親友の河野洋志さんも来場してくださいます。アルゼンチンをはじめ南米を旅してカルロス・アギーレや、その演奏グループメンバーと過ごされたり、日本とアルゼンチン音楽を繋ぐ信頼された日本人の一人です。そんな河野さんが旅で撮影してきた写真の数々を「ブエノスアイレス写真展vol.2」として、わたしたちが撮った写真と共にライヴ当日開催致します。ブエノスアイレスでのトミのライヴ風景や自宅、家族とのプライベート姿まで!またさまざまなアーティストのリラックスした表情など…、魅力的な写真を展示。トミとも是非話してみて下さいね。

dacapo webmagazine にて大洋レコード伊藤亮介さんによるブエノスアイレス・トミ・レブレロ・ライヴ事情や今回のジャパンツアーのことをとても分かりやすくリアルに綴られています。ライヴにご予約いただいたお客さまやご興味ある方は是非観てみて下さいね!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
ブエノスアイレス音楽の街で体感、シンガー・ソングライターたちの輪


<トミ・レブレロ・ライヴ予約状況>
11月1日現在、定員の半数を超えました。
まだ少しお席がご用意できますのでご予約お待ちしております。


<ライヴ当日の営業について>
12時~15時 通常営業
14時オーダーストップ

15時~19時 会場準備、リハーサルのため入店できません。

19時開場(ご飲食時間)
20時開演

Monday, October 31, 2011

Deliver to your home



2011年11月1日~2012年3月31日までの冬季期間限定発送

おまたせしました!
お取り寄せご希望のお客様に
ハンモックカフェ定番おすすめブレンドと
飲み比べて楽しめる産地別セットの2種類ご用意しました。

********************************

A. ハンモックブレンド中深煎り200g 1.000円(税込)

ブラジル豆をベースにしっかり感のコロンビア、華やかなマンデリンをブレンドした、香り、甘み、酸味のバランスのとれた自然と美味しいと言ってもらえるような毎日飲むコーヒーをコンセプトにブレンド。

********************************

B. ストレートコーヒー・セット 計300g 1.500円(税込)

●ブラジル・セラード・ムンドノーボ中煎り100g
ミナスジェライス州 セラード地域のスペシャルティコーヒー。手摘み完熟豆のみを使用。チョコレートのように甘いアフターテイスト。強すぎないデリケートな酸が特徴。

●エチオピア・モカ・イルガチェフェ中煎り100g
シダモ州 イルガチェフェ地域産・モカ種。レモンのようなフレッシュな酸と豊かな花の香りが入り混じった深い味わい。上品な味を楽しんでいただけます。

●グァテマラ・サンタバーバラ・ブルボン深煎り100g
アンティグア 地域産 スペシャルティコーヒー。濃厚で力強いカカオのような香り。香ばしさ、コク、はっきりとした輪郭を感じる。

********************************

ご注文いただいたその日に焙煎した新鮮なコーヒー豆(豆のまま)を発送いたします。
焙煎後3日以降が飲みごろなので良い状態でお届けできます。
AかBのお好みの方、またはまとめて両方なんて、いかがでしょうか...
送料は合計500gまで全国一律350円です。

ご注文方法(メールにて)

●件名「コーヒーお取り寄せ希望」
●ご希望の豆 A、B の個数
●ご希望お届け先の郵便番号・住所・電話番号・お名前
●ご注文者さまとお届け先が異なる場合は、
  ご注文者さまの郵便番号・住所・電話番号・お名前をお伝え下さいませ。

振込先(口座ゆうちょ)と合計金額(商品代+送料)を折り返し返信します。

振込確認後発送いたします。


お気軽にメール下さいませ。
ご注文お待ちしております。

hummockcafe0525@yahoo.co.jp

焙煎 HUMMOCK Cafe 中村信彦

Saturday, October 29, 2011

Sales of coffee


店頭にて自家焙煎コーヒー豆の量り売りもしています。
ご家庭で美味しいコーヒーをどうぞ。
ご飲食いただいたお客さまには割引サーヴィスもしています。
抽出方法や豆の挽き方など分からないことがありましたらご相談下さい。

お客さまからのご要望もあり
2011年11月1日~2012年3月31日までの冬季期間限定
コーヒー豆セット(200g1000円/300g1500円)の発送承ります。
セット内容の詳細は後日写真付きで案内します!
もうしばらくお待ち下さいませ。

Monday, October 24, 2011

SHAGRADA MEDRA feria !!


カルロス・アギーレさんの来日から約1年。
この出会いは記念日のように大事に記憶にとどめておきたいような
ハンモックカフェにとって大きな意味のある出会いでした(2010.10.9)

1年を記念してカルロス・アギーレさんが主宰するレーベル『シャグラダ・メドラ』の作品を集めました。アルゼンチンの首都ブエノスアイレスから北西400キロに位置するエントレリオス州の州都パラナの川からほど近い自然溢れる場所に位置し、素晴らしきアルゼンチンの仲間たちと共に美しき音楽が創りだされる『シャグラダ・メドラ』レーベル。ジャケットには1枚1枚異なる水彩画が封入されていたり、家のように組み立てたり、詩集になったものや、布が縫い込まれていたりして、CDという形よりも1つのアートといえるような作品になっているものもあります。

いつも音楽の紹介が多いのですが、これほどまでに惹かれるのには理由があります。
ハンモックカフェでは契約農家さんから収穫された季節の野菜を使いメニューを考案していますが、そこにジャンルは無く、体が求める「おいしさ」であったり、心が求める「やさしさ」、そして自家焙煎のコーヒーやスィーツまで全体的なハーモーニーやバランスがうまく調和していることを目指しています。カルロス・アギーレさんが創り出す音楽は雄大な自然からインスピレイションを受けて生まれ、季節や風土に深い関心を持ち美しく融合する。その『シャグラダ・メドラ』作品とわたしたちが目指すハンモックカフェが調和し、お客さまのお手元に届けられる、そのことを今回あらためて願っています。

(在庫△お問い合わせ下さい)

期間:2011年10月26日(水)~11月14日(月)

 期間中CDご購入のお客さま(全商品対象)

●1タイトル購入
↓↓↓↓↓↓
スタンプカードのスタンプ2倍押し

●2タイトル以上購入
↓↓↓↓↓↓
スタンプ2倍押し+アルゼンチン・ブラジルにちなんだアイテムをプレゼント!


(定休日と、11/9は担当者不在、11/12トミ・レブレロ・ライヴの日を除く)

また、取り置き等もご相談に応じます。

お客さまにとって1枚のCDや1杯のコーヒーが想い出となればこれほど嬉しいことはありません。ご来店お持ちしています!

Sunday, October 23, 2011

Walk in the Woods


ヘニング・シュミートのピアノソロ3作目の新作入荷しました。

●Spazieren / Henning Schmiedt  2.100円 (在庫○)再々入荷!

雨上がり緑薫る。
「散歩」と名付けられたアルバムタイトル。
清爽な空気の中、遠い記憶をたどり故郷を歩く
それは幼い頃に見た風景、
すこやかな森、柔らかな陽の光、きらめく雨粒。
心いつも穏やかに。
静かなピアノがそっと語りかけてくれる。

Thursday, October 20, 2011

FRESH COFFEE BEANS


いつもいろんな産地のコーヒー豆を(1kg~10kg)仕入れています。
一般的に焙煎前の生豆の状態では長持ちすると言われていますが、
それでも1年も経ってしまえば香りも弱くなってきます。
生豆は気温の変化や湿気に弱いため大切なのは保管場所です。
ハンモックカフェでは新鮮なうちに使い切るよう
少量入荷または低温管理倉庫から送っていただいています。

その後はこちら
↓↓↓↓↓↓
焙煎①『ハンドピック』

焙煎②『生豆を焙煎機へ投入する』

焙煎③『焙煎したては美味しい?』


先日10/1~2の『利きコーヒー』では、
たくさんのお客さまに挑戦していただきありがとうございました!
3種類のコーヒーを産地名前を伏せてあてていただきましたが、
「あたりましたー」「味は明らかに違うけど...」など..
皆さん楽しんでいただけたようで嬉しい限りです。
またいつか開催したいと思っています。

Saturday, October 15, 2011

Tomi Lebrero CD入荷 & ライヴ予約状況



トミ・レブレロ2009年の日本企画盤 入荷しました!

NUEVA KANZE ON(新観世音)/ Tomi Lebrero 2.500円(在庫△)再入荷!

ユーモアとインテリジェンスが垣間見えるブエノスアイレスでの
ショーを観ているかのような感覚。
切ない歌声をのせた先の読めない展開が冒険心をくすぐられる。
アルゼンチンのリズム「タンゴ」「チャカレーラ」「フォルクローレ」や、
川向かいの国ウルグアイのリズム「カンドンベ」も演奏するトミは、
ラプラタ川流域音楽とも言われ、郷土愛も感じる独自の世界観が広がります。
このアルバムは日本盤なので、歌詞対訳付になっているのも嬉しいところ、
トミの言葉の可能性にかける想いがダイレクトに伝わってきます。
あと、たぶんアルバムジャケットで食べているのは
アルゼンチンの煮込み料理プチェーロかロクロですね...

**************************

そして、トミに会える日まで、あと1ヶ月を切りました!

<トミ・レブレロ・ライヴ予約状況>
※このライヴは2011年11月12日に終了しました。
ご予約いただいた皆様ありがとうございます!
現在3分の1ほどお席が埋まりましたが、
まだまだ大丈夫です。
トミも来日を楽しみにしているようです。
きっと楽しい1日になるはずです。
地球の裏側からこられるトミを皆様とご一緒にあたかかくお迎えしましょう!
引き続きご予約お待ちしております!

大洋レコードさんのフリーペーパー「ENTREVISTA(エントレヴィスタ)」vol.2は
トミ・レブレロ・インタビューです!
ハンモックカフェのCDスペースに設置しています。
今回のジャパンツアーへの意気込みと、
バンドネオン奏者、作曲者としての想いなど綴られています。

Friday, October 14, 2011

モンブラン Mont Blanc


モンブランと言えば栗ですが、この秋は10/31のハロウィンにあわせてカボチャをつかった素朴な味のモンブランを作りました。スイーツにも使用されるロロンという品種のカボチャ(岡山産)をつかい、しっとりと焼きあげた生地の中にもカボチャをたっぷりと加え、白インゲン豆の甘いペーストをオーダーごとにグルグルと一つ一つ盛りつけいたします。合わせるコーヒーはややしっかり系のタンザニアAAの中深煎りがオススメです。

<季節のケーキ>
●カボチャ・ロロンと白インゲン豆のモンブラン  400円

 10月15日~11月上旬まで

Thursday, October 13, 2011

NEW ARRIVAL


流星のようにきらめく音の粒。
夜空に広がる美しいピアノの旋律が懐かしき想い出を呼び起こし
心の琴線にふれるメロディに胸をしめつけられる。

初めて聴いたとき一瞬で耳を奪われた。
ラテンアメリカのじんわりと込み上げる儚いメロディと、
ニューヨーク・マンハッタンの夜景が浮かぶような繊細さが
程良くブレンドされたような演奏。
また素敵な音楽に出会いました。
心から大推薦します。

●Alabastro / AGE GARCIA trio  2.500円 (在庫×)

1967年生まれブラジル出身フロリダ在住ピアニスト、
エイジ・ガルシア・トリオ 2002年作品。
全編オリジナル・インストゥルメンタル曲。
ニューヨークやフロリダなどのスタンウェイ&サンズのギャラリーツアーを行い、
在籍しているgolden dome records のオーナー、トム・ハーニーと共に
音楽制作やアーティストのレコーディングなどもつとめている。
また、母国ブラジルでは作曲家、音楽プロデューサーとして
映画館や劇場のための音楽プロジェクトも進めているようです。

Saturday, October 8, 2011

Feel the autumn night


10月中旬になると的形では祭りが始まります。
毎晩いろんな場所から太鼓を練習する音が聴こえ、
秋の音を届けてくれます。


連休中もハンモックカフェは通常営業しています。
営業カレンダーはこちら。

●day time  12:00~17:00 (オーダーストップ16:30)

●night time 18:00~22:00 (オーダーストップ21:30)

毎日17:00→18:00の1時間は、
パンの焼成とコーヒーの焙煎をしているため準備中になります。

Thursday, October 6, 2011

2011.11.12.sat Tomi Lebrero Live @HUMMOCKCafe






アルゼンチン・ブエノスアイレスより
パレルモ地区で人気のシンガーソングライター
トミ・レブレロ再来日!
初めて姫路にやって来ます。

<Tomi Lebrero JAPAN TOUR 2011>
福岡ー大阪ー京都ー姫路ー名古屋ー東京

日時 : 2011年11月12日(土)

時間 : 開場:19:00 / 開演:20:00

出演 : トミ・レブレロ from BuenosAires Argentina

料金 : 前売予約2500円 / 当日3000円(共に1ドリンク付)

料理 : アルゼンチン料理を500円にてご用意

会場 : ハンモックカフェ店内

**********************************
バンドネオン(ボタン式のアコーディオンに似たアンティーク楽器)やギター、ピアノやハンドベルなど様々な楽器をライヴで使いこなすマルチ奏者。愛すべきキャラクターと中性的な歌声を持ち味に、楽しく、時に胸にグッとくるメロディーが素敵なシンガーソングライター。また、アルゼンチンでは2作品の映画音楽も担当している。
ハンモックカフェではアコースティックピアノを使った演奏もあり、プロジェクターで歌詞をイメージした映像を投影し、詩的な部分にもクローズアップする予定。
去年、初来日した時には、お寺や神社へよく行き、アルゼンチンではヨガも始めたようで、東洋文化に興味ある彼が、フォルクローレや、チャカレーラ、カンドンベなどの南米のリズムをどのように表現するのかとても楽しみです。
**********************************

下記公式プロフィールです。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
ハイティーンの頃にバンドネオンを学び始め、その後はタンゴ楽団の一員としてヨーロッパにも演奏旅行に出掛けたり、オルケスタ・ティピカ・フェルナンデス・フィエーロの創成期に参加したり。現在は文教地区パレルモを中心とした音楽シーンでシンガー・ソングライターとして活躍。人間らしさとポルテーニョ(ブエノスアイレスっ子)のエッセンスを知識ある若者の言葉で、叙情を感じさせる音楽に仕立ててアウトプット。'11年の最新作「Me Arre Piento de Todo」をプロデュースしたリサンドロ・アリスティムーニョら多くの同世代ミュージシャンたちのアルバムへも客演しています。日本盤でリリースした16曲入傑作選「新観世音 - ヌエバ・カンゼオン」(TAIYO 0009) に収録の”7日間”、"グアレグアイ”、そして映像作家ヴィンセント・ムーンのTHE TAKE AWAY SHOW #104にても撮影された"馬に乗って”など、シングアロングを巻き起こす名曲たちと、おもちゃの楽器まで用いた劇場形パフォーマンス。昨年に続いて2回目の来日ツアー、初めて訪れる場所で、お気に入りの場所で、何が起きるかは観てのお楽しみ。






<11月12日 同日開催>
前回好評だったブエノスアイレス写真展~街の風景2011~に続き、別テーマで第2弾を考えています。

ツアーフライヤーの写真からも伝わってくるように、ハンモックカフェで行ってきたライヴの中でも楽しい感じになると思います。ご予約お待ちしております!


予約方法
 ↓
●お電話・メール・店頭にて受付
 ↓
●お客様のお名前・人数・連絡先電話番号をお伝えくださいませ。
 ↓
●メール予約の方は送信後2日以内に返信いたします。
 ↓
予約完了

※予約時に先払いは不要です。
 当日受付にて前売金額をお支払い下さいませ。

<予約・問合せ>
HUMMOCK Cafe 兵庫県姫路市的形町的形磯1864
電話 079-254-1400(12:00~22:00)定休日を除く
メール hummockcafe0525@yahoo.co.jp




主催:(有)大洋レコード 
協力:(株)ラティーナ、bar buenos aires、modestlaunch
後援:アルゼンチン共和国大使館

Saturday, October 1, 2011

Autumn music recommendations

この季節になると聴きたくなる音楽ってありますよね。

僕たちは、ヘナート・モタ&パトリシア・ロバートご夫婦の
音楽が好きでとても恋しくなります。

2人の作品の中でも秋の夜におすすめしたいのがこの2タイトルです。


●Antigas Cantigas / Renato Motha & Patricia Lobato 2.625円 (在庫△)

お気に入りのあったかいコートを羽織った幸せの瞬間をとじ込めたような心ときめく幸福をもたらす音楽。神聖な空気感までも漂う何年も聴いていたい名盤です。夫婦でのデビューアルバムで、ブラジルのワルツや伝承歌に新しい息吹を吹き込んだ作品。(1999年)


●Rosas para João / Renato Motha & Patricia Lobato 2.625円 (在庫×)

じんわりと心の隙間をうめてくれるヘナートのあたたかい歌声と、クラシックの声楽をならっていたというパトリシア夫人の限りなく美しい透き通った歌声。チアゴのピアノとシルヴィーニョのベースも加わり、より知性と美学に溢れた素晴らしい作品。ブラジル・ミナス州出身の作家ジョアン・ギマランエス・ホーザに捧げられた詩的音楽。(2008年)

Monday, September 26, 2011

Beto Caletti Live Report 20110923

ベト・カレッティ・ライヴにお越しいただいた皆さまありがとうございました!
天候にも恵まれ素晴らしいライヴとなりました。

秋めいた風が時に涼やかに肌にふれ
澄みきった空が季節を感じさせてくれた。

一音一音丁寧にリズミカルにギターを奏でるベト・カレッティ。
足元でギターをレコーディングしながら多重演奏したり
ピアノを演奏したり、優しい人柄がにじみ出た艷のある歌声と
笑顔にも魅了され心の奥からあたたかくなりました。

「ハンモックカフェの2人はアルゼンチンが好きだから」と、
サプライズでアルゼンチンの哀愁漂うzamba(ブラジルのsambaとは異なる)
もピアノで演奏。姫路会場でしか演奏していないことを後で聞き
感謝の気持ちで胸がいっぱいになりました。

演奏前に開かれたギターワークショップには
熱烈なベト・カレッティ・ファンの方々ばかりで皆さん真剣な眼差しで
ベト・カレッティさんの話に耳を傾けられていました。
打楽器を使った分かりやすい説明から始まり、
足を使ってリズムを感じたり基本を再確認したとても楽しい教室でした。

印象的だったのは、リハーサル時の音の作り方。
初めての会場のこともありスピーカーの角度や高さから自分の声の響きや音量、
声の厚みなどベストの状態で客席に届くよう慎重に調整。
即興で録音した曲をかけて実際に何度も客席に座り
時間をかけて確認されていました。
お客様にベストな音を届けたいと思う姿に熱い情熱を感じました。

ベト・カレッティさん
招聘元インパートメント稲葉さん
心に深く響いた音楽の感動をありがとうございました!